DEVILMAN crybaby

  • スタッフ:
    原作:永井豪「デビルマン」、監督:湯浅政明、脚本:大河内一楼、音楽:牛尾憲輔、キャラクターデザイン:倉島亜由美、アニメーション制作:サイエンスSARU
  • キャスト:
    不動明:内山昂輝、飛鳥了:村瀬歩、牧村美樹:潘めぐみ、ミーコ:小清水亜美、シレーヌ:田中敦子、カイム:小山力也、長崎:津田健次郎、ワム:KEN THE 390、ガビ:木村昴、ククン:YOUNG DAIS、バボ:般若、ヒエ:AFRA
  • 放送日:
    動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」で2018年1月5日から配信
UPDATE

DEVILMAN crybabyあらすじ

 「デビルマン」は、悪魔の力を手に入れた不動明の戦いを描いた永井さんの代表作の一つ。1972年に「週刊少年マガジン」(講談社)で連載がスタートし、コミックスの累計発行部数は約5000万部を誇る。72、73年にテレビアニメが放送され、OVA(オリジナル・ビデオ・アニメ)として「デビルマン 誕生編」(87年)、「デビルマン 妖鳥死麗濡編」(90年)、「AMON デビルマン黙示録」(2000年)が発売された。04年には実写映画版が公開されたほか、15年に「サイボーグ009」とコラボした「サイボーグ009VSデビルマン」がイベント上映されたことも話題になった。

 「四畳半神話大系」「ピンポン THE ANIMATION」などの湯浅政明さんが監督を務める。同作は、これまでもアニメ化されてきているが、初めて原作のラストまで映像化され、飛鳥了と不動明の出会いから、デビルマン誕生、デビルマン対サタンのハルマゲドンまでが描かれる。動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」で、1月5日から配信。

スタッフ

原作:永井豪「デビルマン」、監督:湯浅政明、脚本:大河内一楼、音楽:牛尾憲輔、キャラクターデザイン:倉島亜由美、アニメーション制作:サイエンスSARU

DEVILMAN crybabyキャスト

不動明:内山昂輝、飛鳥了:村瀬歩、牧村美樹:潘めぐみ、ミーコ:小清水亜美、シレーヌ:田中敦子、カイム:小山力也、長崎:津田健次郎、ワム:KEN THE 390、ガビ:木村昴、ククン:YOUNG DAIS、バボ:般若、ヒエ:AFRA

DEVILMAN crybaby放送日

動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」で2018年1月5日から配信

内山昂輝、新作「デビルマン」不動明役は「気持ちよかった」 “振り切った”作品に「最高だぜ」 <「DEVILMAN crybaby」全世界配信記念トークイベント>

アニメ「DEVILMAN crybaby」の全世界配信記念トークイベントに登場した(左から)村瀬歩さん、内山昂輝さん、潘めぐみさん
アニメ「DEVILMAN crybaby」の全世界配信記念トークイベントに登場した(左から)村瀬歩さん、内山昂輝さん、潘めぐみさん

 声優の内山昂輝さんが1月19日、東京都内で行われた、永井豪さんのマンガ「デビルマン」の新作アニメ「DEVILMAN crybaby」の全世界配信記念トークイベントに登場した。ネット配信作品ということで、過激な描写なども多い本作で不動明の声優を務めた内山さんは「これだけ振り切った表現に参加できるのは、気持ちよかったですね。最高だぜって感じですよ」と思いを語った。

 イベントには、飛鳥了役の村瀬歩さん、牧村美樹役の潘めぐみさんも出席。内山さんが演じる明は、第1話でデビルマンに初めて変身した後、ひ弱で優しい青年から、見た目も中身もかなり変化する。内山さんは、変身前の明は「天真らんまんで可愛く、いつも笑顔で。声のトーンは高めで演じるよう指示を受けた」とコメント。第1話のアフレコ中の内山さんの様子を村瀬さんが「本当にしんどそうで……」と笑い交じりに明かすと、内山さんは「バラすなよ」と苦笑していた。

