ゲゲゲの鬼太郎 あらすじ

ゲゲゲの鬼太郎あらすじ

 アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、目玉おやじやねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。テレビアニメ第1期が1968~69年に放送され、貸本版が原作の「墓場鬼太郎」が2008年にフジテレビ系の深夜アニメ枠「ノイタミナ」で放送されたことも話題になった。

 新作テレビアニメは、21世紀も20年近くがたち、人々が妖怪の存在を忘れた現代を舞台に、科学では解明ができない現象が頻発し、流言飛語が飛び交い、大人たちは右往左往するばかりの中、妖怪ポストに手紙を書いた13歳の少女・まなの前に鬼太郎がやって来る……という展開。

「ゲゲゲの鬼太郎」第2話「戦慄!見上げ入道」のあらすじ 8頭身!? ねこ娘が本格登場 ファミリー集結

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第2話「戦慄!見上げ入道」に登場するねこ娘(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第2話「戦慄!見上げ入道」に登場するねこ娘(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第2話「戦慄!見上げ入道」が4月8日、放送される。第1話にも登場し「8頭身!?」「萌える!」などと話題になったねこ娘が本格的に登場する。また、ねずみ男、砂かけばばあ、子泣きじじい、ぬりかべ、一反もめんといった鬼太郎ファミリーが集結する。

 第2話のあらすじは、人気アイドルグループ「電池組」のコンサートで、数万人の来場者が一瞬で消えるという事件が起きる。事件の背後には、ねずみ男が立ち上げた芸能事務所「ビビビ・プロモーション」が関係していた。鬼太郎とねこ娘が駆けつけると、偶然にも犬山まなも会場にやって来るが、鬼太郎は「人間は妖怪のことに関わるな」と遠ざけようとする。しかし、まなは「友達が行方不明になっているから」と帰ろうとしない。鬼太郎たちが会場に潜り込むと、妖怪が来場者たちを吸い込んで膨れ上がっていた。見上げ入道の声優は池水通洋さんが務める。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガ。新作は、21世紀になってから20年近くがたち、人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台となる。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第3話「たんたん坊の妖怪城」のあらすじ まながさらわれる! 二口女、かまいたちも登場

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第3話「たんたん坊の妖怪城」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第3話「たんたん坊の妖怪城」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第3話「たんたん坊の妖怪城」が4月15日、放送される。塩屋浩三さんが巨大な頭だけの妖怪・たんたん坊、永島由子さんが頭の後ろに大きな口を持つ妖怪・二口女、松野太紀さんが両手が鋭い鎌になっている妖怪・かまいたちをそれぞれ演じる。

 第3話のあらすじは、犬山まながさらわれてしまう。各地で子供たちの失踪事件が起こっているというウワサを聞きつけたまなは、鬼太郎たちと一緒に真相解明すると張り切るが、鬼太郎は「妖怪と人間は友達になれない」と突っぱねる。かつて封印された妖怪が妖怪城を建てるために子供たちを誘拐していたことが明らかになるが、今度はまながさらわれてしまう。鬼太郎は、砂かけばばあや子泣きじじいらと共にまなの奪還に立ち上がる。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガ。新作は、21世紀になってから20年近くがたち、人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台となる。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第4話「不思議の森の禁忌」のあらすじ ゲゲゲの森に小学生が… 鬼太郎、ねこ娘が案内

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第4話「不思議の森の禁忌」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第4話「不思議の森の禁忌」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第4話「不思議の森の禁忌」が4月2日、放送される。

 第4話は、小学生の裕太が、隣の家に住む犬山まなから鬼太郎の話を聞きだし、ゲゲゲの森に来てしまう。人間がゲゲゲの森にやって来たのは、数百年ぶりのことで、鬼太郎は、裕太を帰そうとするが、砂かけばばあと目玉おやじに促され、しぶしぶねこ娘と共に森の中を案内することになる。裕太は妖怪のことに詳しく、森の中で出会う妖怪たちに大喜び。ところが、突然森の様子が一変する。次々と襲われていく鬼太郎と仲間たち。目玉おやじは、裕太がその原因だという。

