3D彼女 リアルガール

  • スタッフ:
    監督:直谷たかし▽シリーズ構成:赤尾でこ▽アニメーション制作:フッズエンタテインメント
  • キャスト:
    五十嵐色葉:芹澤優▽筒井光:上西哲平▽伊東悠人:蒼井翔太▽石野ありさ:津田美波▽高梨ミツヤ:寺島拓篤▽綾戸純恵:上田麗奈▽えぞみち:神田沙也加
  • 放送日:
    日本テレビの深夜アニメ枠「AnichU(アニチュウ)」
    2018年4月から放送
UPDATE

3D彼女 リアルガールあらすじ

 アニメ「3D彼女 リアルガール」は、女性向けマンガ雑誌「デザート」(講談社)で2011~16年に連載され、コミックスの累計発行数120万部の人気作が原作。高校3年生のいわゆる2次元オタク少年、筒井光(つつい・ひかり)が、ひょんなことから“リア充”美少女の五十嵐色葉(いがらし・いろは)と交際をすることになり、奔放な色葉に振り回されたり、リアルの荒波にもまれたりしつつ、光が成長していく姿を描いたラブコメディー。

 アニメは、「刀剣乱舞-花丸-」などの直谷たかしさんが監督を務め、「ノラガミ」などの赤尾でこさんがシリーズ構成を担当。「聖痕のクェイサー」などのフッズエンタテインメントが制作する。

スタッフ

監督:直谷たかし▽シリーズ構成:赤尾でこ▽アニメーション制作:フッズエンタテインメント

3D彼女 リアルガールキャスト

五十嵐色葉:芹澤優▽筒井光:上西哲平▽伊東悠人:蒼井翔太▽石野ありさ:津田美波▽高梨ミツヤ:寺島拓篤▽綾戸純恵:上田麗奈▽えぞみち:神田沙也加

3D彼女 リアルガール放送日

日本テレビの深夜アニメ枠「AnichU(アニチュウ)」
2018年4月から放送

上田麗奈、アニメ「3D彼女」の役作りでボブヘアに 「それぐらい気合を入れて」<第7話先行上映会イベント>

テレビアニメ「3D彼女 リアルガール」第7話先行上映会イベントに登場した上田麗奈さん
テレビアニメ「3D彼女 リアルガール」第7話先行上映会イベントに登場した上田麗奈さん

 テレビアニメ「3D彼女 リアルガール」(日本テレビ)の第7話先行上映会イベントが5月13日、東京都内で開催され、声優として出演している上田麗奈さん、上西哲平さん、蒼井翔太さんが登場した。ボブヘアの女の子・綾戸純恵を演じる上田さんは、役作りのために髪を綾戸と同じボブヘアにしたと明かし、「形から入ろうと思って。それぐらい気合を入れて臨みました」と語った。

 イベントでは、上西さんのファッションの話題になり、上西さんは「僕は(演じている)筒井と同じで服がイケてなかった。だから、翔太さんに『良い感じの服はありませんかね』と聞いて、服を買っているお店を教えてもらった」とコメント。それに対し、上田さんは「今日の(上西さんの)服は、蒼井さん味(み)を感じる」と語っていた。

 「3D彼女 リアルガール」は、女性向けマンガ雑誌「デザート」(講談社)で2011~16年に連載された那波マオさんのマンガが原作。筒井光が、ひょんなことから五十嵐色葉と交際をすることになり、奔放な色葉に振り回されたり、リアルの荒波にもまれたりしつつ、成長していく姿を描く。中条あやみさん、佐野勇斗さんが出演する実写映画が公開されることも話題になっている。アニメは、芹澤優さん、上西さんがダブル主演を務めるほか、津田美波さん、寺島拓篤さんらも声優として出演している。日本テレビで毎週火曜深夜1時59分から放送。

蒼井翔太、“ヒロイン感”を共演者が絶賛 せりふ生披露で会場沸かせる <第7話先行上映会イベント>

テレビアニメ「3D彼女 リアルガール」第7話先行上映会イベントに登場した蒼井翔太さん
テレビアニメ「3D彼女 リアルガール」第7話先行上映会イベントに登場した蒼井翔太さん

 テレビアニメ「3D彼女 リアルガール」(日本テレビ)の第7話先行上映会イベントが5月13日、東京都内で開催され、声優として出演している蒼井翔太さん、上西哲平さん、上田麗奈さんが登場した。蒼井さんはネコ耳を付けた男子・伊東悠人を演じており、第7話の感想について上西さんは「『伊東が可愛い』が一番(印象に残った)」、上田さんは「伊東が一番ヒロイン感がある」と絶賛していた。