DEVILMAN crybaby
DEVILMAN crybaby
DEVILMAN crybaby
DEVILMAN crybaby

<アニメ紹介>「DEVILMAN crybaby」 鬼才・湯浅監督が初めて原作のラストまで描く 

アニメ「DEVILMAN crybaby」のビジュアル(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
アニメ「DEVILMAN crybaby」のビジュアル(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project

 永井豪さんのマンガ「デビルマン」の新作アニメ「DEVILMAN crybaby」が、動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」で1月5日、配信が始まった。鬼才とも呼ばれる湯浅政明さんが監督を務め、初めて原作のラストまで映像化される。

 「デビルマン」は、悪魔の力を手に入れた不動明の戦いを描いた永井さんの代表作の一つで、1972年に「週刊少年マガジン」(講談社)で連載がスタート。新作アニメは、親友・飛鳥了との出会いから、デビルマン誕生、デビルマン対サタンのハルマゲドンまでが描かれる。

 湯浅監督はテレビアニメ「四畳半神話大系」「ピンポン THE ANIMATION」やアヌシー国際アニメーション映画祭の長編部門でグランプリに輝いた劇場版アニメ「夜明け告げるルーのうた」などで知られる。新作アニメは、原作を現代風にアレンジしつつも、作品の核となる部分は引き継がれている。

 原作には衝撃的なシーンが多く、その中でも特に伝説になっているのが、ヒロイン・牧村美樹の死のシーンだ。ラストまで映像化されるということは、美樹の死の描写が気になるファンも多いだろう。暴力的だったり、セクシュアルなシーンがある一方で、デーモンがどこか可愛らしく見えるところは、湯浅監督らしさなのかもしれない。

 内山昂輝さんが明、村瀬歩さんが了を演じるほか、声優として潘めぐみさん、小清水亜美さん、田中敦子さん、小山力也さんらが出演する。「夜明け告げるルーのうた」などのサイエンスSARUが制作する。

(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
DEVILMAN crybaby
出典:YouTube

<DEVILMAN crybaby>初めてラストまで描く新作アニメ 鬼才・湯浅監督の映像表現に永井豪が太鼓判

マンガ「デビルマン」の原作者の永井豪さん(左)と新作アニメ「DEVILMAN crybaby」を手がけた湯浅政明監督
マンガ「デビルマン」の原作者の永井豪さん(左)と新作アニメ「DEVILMAN crybaby」を手がけた湯浅政明監督

 永井豪さんのマンガ「デビルマン」の新作アニメ「DEVILMAN crybaby」が、動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」で1月5日から配信される。テレビアニメ「四畳半神話大系」「ピンポン THE ANIMATION」や2017年、アヌシー国際アニメーション映画祭の長編部門でグランプリに輝いた劇場版アニメ「夜明け告げるルーのうた」などの湯浅政明さんが監督を務め、初めて原作のラストまで映像化される。現代風にアレンジしつつも、「本質的な部分はキチンと押さえていて、ちゃんと『デビルマン』になっている」と永井さんが太鼓判を押す新作アニメについて、湯浅監督と永井さんに聞いた。

 ◇誰かがやるくらいなら、自分でやりたかった

 「デビルマン」は、悪魔の力を手に入れた不動明の戦いを描いた永井さんの代表作の一つで、1972年に「週刊少年マガジン」(講談社)で連載がスタート。新作アニメは、親友・飛鳥了との出会いから、デビルマン誕生、デビルマン対サタンのハルマゲドンまでが描かれる。

 湯浅監督は、独特の映像表現から鬼才とも呼ばれている。原作のファンで「誰かがやるくらいなら、自分でやりたかった」という思いがあった。「大好きな作品。うまくできるのだろうか? 難しいとは思っていた。ただ、こうやればいいのじゃないのかな?というのを示せればと思い、挑ませていただいた」と話す。

 「デビルマン」はこれまで数々の映像作品が作られてきた。72、73年にテレビアニメが放送され、OVA(オリジナル・ビデオ・アニメ)として「デビルマン 誕生編」(87年)、「デビルマン 妖鳥死麗濡編」(90年)、「AMON デビルマン黙示録」(00年)が発売。04年には実写映画版も公開された。永井さんは「僕はマンガを描いた時点で出したいことは出した。料理するのは自由。過去にもいろいろな形で映像化されていますが、僕は素材を提供したらおしまいで、どう料理されてもこだわらないので、お任せしてきた」というスタンスを取ってきた。