 佐藤正治さんが、大きな一つ目と口が特徴の山じじい坊、龍田直樹さんが鬼太郎と将棋を指すのが好きな油すまし、落合福嗣さんがおどろが沼に住む水妖怪をそれぞれ演じる。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガ。新作は、21世紀になってから20年近くがたち、人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台となる。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第4話「不思議の森の禁忌」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第4話「不思議の森の禁忌」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第4話「不思議の森の禁忌」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第4話「不思議の森の禁忌」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第4話「不思議の森の禁忌」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第4話「不思議の森の禁忌」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第4話「不思議の森の禁忌」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第4話「不思議の森の禁忌」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第4話「不思議の森の禁忌」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第4話「不思議の森の禁忌」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第5話「電気妖怪の災厄」のあらすじ ねずみ男がビビビ電力設立 かみなり登場

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第5話「電気妖怪の災厄」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第5話「電気妖怪の災厄」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第5話「電気妖怪の災厄」が4月29日、放送される。

 第5話は、人間から全く怖がられなくなってしまった妖怪、かみなりが登場。かみなりは「へそを取られる!」と怖がられていたころを懐かしみ、力を持て余していた。そこに、ねずみ男がビビビッと目を付ける。ねずみ男は怪しげな集団と共にビビビ電力を立ち上げ、かみなりが生み出す電気を商売にして、大当たりする。かみなりのイメージキャラクターも人気が出て、札束を手にほくそ笑むねずみ男だったが、だんだんコントロールが利かなくなり……。宝亀克寿さんがかみなりの声優を務める。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは、21世紀になってから20年近くがたち、人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台となる。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第6話「厄運のすねこすり」のあらすじ 山奥の村でネコに似た妖怪が…

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第6話「厄運のすねこすり」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第6話「厄運のすねこすり」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第6話「厄運のすねこすり」が5月6日、放送される。

 第6話は、山奥の村に一人で暮らすマサエの元に鬼太郎がやって来る。鬼太郎を呼んだのは、東京で暮らしているマサエの一人息子・翔だった。翔は、マサエが妖怪に取りつかれていると言うのだが、マサエは勝手に家を飛び出していった息子の言葉に耳を貸そうとしない。しかし、マサエの体はどんどん衰弱していき、このままでは命に関わるという。鬼太郎は、マサエに取りついた妖怪を退治しようとする。ネコに似た外見の妖怪・すねこすりも登場し、内山夕実さんが声優を務める。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは、21世紀になってから20年近くがたち、人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台となる。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第7話「幽霊電車」のあらすじ 人気エピソードがアニメに 見えなくても妖怪はいる…

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第7話「幽霊電車」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第7話「幽霊電車」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第7話「幽霊電車」が5月13日、放送される。

 第7話は、原作でも人気のエピソード「幽霊電車」がアニメ化される。とある企業の社長が、部下の男と飲み屋で「妖怪なんて信じるやつは、自分が弱いのを言い訳にしているだけだ」とくだを巻いているところに、鬼太郎が現れる。鬼太郎が「見えなくても妖怪はいる」と反論すると、社長は鬼太郎を突き飛ばして立ち去ってしまう。帰路についた社長と部下だが、不思議な臨時列車に乗ることになる。電車がいつもと違う場所を走っていることに気づき、周りを見回すと、乗客たちの様子もどこか薄気味悪い。あくまで強気な社長だったが、世にも恐ろしいことが起こる……という展開。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは、21世紀になってから20年近くがたち、人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台となる。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第8話「驚異!鏡じじいの計略」のあらすじ まながピンチ! 鏡の中に捕らわれ…

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第8話「驚異!鏡じじいの計略」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第8話「驚異!鏡じじいの計略」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第8話「驚異!鏡じじいの計略」が5月20日、放送される。