 蒼井さんは、「伊東みたいな友達がいたらいいなと思う」と役への愛着を語り、劇中で伊東が上西さん演じる筒井に言う「ヤダ! 一緒に帰る」というせりふを生披露し、会場を沸かせていた。

 「3D彼女 リアルガール」は、女性向けマンガ雑誌「デザート」(講談社)で2011~16年に連載された那波マオさんのマンガが原作。筒井光が、ひょんなことから五十嵐色葉と交際をすることになり、奔放な色葉に振り回されたり、リアルの荒波にもまれたりしつつ、成長していく姿を描く。中条あやみさん、佐野勇斗さんが出演する実写映画が公開されることも話題になっている。アニメは、芹澤優さん、上西さんがダブル主演を務めるほか、津田美波さん、寺島拓篤さんらも声優として出演している。日本テレビで毎週火曜深夜1時59分から放送。

3D彼女 リアルガール
3D彼女 リアルガール
3D彼女 リアルガール
3D彼女 リアルガール
3D彼女 リアルガール
3D彼女 リアルガール

<アニメ質問状>「3D彼女」 コメディー要素をきちんと描く 伊東君が正ヒロインと呼ばれ…

テレビアニメ「3D彼女 リアルガール」の一場面(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
テレビアニメ「3D彼女 リアルガール」の一場面(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会

 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は、那波マオさんのマンガが原作のテレビアニメ「3D彼女 リアルガール」です。日本テレビの桐本篤プロデューサーに作品の魅力を語ってもらいました。

 ――作品の概要と魅力は?

 二次元キャラにしか興味がないオタク高校生・筒井光(つつい・ひかり)君が、学校一の美少女、五十嵐色葉(いがらし・いろは)ちゃんとひょんなことから付き合うことになるものの、初めての三次元の女の子とのお付き合い、しかも付き合うのは半年限定、さらに彼女には秘密があって……というラブコメディー作品です。

 自分の世界に閉じこもっていた不器用な男の子が、あるきっかけで外の世界に触れて成長していくという王道の物語ですが、筒井君が周りの人たちとつながって、世界を広げていくのと同時に、筒井君の真っすぐさが周りの人たちを少しずつ救っていくところにも目を向けていただけるとうれしいです。

 ――アニメにするときに心がけたことは?

 原作の淡いタッチや雰囲気をきちんと残しつつも、切ない表現に偏った“いい話”になりすぎないようにすることと、そのために作中の日常的なコメディーの要素をきちんと拾っていきましょう、ということを制作チームの共通認識として作っています。

 ラブコメディーにおけるコメディーの部分をきちんとやっていくことで、時折やってくる切ないシーンがギュッと効いてくるような緩急が生まれてくれているといいなと思っています。

 ――作品を作る上でうれしかったこと、逆に大変だったことは?

 うれしかったことはいろいろとあるのですが、今回、主題歌にくるりさん、エンディング曲にBiSHさんと非常に豪華なメンバーを迎えて、しかも両方書き下ろしでとても素晴らしい楽曲をいただけたことが一つ大きいかなと思っています。特に主題歌の「だいじなこと」は、原作読者の方には原作最終話を読まれた後に、ぜひもう一度聴いていただきたいです。

 大変だったことは、オタクでモテないキャラクターの筒井君をイケメンにしすぎず、かといってオタクに寄せすぎず……というところのバランスでとても苦心しました。とはいえ、少女マンガの主人公ということで、最終的にはややイケメン寄りにしています(笑い)。筒井君の声を担当してくださっている上西哲平さんの絶妙なお芝居も相まって、オタクで、人とのコミュニケーションが下手で、ちょっとズレていて、でもそこが応援したくなってしまう、というような筒井君になってくれたかなと思っています。

 ――今後の見どころを教えてください。

 この作品は第1話でいきなり2人のお付き合いが始まってしまうのですが、現実では付き合う前よりも付き合ってからのほうがさまざまなことが起こるわけでして、筒井君にも今後さまざまな試練が降りかかっていきます。そんな中、筒井君がめげずに頑張る姿と、そして芹澤優さん演じる色葉ちゃんが徐々に筒井君に影響されて変化していく様を、テレビやモニターの前で見守っていただけるととてもうれしいです。