 永井さんは、湯浅監督が手がけた「夜明け告げるルーのうた」「夜は短し歩けよ乙女」などを見て「この監督なら、かなりシュールに作ってくれる。『デビルマン』は現実には無い悪魔の世界に飛び込んでいく話なので、リアルに作り過ぎても嘘くさく見える。抽象的なイメージで描くことで、気付いてくれることもある」と感じたこともあり、これまでと同様に湯浅監督に作品を委ねた。

 ◇現代も起こりうる話に アレンジも

 託された湯浅監督は「好きだけど、理解はしていないところもあった」といい、原作を読み込んだ。永井さんが自身の作品の制作秘話を描いたマンガ「激マン!」も読み、「いろいろ探りながら、当時、(永井さんが)思っていたことを想像しながら作っていきました」という。

 監督が原作を読み込み、アニメを作る中で気付いたことがある。「了は『愛など無い』とは言っているけど、愛は存在をしていて、愛に気付くことになる。原作を昔、読んでいた当時はそんなに分かっていなかったことだった。(原作では)人間ってこんなに弱いんだ……ということが描かれている。了が明を失いたくなかったことを描ければいいなと考えた。こうすれば、当時の自分も分かるのかな?と考えながら作った」と話す。「DEVILMAN crybaby」は、明と了の関係性がフォーカスされることになった。

 原作は普遍性がある一方で、70年代に発表された作品ということもあり、若いファンが見ると、古く感じてしまうところもあるのは否めない。湯浅監督は「70年代の話ではなく、現代を舞台にして、現代も起こりうる話にしたかった」といい、原作では学生服姿の不良グループが、ラッパーになるなどアレンジした。

 ◇美樹の死は「引き返せなくなった」 衝撃の名シーンの秘話

 原作には衝撃的なシーンが多く、その中でも特に伝説になっているのが、ヒロイン・牧村美樹の死のシーンだ。永井さんは、美樹の死を描いた当時を「途中で引き返せなくなった。美樹を死なせないで、デビルマンが助けてしまうと普通のマンガになってしまい、このマンガを否定してしまうことになる。死なせたくないけど、死なせないといけない状況に追い込まれた」と振り返る。

 「DEVILMAN crybaby」でも美樹の死が衝撃的に描かれる。湯浅監督は「原作を読んで、僕も最も衝撃を受けた。(アニメも)ここを描けないと最後までいけない。自分で神回と言っていて、描けているんじゃないかな?と思っている。美樹ちゃんの声も気合が入っていて、何度も見るのはつらかった」と自信を見せる。

 暴力的だったセクシュアルなシーンが描かれている一方で、デーモンがどこか可愛らしく見えるところもあったり、湯浅監督らしさも表現されている。監督は「最初はスタイリッシュにやろうとも考えていたけど、デーモンをデザインした押山(清高)君が丸っぽく可愛く描き、少し間抜けな感じもあった。でも、肉感的な感じもする。直線的に描くとパキパキするんですよね。原作もおどろおどろしいけど、曲線的だったりする」と話す。

 完成作品を見た永井さんは「本質的な部分はキチンと押さえていて、ちゃんと『デビルマン』になっている。ネットも無く、今の時代を想像できない中で描いた。『デビルマン』が描きたかったものが、現代でも通用すると分からせてもらった」と太鼓判を押す、湯浅監督は「やってみないと分からないところもあったけど、終わってみれば、描けたのかな?と思っています。精いっぱいできた」と話す。「DEVILMAN crybaby」は原作同様に伝説になっていくのかもしれない。

(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project

新作アニメ「デビルマン」で潘めぐみが美樹に シレーヌは田中敦子 新ビジュアルも公開

マンガ「デビルマン」の新作アニメ「DEVILMAN crybaby」のビジュアル(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
マンガ「デビルマン」の新作アニメ「DEVILMAN crybaby」のビジュアル(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project

 永井豪さんのマンガ「デビルマン」の新作アニメ「DEVILMAN crybaby」に潘めぐみさん、小清水亜美さん、田中敦子さん、小山力也さんらが出演することが11月22日、明らかになった。潘さんはヒロインの牧村美樹、小清水さんはミーコ、田中さんはシレーヌ、小山さんはカイムを演じる。