 第8話は、学校の社会科見学で、とある村にやってきた犬山まなが、同級生を追いかけ、うっかり古い石碑を倒してしまう。その後、同級生たちは体調を崩して入院し、まなの身の周りでもおかしなことが起こり始める。巨大な妖気を感じ取り、駆けつけた鬼太郎たちは、鏡の中に捕らわれているまなを発見する。皆口裕子さんがまなの母・純子、塩屋浩三さんが鏡じじいをそれぞれ演じる。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは、21世紀になってから20年近くがたち、人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台となる。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第9話「河童の働き方改革」のあらすじ ブラック企業でカッパを搾取

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第9話「河童の働き方改革」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第9話「河童の働き方改革」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第9話「河童の働き方改革」が5月27日、放送される。

 第9話は、遠野の山奥に暮らすカッパの太郎丸が登場。薄給、激務のため従業員が次々に辞めていき、人手不足に悩むIT企業の社長のもとに、ねずみ男がやってきて、妖怪の人材あっせんを始める。遠野からやってきたカッパたちは働き者で、社長は、時給キュウリ3本という安い給料で従業員を確保できたと喜ぶ。カッパたちも、キュウリ食べ放題の職場に大満足する。しかし、カッパたちは次第に「自分たちは搾取されているのでは?」と疑念を持ち始め、自分たちの権利を主張し、立ち上がる。

 阪口大助さんがカッパの太郎丸、くまいもとこさんが弟の次郎丸、利根健太朗さんが妖怪いそがしの声優を務める。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは、21世紀になってから20年近くがたち、人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台となる。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第10話「消滅!学校の七不思議」のあらすじ ねこ娘、まなが学校に 友達の花子さんは…

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第10話「消滅!学校の七不思議」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第10話「消滅!学校の七不思議」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第10話「消滅!学校の七不思議」が6月3日、放送される。

 第10話は、ねこ娘が、犬山まなから「最近学校で不気味なことが起こっている」と相談を受け、学校を訪れる。まなの学校の七不思議の一つ「3階の女子トイレの花子さん」は、ねこ娘の友達ということで、花子に会いに行く。しかし、花子は見当たらず、花子だけでなく、ほかの七不思議の妖怪たちも近ごろ、姿を見せないという。

 そこへ、昔なじみの二宮金次郎と連絡が取れなくなったという砂かけばばあ、子泣きじじいたちもやって来る。何者かの気配を感じ取った一同が追いかけていくと、そこは2階の男子トイレだった……。佐倉綾音さんが花子さん、菅沼久義さんが男子トイレにいる妖怪でイケメンなヨースケくんの声優を務める。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは、21世紀になってから20年近くがたち、人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台になっている。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第11話「日本征服!八百八狸軍団」のあらすじ 第二の月が出現 八百八狸が日本政府乗っ取り宣言

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第11話「日本征服!八百八狸軍団」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第11話「日本征服!八百八狸軍団」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第11話「日本征服!八百八狸軍団」が6月10日、放送される。

 第11話は、突如、夜空に二つ目の月が出現する。第二の月はどんどん地球に近づく一方、日本では200年以上前に封印されたはずの八百八狸(はっぴゃくやだぬき)たちが電波をジャックし、日本政府の乗っ取りを宣言する。鬼太郎に助けを求めようとした犬山まなは“反狸勢力”として捕らえられてしまう。まなを救出するため、鬼太郎たちはタヌキが潜んでいる地下の巨大空間へ向かう。その頃、日本政府は第二の月をミサイルで撃墜する。東京湾に落ちた巨大な物体は、実はある妖怪の卵だった……。

 第1話で、鬼太郎の胸を弓矢で貫いた謎の仮面の男“名無し”も登場する。銀河万丈さんが“名無し”、堀内賢雄さんが刑部たぬき、高塚正也さんがまなの父・裕一をそれぞれ演じる。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは、21世紀になってから20年近くがたち、人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台になっている。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第12話「首都壊滅!恐怖の妖怪獣」のあらすじ たぬきに政権を乗っ取られ… 妖怪獣が日本を破壊