 あとは、蒼井翔太さん演じる伊東君が制作スタッフ内で正ヒロインと呼ばれるぐらい本当にめちゃくちゃ可愛いので、そちらもぜひご注目ください(笑い)。

 ――ファンへ一言お願いします。

 「3D彼女 リアルガール」は少女マンガ原作の作品ですが、すごく普遍的なことを描いているので、性別を問わず楽しめる作品になっているかと思います。半年限定の2人の恋の行方を、最後まで応援していただけると幸いです。

 日本テレビ放送網株式会社 プロデューサー 桐本篤

(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
3D彼女 リアルガール
出典:YouTube

<アニメ紹介>「3D彼女 リアルガール」 オタク男子と超絶美少女の恋 実写映画化も話題に

テレビアニメ「3D彼女 リアルガール」のビジュアル(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
テレビアニメ「3D彼女 リアルガール」のビジュアル(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会

 女性向けマンガ雑誌「デザート」(講談社)で2011~16年に連載された那波マオさんのマンガが原作のテレビアニメ「3D彼女 リアルガール」が、4月3日深夜から順次、放送。オタク男子と超絶美少女の恋が描いたマンガで、中条あやみさん、佐野勇斗さんが出演する実写映画が公開されることも話題になっている。

 高校3年生の筒井光は、いわゆるオタク少年で、ゲームやアニメの二次元の女の子さえいれば生きていけると思っていた。ところが、リアル超絶美少女の五十嵐色葉にいきなり告白され、付き合うことになる。色葉は奔放で、同性からの評判も悪かった。そんな色葉に振り回されながら、筒井はどんどん彼女を好きになる。現実の荒波や人間関係の変化にさらされながら、成長していくオタク男子の姿が描かれる。

 アニメ初主演の上西哲平さんが筒井を、「プリパラ」などの芹澤優さんが色葉を演じるほか、蒼井翔太さんや津田美波さん、寺島拓篤さん、上田麗奈さん、神田沙也加さんらが声優として出演。「聖痕のクェイサー」などのフッズエンタテインメントが制作する。放送は日本テレビの深夜アニメ枠「AnichU(アニチュウ)」、BS日本ほか。

(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
3D彼女 リアルガール
出典:YouTube

芹澤優、テレビアニメ「3D彼女 リアルガール」で感涙 「泣いちゃいました」

テレビアニメ「3D彼女 リアルガール」の第1話先行上映会に登場した上西哲平さん(左)と芹澤優さん
テレビアニメ「3D彼女 リアルガール」の第1話先行上映会に登場した上西哲平さん(左)と芹澤優さん

 4月にスタートするテレビアニメ「3D彼女 リアルガール」の第1話先行上映会が3月31日、スペースFS汐留(東京都港区)で行われ、ダブル主演を務める声優の上西哲平さんと芹澤優さんが登場した。リア充美少女の五十嵐色葉を演じる芹澤さんは、第1話を見て「泣いちゃいました」と明かし、「30分のアニメのクレジットで、一番上に名前がくるのが初めて。色葉ちゃんに出会えてよかった」と目を潤ませながら語った。

 色葉と交際することになる二次元オタクの筒井光を演じる上西さんは、同作で初主演を果たし「自分の声がずっと流れるのが初めて。感無量です」と喜んだ。また、芹澤さんは「私にとって大切で、一生忘れられない作品になると思いながら収録しています」と思いを明かした。

 「3D彼女 リアルガール」は、女性向けマンガ雑誌「デザート」(講談社)で2011~16年に連載された那波マオさんのマンガが原作。筒井光が、ひょんなことから五十嵐色葉と交際をすることになり、奔放な色葉に振り回されたり、リアルの荒波にもまれたりしつつ、成長していく姿を描く。中条あやみさん、佐野勇斗さんが出演する実写映画が公開されることも話題になっている。アニメは、蒼井翔太さん、津田美波さん、寺島拓篤さん、上田麗奈さんも声優として出演する。4月3日から日本テレビの深夜アニメ枠「AnichU(アニチュウ)」ほかで順次放送される。

3D彼女 リアルガール
3D彼女 リアルガール
3D彼女 リアルガール
3D彼女 リアルガール

芹澤優、「3D彼女」のキュンキュンPVに赤面 「青春ですねえ」

「AnimeJapan 2018」の日本テレビブースで開かれたアニメ「3D彼女 リアルガール」のイベントに登場した芹澤優さん(右)
「AnimeJapan 2018」の日本テレビブースで開かれたアニメ「3D彼女 リアルガール」のイベントに登場した芹澤優さん(右)