 津田健次郎さんが長崎というキャラクターを演じるほか、不良グループのメンバーの声優として木村昴さんのほか、ヒップホップミュージシャンのKEN THE 390さん、YOUNG DAISさん、般若さん、AFRAさんが出演することも分かった。KEN THE 390さんは劇中のラップ監修も担当する。

 アニメのメインビジュアルも公開された。ビジュアルには、不敵な笑みを浮かべる不動明と、飛鳥了、翼を広げたデビルマンのほか、シレーヌやカイム、ジンメンと思われるキャラクターも描かれている。

 潘さんは「こうして、今、『デビルマン』という作品に携わらせていただけることを、とても光栄に思います。思いやること、愛することを、惜しみなく……。牧村美樹という一人の女性として、生命を、思いを、紡いでいけたらと思います。繊細かつダイナミックに描かれた世界で、もがきながらも駆け抜けていく彼らの生きざまをどうか見届けてください」とコメントを寄せている。

 「デビルマン」は、悪魔の力を手に入れた不動明の戦いを描いた永井さんの代表作の一つ。新作アニメは「四畳半神話大系」「ピンポン THE ANIMATION」などの湯浅政明さんが監督を務める。同作は、これまでもアニメ化されてきているが、初めて原作のラストまで映像化され、飛鳥了と不動明の出会いから、デビルマン誕生、デビルマン対サタンのハルマゲドンまでが描かれる。内山昂輝さんが明、村瀬歩さんが了をそれぞれ演じ、音楽ユニット「電気グル―ヴ」が主題歌「MAN HUMAN」を担当する。動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」で2018年1月5日から配信される。

 ◇キャスト(敬称略)

 不動明:内山昂輝▽飛鳥了:村瀬歩▽牧村美樹:潘めぐみ▽ミーコ:小清水亜美▽シレーヌ:田中敦子▽カイム:小山力也▽長崎:津田健次郎▽ワム:KEN THE 390▽ガビ:木村昴▽ククン:YOUNG DAIS▽バボ:般若▽ヒエ:AFRA

(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project

新作アニメ「デビルマン」の不動明役に内山昂輝  飛鳥了は村瀬歩

Netflixの会見に登場した「DEVILMAN crybaby」を手がける(左から)湯浅政明監督、声優の内山昂輝さん、村瀬歩さん
Netflixの会見に登場した「DEVILMAN crybaby」を手がける(左から)湯浅政明監督、声優の内山昂輝さん、村瀬歩さん

 永井豪さんのマンガ「デビルマン」の新作アニメ「DEVILMAN crybaby」に声優として内山昂輝さんと村瀬歩さんが出演することが8月2日、分かった。内山さんは不動明、村瀬さんが飛鳥了をそれぞれ演じる。8月2日、東京都内で行われた動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」の会見で発表された。

 新作アニメは「四畳半神話大系」「ピンポン THE ANIMATION」などの湯浅政明さんが監督を務める。同作は、これまでもアニメ化されてきているが、初めて原作のラストまで映像化され、飛鳥了と不動明の出会いから、デビルマン誕生、デビルマン対サタンのハルマゲドンまでが描かれる。Netflixで、2018年初春に配信される。

 「デビルマン」は、悪魔の力を手に入れた不動明の戦いを描いた永井さんの代表作の一つ。1972年に「週刊少年マガジン」(講談社)で連載がスタートし、コミックスの累計発行部数は約5000万部を誇る。72〜73年にテレビアニメが放送され、OVA(オリジナル・ビデオ・アニメ)として「デビルマン 誕生編」(87年)、「デビルマン 妖鳥死麗濡編」(90年)、「AMON デビルマン黙示録」(2000年)が発売された。04年には実写映画版が公開された。

新作アニメ「デビルマン」のイメージビジュアル公開 シレーヌの姿も

「DEVILMAN crybaby」のイメージビジュアル(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
「DEVILMAN crybaby」のイメージビジュアル(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project

 永井豪さんのマンガ「デビルマン」の新作アニメ「DEVILMAN crybaby」のイメージビジュアルが6月16日、公開された。デビルマンとデーモンの激しい戦いが描かれており、人気キャラクターのシレーヌの姿も見られる。