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第12話「首都壊滅!恐怖の妖怪獣」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第12話「首都壊滅!恐怖の妖怪獣」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第12話「首都壊滅!恐怖の妖怪獣」が6月17日、放送される。

 第12話は、日本がたぬきに政権を乗っ取られてしまい、反たぬき派の人たちが次々に捕まっていく中、人々は互いの言動を監視し合うようになる。一方、刑部狸(ぎょうぶだぬき)の呪いによって石になった鬼太郎を助けるため、犬山まなやねこ娘たちは再び地下に向かう。砂かけばばあや子泣きじじいは、捨て身の覚悟でたぬき軍団と戦う。残るは人間のまなだけになったが、まなにかけられた刑部狸の呪いが発動し、まなの体に異変が起こる。そしてついに妖怪獣がついに日本を破壊し始める。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは、21世紀になってから20年近くがたち、人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台になっている。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第14話「まくら返しと幻の夢」のあらすじ まな、ねこ娘が夢の世界に夢中

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第14話「まくら返しと幻の夢」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第14話「まくら返しと幻の夢」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第14話「まくら返しと幻の夢」が7月1日、放送される。

 第14話は、小さな鬼のような外見をした妖怪まくら返しが登場する。眠ったまま目覚めなくなってしまった父親を心配する少年マサシは、まなを通じて、鬼太郎に助けを求める。まなによると、マサシの父親以外にも眠ったままの大人たちが多数いるのだという。目玉おやじは「大人たちは妖怪によって夢の世界に捕われているのでは」と推測し、鬼太郎たちはまくら返しに会いに行くが、まくら返しは犯人ではなかった。

 まなは、まくら返しをうまくたきつけ、鬼太郎たちが彼の術で夢の世界へ入り込む。そこは思い描いたことが何でもかなってしまう場所で、まなとねこ娘は、自分の夢の世界に夢中になってしまう。岩崎ひろしさんがまくら返し、かないみかさんが夢の中に現れる夢繰りの鈴の少女の声を担当する。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは、21世紀になってから20年近くがたち、人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台になっている。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第15話「ずんべら霊形手術」のあらすじ 美少女になった代償は…

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第15話「ずんべら霊形手術」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第15話「ずんべら霊形手術」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第15話「ずんべら霊形手術」が7月8日、放送される。

 第15話は、美しくなりたいという女性の願望を“霊形手術”でかなえる妖怪ずんべらが登場する。アイドルの追っかけをしている少女、房野きららは、可愛い顔になりたい願望が強く、自分の容姿を恨めしく思っていた。あるとき、きららは妖怪ずんべらに出会う。ずんべらは「自分の霊形手術を受けさえすれば、望むままの美貌を手にすることができる」と持ちかける。

 霊刑手術を受けたきららは美少女となったが、大きな代償を払っていた。美少女となり周囲からの羨望(せんぼう)のまなざしに酔いしれたのもつかの間、突然、苦しみがきららを襲い、のっぺらぼうになってしまう。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは、21世紀になってから20年近くがたち、人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台になっている。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第16話「潮の怪!海座頭」のあらすじ まなが水木さんの故郷・境港に 船幽霊に襲われ…

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第16話「潮の怪!海座頭」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第16話「潮の怪!海座頭」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第16話「潮の怪!海座頭」が7月15日、放送される。

 水木さんの故郷の鳥取・境港が舞台で、海の妖怪・海座頭が登場する。犬山まなは叔父、叔母の住む境港を訪れる。祭が開催されないと知り残念がるまなを元気づけるために、叔父の庄司はまなに魚をとろうと漁に出るが、そのまま戻ってはこなかった。

 町の漁師たちと船で捜索に出たまなは、沖で船幽霊たちに襲われる。船幽霊たちは行方不明となっていた庄司たちだった。船は沈み、まなだけが浜辺に打ち上げられ、生き延びた。助けに来た鬼太郎は船で霧のたち込める海に向かう。そこで船幽霊たちと共に封印されていたはずの妖怪・海座頭と遭遇する。青森伸さんが海座頭の声優を務める。