 声優の芹澤優さんが3月24日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催中の「AnimeJapan(アニメジャパン) 2018」の日本テレビブースで開かれたアニメ「3D彼女 リアルガール」のイベントに登場。アニメのPVを見た後で芹澤さんは「アフレコの時は恥ずかしくなかったのですが、今見ると恥ずかしかった。青春ですねえ。(私も)もう23歳ですからね」と赤面していた。

 イベントには、ヒロインの五十嵐色葉役を演じる芹澤さん、オタクの彼氏・筒井光役の上西哲平さんが登場した。色葉と自身の共通点について芹澤さんは「知らない人にブスと言えるメンタル。さすがに知らない人に『ブス』とは言いませんが、ズバッと言って(所属する「i☆Ris」の)メンバーを傷つけたことがあります」と振り返っていた。

 「3D彼女 リアルガール」は、「デザート」(講談社)で2011~16年に連載された那波マオさんのマンガが原作。高校3年生の二次元オタクの筒井光が、ひょんなことから“リア充”美少女の五十嵐色葉と交際することになり、奔放な色葉に振り回されながらも成長していくラブコメディー。アニメは4月3日から毎週火曜日の深夜1時59分に日本テレビの深夜アニメ枠「AnichU(アニチュウ)」で放送される。

神田沙也加、テレビアニメ「3D彼女」で実写映画版と同じ魔法少女に

テレビアニメ「3D彼女 リアルガール」に登場する魔法少女 えぞみち(左)と神田沙也加さん(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
テレビアニメ「3D彼女 リアルガール」に登場する魔法少女 えぞみち(左)と神田沙也加さん(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会

 歌手で女優の神田沙也加さんが、那波マオさんのマンガが原作のテレビアニメ「3D彼女 リアルガール」に声優として出演することが3月1日、明らかになった。今秋に公開される同作の実写映画版で劇中アニメキャラクターの魔法少女えぞみちの声優を務める神田さんは、テレビアニメ版でも同役に挑戦する。

 神田さんは「実写映画版で演じさせていただく大好きなキャラクターであるえぞみちを、アニメ版でも演じさせていただくことになりました。二つの次元から『3D彼女 リアルガール』に関わらせていただけてすごくうれしいです。えぞみちの“やんちゃ可愛い”ところを、アニメ版にもお邪魔して自分なりに考え表現していきたいと思っています。そして秋公開の映画版も盛り上げていけるよう、一生懸命頑張ります。どうぞよろしくお願いいたします」とコメントを寄せている。

 「3D彼女 リアルガール」は、女性向けマンガ雑誌「デザート」(講談社)で2011~16年に連載されたマンガが原作。高校3年生のいわゆる2次元オタクの筒井光が、ひょんなことから“リア充”美少女の五十嵐色葉と交際をすることになり、奔放な色葉に振り回されたり、リアルの荒波にもまれたりしつつ、成長していく姿を描いたラブコメディー。実写映画版は、中条あやみさん、佐野勇斗さんも出演する。

 アニメは、上西哲平さんが筒井光、芹澤優さんが五十嵐色葉の声優を務める。4月3日深夜から日本テレビの深夜アニメ枠「AnichU(アニチュウ)」で放送。

(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会

テレビアニメ「3D彼女」で上西哲平、芹澤優がW主演

テレビアニメ「3D彼女 リアルガール」に出演する上西哲平さん(左)と芹澤優さん
テレビアニメ「3D彼女 リアルガール」に出演する上西哲平さん(左)と芹澤優さん

 4月にスタートするテレビアニメ「3D彼女 リアルガール」に、上西哲平さんと芹澤優さんがダブル主演を務めることが2月22日、明らかになった。女性向けマンガ雑誌「デザート」(講談社)で2011~16年に連載された那波マオさんのマンガが原作で、上西さんは高校3年生のいわゆる2次元オタクの主人公・筒井光、芹澤さんは筒井と交際することになる“リア充”美少女の五十嵐色葉をそれぞれ演じる。初のレギュラー出演で主演に抜てきされ、取材に応じた上西さんは「僕もオタクなので、筒井光には共感できることもあります。ものすごくうれしい!」と喜んだ。