 新作アニメは「四畳半神話大系」「ピンポン THE ANIMATION」などの湯浅政明さんが監督を務める。同作は、これまでもアニメ化されてきているが、初めて原作のラストまで映像化され、飛鳥了と不動明の出会いから、デビルマン誕生、デビルマン対サタンのハルマゲドンまでが描かれる。動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」で、2018年初春に配信される。

 「デビルマン」は、悪魔の力を手に入れた不動明の戦いを描いた永井さんの代表作の一つ。1972年に「週刊少年マガジン」(講談社)で連載がスタートし、コミックスの累計発行部数は約5000万部を誇る。72、73年にテレビアニメが放送され、OVA(オリジナル・ビデオ・アニメ)として「デビルマン 誕生編」(87年)、「デビルマン 妖鳥死麗濡編」(90年)、「AMON デビルマン黙示録」(2000年)が発売された。04年には実写映画版が公開された。

「デビルマン」新作アニメの制作決定 初めてラストまで描く Netflixで18年配信

アニメ「DEVILMAN crybaby」のメインビジュアル(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
アニメ「DEVILMAN crybaby」のメインビジュアル(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project

 永井豪さんのマンガ「デビルマン」の新作アニメ「DEVILMAN crybaby」が制作されることが3月16日、明らかになった。「四畳半神話大系」「ピンポン THE ANIMATION」などの湯浅政明さんが監督を務める。同作は、これまでもアニメ化されてきているが、初めて原作のラストまで映像化され、飛鳥了と不動明の出会いから、デビルマン誕生、デビルマン対サタンのハルマゲドンまでが描かれる。動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」で、2018年初春に配信される。

 同作を手がけるアニプレックスの新宅洋平プロデューサーは「今作は、デビルマンの原作が持つニュアンスを最大限生かしつつ、湯浅監督に現代に描かれるべきアニメとして、新たな映像化をしていただきます。激しいバイオレンス描写など、Netflix配信ならではの表現に挑みます」とコメント。原作者の永井さんは「アニメ化のお話を聞いた時、まず一番に思ったのは『最後まで描いてくれるの?』でした(笑い)。僕が絶大な信頼を置いている湯浅監督なら、やりきってくれると信じています」と期待を寄せている。

 湯浅監督は「最も衝撃を受けたマンガ『デビルマン』のアニメ化を、まさか自分がやることになるとは! マンガ史上最高とも言える衝撃的な展開と壮大なラストシーンにたどり着くため、原作のスピリット、エッセンスを『今やるアニメーション』の形に落とし込む作業に日々悪戦苦闘中です。しかし配信ということで、制約も少ないので、限界までやりますよ! バイオレンス、エログロなどありますが、最終的に『愛』です。楽しみに待っていてください」と話している。

 また、新作アニメは「コードギアス 反逆のルルーシュ」「甲鉄城のカバネリ」などの大河内一楼さんが脚本、「聲の形」「ピンポン THE ANIMATION」などの牛尾憲輔さんが音楽をそれぞれ担当。湯浅監督が手がけた劇場版アニメ「夜は短し歩けよ乙女」「夜明け告げるルーのうた」などのサイエンスSARUが制作する。日本など190の国と地域に配信され、日本語版のほか、英語、フランス語、ドイツ語など9カ国語の吹き替え版も制作される。

 「デビルマン」は、悪魔の力を手に入れた不動明の戦いを描いた永井さんの代表作の一つ。1972年に「週刊少年マガジン」(講談社)で連載がスタートし、コミックスの累計発行部数は約5000万部を誇る。72、73年にテレビアニメが放送され、OVA(オリジナル・ビデオ・アニメ)として「デビルマン 誕生編」(87年)、「デビルマン 妖鳥死麗濡編」(90年)、「AMON デビルマン黙示録」(2000年)が発売された。04年には実写映画版が公開されたほか、15年に「サイボーグ009」とコラボした「サイボーグ009VSデビルマン」がイベント上映されたことも話題になった。

(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project
DEVILMAN crybaby
DEVILMAN crybaby
出典:YouTube
7

/7

目次