 主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第17話「蟹坊主と古の謎」のあらすじ 砂かけばばあが姫様!? ねこ娘たちが銅像に

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第17話「蟹坊主と古の謎」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第17話「蟹坊主と古の謎」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第17話「蟹坊主と古の謎」が7月22日、放送される。

 第17話は、第16話「潮の怪!海座頭」から引き続き水木さんの故郷の鳥取・境港が舞台で、夜な夜な怪しい修行僧が現れて、謎かけをしては、答えられない人々を銅像に変えていく事件が起こる。一反もめん、ねずみ男、子泣きじじい、ぬりかべ、ねこ娘たちも次々と銅像にされてしまい、鬼太郎までもが変わり果てた姿になる。

 砂かけばばあも襲われるかと思われた時、修行僧が砂かけばばあを「姫様」と呼び、動きが止まる。危うく難を逃れた砂かけばばあ、目玉おやじと犬山まなたちは山奥の烏天狗に助けを求める。田中秀幸さんが妖怪・蟹坊主、中博史さんが烏天狗の長老、阪口大助さんが烏天狗の小次郎をそれぞれ演じる。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは、21世紀になってから20年近くがたち、人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台になっている。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第18話「かわうそのウソ」のあらすじ ねこ娘が野菜を育てる 

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第18話「かわうそのウソ」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第18話「かわうそのウソ」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第18話「かわうそのウソ」が7月29日、放送される。

 第18話は、オベベ沼のそばに住む妖怪・かわうそが登場する。このところ毎日のように鬼太郎の家の前に大量の野菜が届けられるようになり、鬼太郎と目玉おやじが不審がるが、ねこ娘は「ただの野菜なのだからもらっておけばいい」と言う。実は、その野菜は、誰も耕さなくなった畑を借りてねこ娘が育てたものだった。

 ある日、ねこ娘は道ばたで倒れ、困っている少年に鬼太郎に届けるはずだった野菜を与える。一方、犬山まなは訪れた別荘の近くに、ずる賢い妖怪が出るというウワサを母から聞く。浦和めぐみさんがかわうその声優を務める。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは、21世紀になってから20年近くがたち、人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台になっている。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第19話「復活妖怪!?おばけの学校」のあらすじ 試験も何にもない!? 退治した妖怪が教師に

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第19話話「復活妖怪!?おばけの学校」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第19話話「復活妖怪!?おばけの学校」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第19話「復活妖怪!?おばけの学校」が8月5日、放送される。

 第19話は、試験も何にもない“おばけの学校”が登場する。犬山まなは、裕太から「友達がお化けになると言い姿を消した」と相談される。実は鬼太郎にも同じ内容の手紙が何通も届いていた。三丁目の墓地で呪文を唱えると、ないはずの四丁目が現れて、おばけの学校に行けるらしい。

 真夜中、鬼太郎は呪文を試すと、別の空間が出現。奥に進むと学校があり、子供たちが楽しそうに授業を受けている。教師たちは、鬼太郎が退治したはずの妖怪たちだった。困惑した鬼太郎は様子を見るために生徒になる。見上げ入道、たんたん坊、二口女、かまいたちなどが登場する。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは、21世紀になってから20年近くがたち、人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台になっている。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第20話(8月12日放送)「妖花の記憶」のあらすじ 不思議な花の正体は… 鬼太郎たちが南の島へ

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第20話「妖花の記憶」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第20話「妖花の記憶」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第20話「妖花の記憶」が8月12日、放送される。

 第20話は、犬山まなが母・純子と共に、入院している大叔母・淑子を見舞いに行く。大叔母から、家に花が咲いているか見てほしいと頼まれたまな、大叔母の家でその光景に驚く。庭だけでなく屋根や壁面にまで真っ赤な花が咲き誇っており、まなは不思議な花の写真をねこ娘に送る。目玉おやじによると、妖花と呼ばれる花で、妖気や霊力を受けて咲くのだという。まなは、鬼太郎たちと花の出所を追って南の島を目指す。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは、21世紀になってから20年近くがたち、人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台になっている。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第21話「炎上!たくろう火の孤独」のあらすじ 孤独な妖怪と不思議なロボットの友情