 芹澤さんは「自分の中では挑戦となる役。ただ、オーディションの時にしっくりくるところがあったんです。(演じていて)普段、しゃべっている感覚に近いところもあります。色葉の気持ちが分かり、自分にしかできない色葉がある!と思ったんです。役が決まった時は、そのまましゃがみ込んでしまいました」と話した。

 芹澤さんは役作りにあたって「初めて本当に人を好きになるとは?と考え、恋愛映画を見ました」と明かし、上西さんは「テストの時に芹澤さんの演技を聞いて、『すごい! 色葉だ!』となった。引っ張ってくださっています」と息もぴったりな様子。また、上西さんは「誰かの心にずっと残るような作品にしていきたいですね」と意気込んでいた。

 「3D彼女 リアルガール」は、筒井光が、ひょんなことから五十嵐色葉と交際をすることになり、奔放な色葉に振り回されたり、リアルの荒波にもまれたりしつつ、成長していく姿を描いたラブコメディー。中条あやみさん、佐野勇斗さんが出演する実写映画が公開されることも話題になっている。

 アニメは、「刀剣乱舞-花丸-」などの直谷たかしさんが監督を務め、「ノラガミ」などの赤尾でこさんがシリーズ構成を担当。「聖痕のクェイサー」などのフッズエンタテインメントが制作する。蒼井翔太さん、津田美波さん、寺島拓篤さん、上田麗奈さんも声優として出演する。4月から日本テレビの深夜アニメ枠「AnichU(アニチュウ)」で放送。

 ◇キャスト(敬称略)

 筒井光:上西哲平▽五十嵐色葉:芹澤優▽伊東悠人:蒼井翔太▽石野ありさ:津田美波▽高梨ミツヤ:寺島拓篤▽綾戸純恵:上田麗奈

3D彼女 リアルガール
3D彼女 リアルガール
3D彼女 リアルガール
出典:YouTube

テレビアニメ「3D彼女 リアルガール」が日テレ深夜枠で4月スタート

テレビアニメ「3D彼女 リアルガール」のビジュアル(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会
テレビアニメ「3D彼女 リアルガール」のビジュアル(C)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会

 女性向けマンガ雑誌「デザート」(講談社)で連載された那波マオさんのマンガが原作のテレビアニメ「3D彼女 リアルガール」が、4月から日本テレビの深夜アニメ枠「AnichU(アニチュウ)」で放送されること1月22日、明らかになった。

 「3D彼女 リアルガール」は「デザート」で2011~16年に連載され、コミックスの累計発行部数が120万部を超える人気作。高校3年生のいわゆる2次元オタクの筒井光が、ひょんなことから“リア充”美少女の五十嵐色葉と交際をすることになり、奔放な色葉に振り回されたり、リアルの荒波にもまれたりしつつ、成長していく姿を描いたラブコメディー。中条あやみさん、佐野勇斗さんが出演する実写映画が公開されることも話題になっている。

 アニメは、「刀剣乱舞-花丸-」などの直谷たかしさんが監督を務め、「ノラガミ」などの赤尾でこさんがシリーズ構成を担当。「聖痕のクェイサー」などのフッズエンタテインメントが制作する。

「3D彼女 リアルガール」オタク少年×リア充美少女のラブコメディーがテレビアニメ化 実写映画化も話題

テレビアニメ化されることが分かった「3D彼女 リアルガール」
テレビアニメ化されることが分かった「3D彼女 リアルガール」

 実写映画化も決定している那波マオさんの人気マンガ「3D彼女 リアルガール」が2018年にテレビアニメ化されることが分かった。放送局、キャストなどの詳細は今後発表される。

 「3D彼女 リアルガール」は、女性向けマンガ雑誌「デザート」(講談社)で11~16年に連載され、コミックスの累計発行数120万部の人気作。高校3年生のいわゆる2次元オタク少年、筒井光(つつい・ひかり)が、ひょんなことから“リア充”美少女の五十嵐色葉(いがらし・いろは)と交際をすることになり、奔放な色葉に振り回されたり、リアルの荒波にもまれたりしつつ、光が成長していく姿を描いたラブコメディー。

 実写映画版は、「ヒロイン失格」(15年)の英勉(はなぶさ・つとむ)監督がメガホンを取り、色葉役の中条あやみさんが主演。若手俳優による5人組ボーカル・ダンスユニット「M!LK(ミルク)」の佐野勇斗さんが光を演じ、18年の公開を予定している。

10

/10

目次