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第21話「炎上!たくろう火の孤独」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第21話「炎上!たくろう火の孤独」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第21話「炎上!たくろう火の孤独」が8月19日放送される。

 火の妖怪・たくろう火が登場する。触れるものを燃やしてしまうため、人や妖怪から避けられていたたくろう火に、ねずみ男が近付き「人間たちのために働こう」と持ちかける。孤独なたくろう火は感激して協力することになり、ねずみ男プロデュースの遊園地アトラクション・ビビビファイヤーが大人気になる。

 たくろう火は、夜の間は決して部屋から出ないよう命じられていたが、ある晩、退屈に耐え切れず、外に出る。そこで不思議なロボット・ピグと出会う。たくろう火とピグはすぐに意気投合し、友情を深める。吉田小南美さんがたくろう火、田村奈央さんがピグを演じる。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第22話「暴走!!最恐妖怪牛鬼」のあらすじ ねこ娘、まなが観光地の島に 牛鬼が大暴れ

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第22話「暴走!!最恐妖怪牛鬼」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第22話「暴走!!最恐妖怪牛鬼」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第22話「暴走!!最恐妖怪牛鬼」が8月26日放送される。

 第22話は、ねこ娘と犬山まなが、とある観光地の島を訪れる。時を同じくして、ねずみ男も怪奇番組を制作しているテレビクルー、タレントと共に島へ来ていた。その島には、牛鬼と呼ばれる恐ろしい妖怪の伝説があった。古い言い伝えなど全く信じないタレントは、牛鬼が封じられている岩を動かし封印を解いてしまう。突然、苦しみ出したタレントは、みるみる牛鬼に変異、町を破壊して暴れ、ねずみ男は牛鬼に食われてしまう。ねこ娘たちの身も危うくなる中、鬼太郎が現れ、牛鬼と戦う。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第23話「妖怪アパート秘話」のあらすじ ろくろ首、あかなめ、唐傘が住むアパート 秘密が…

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第23話「妖怪アパート秘話」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第23話「妖怪アパート秘話」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第23話「妖怪アパート秘話」が8月2日、放送される。

 第23話は、1968年に建てられたアパートが舞台となる。そこには、妖怪のろくろ首、あかなめ、唐傘が住みついてしまい、住人たちはおびえて、次々と逃げ出してしまう。時は現代となり、古びたアパートにはオーナー夫婦の孫である夏美が一人で住んでいた。夏美はアパートを取り壊し、婚約者と引っ越そうとしていたところ、鬼太郎たちがやってくる。鬼太郎はアパートの取り壊しを考え直してほしいと夏美に頼み、アパートにまつわる歴史を語りだす。久川綾さんがろくろ首、粕谷雄太さんがあかなめ、稲田徹さんが唐傘をそれぞれ演じる。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第24話「ねずみ男失踪!?石妖の罠」のあらすじ ねずみ男が美女と結婚!?

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第24話「ねずみ男失踪!?石妖の罠」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第24話「ねずみ男失踪!?石妖の罠」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第24話「ねずみ男失踪!?石妖の罠」が9月16日、放送される。

 第24話は、ねずみ男が結婚することになり、ゲゲゲの森に激震が走る。鬼太郎たちは、半信半疑のまま結婚式場を訪れる。そこにはタキシード姿で上機嫌のねずみ男と、予想に反した美女である新婦の石山妖子の姿があった。鬼太郎たちは、あっけにとられながらもねずみ男の幸せを願う。

 しかし、それ以来、ねずみ男の音信が途絶える。砂かけばばあたちは心配してねずみ男を捜すと、街でゲッソリとやせ細った姿で発見する。どうやら新婚旅行の途中で妖子が姿をくらましてしまったらしい。ねずみ男は結婚詐欺にあっていた。内田真礼さんが美女・妖子の声優を務める。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第25話「くびれ鬼の呪詛」のあらすじ 呪いのアプリとは… まなにも呪いの通知が

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第25話「くびれ鬼の呪詛」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第25話「くびれ鬼の呪詛」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第25話「くびれ鬼の呪詛」が9月23日、放送される。

 第25話は、犬山まなが軽い気持ちでスマートフォンに呪いのアプリをインストールし、同級生の名前を入力してしまう。呪った相手は軽傷を負い、彼女のスマートフォンには呪いのアプリから「3時間以内に名前を入れないと呪いが返ってきます」という不気味な通知が届く。人々の間で呪いのアプリが瞬く間に広まり、ついにまなのところにも呪いの知らせが届く。街行く人々が、次々と増殖していく呪いの餌食になる中、まなのスマホケースの隙間から何者かの髪の毛が伸びる……という展開。くじらさんが、長く伸びた髪と巨大な頭の妖怪・くびれ鬼の声優を担当する。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第26話「蠱惑 麗しの画皮」のあらすじ 世にも美しい青年が…

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第26話「蠱惑 麗しの画皮」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第26話「蠱惑 麗しの画皮」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第26話「蠱惑(こわく) 麗しの画皮」が9月30日、放送される。

 第26話は、美しい青年が描かれた巻物の妖怪・画皮が登場する。高校生のゆうなは、母の厳しいしつけのため、気になる男の子がいても付き合うことができない。ゆうなの母は、かつて夫に裏切られて離婚した経験があり、男性を信じられなくなっていた。

 ある日、ゆうなは幼なじみの男の子と一緒にいるところを母に見られ、なじられて落ち込んでしまう。そこへ、子泣きじじいが通りすがり、巻物を落とす。巻物には世にも美しい青年が描いてあり、ゆうながウットリと眺めていると、絵の中から青年が現実に抜け出してくる。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第27話「襲来!バックベアード軍団」のあらすじ 新章「西洋妖怪編」突入 新キャラのアニエスも

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第27話「襲来!バックベアード軍団」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第27話「襲来!バックベアード軍団」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第27話「襲来!バックベアード軍団」が10月7日、放送される。

 第27話は、新章「西洋妖怪編」に突入する。ゲゲゲの森に耳長ら難民妖怪たちがやって来て、鬼太郎たちは森に受け入れることにする。ねずみ男は宝石の袋をもらい、ご満悦。ある時、その宝石の一つが光りだし、魔法使い風の少女アニエスが姿を現す。

 鬼太郎がアニエスに何者かと尋ねようとした瞬間、スーツ姿の男・ヴォルフガングが現れる。耳長たちは、その姿を見るや震えだす。ヴォルフガングは、彼らの国を滅ぼした一味の1人で、耳長たちは一斉にヴォルフガングに飛びかかるが、無残にも殺されてしまう。怒った鬼太郎たちも挑むが、次々と打ちのめされてしまう。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第28話「妖怪大戦争」のあらすじ 魔女・アデルに指輪を奪われる 鬼太郎の全力の指鉄砲も

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第28話「妖怪大戦争」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第28話「妖怪大戦争」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第28話「妖怪大戦争」が10月14日、放送される。

 第28話は、魔女のアニエスが鬼太郎に「ブリガドーン計画を阻止するためにこの指輪を破壊するのを手伝って」と詳しく説明もせずに頼む。鬼太郎は言われるまま、指鉄砲を放つが、何発放っても不思議な指輪にはかすり傷一つつけられない。その様子を見て、アニエスは魔法の力で鬼太郎の妖力を限界以上に引き上げる。あふれ出す強大な力に耐えきれず苦しむ鬼太郎だったが、全力の指鉄砲を発射。指輪を砕いたかに思えたが、すんでのところで指輪は魔女・アデルによって奪われていた。西洋妖怪最強の帝王・バックベアードの手下たちが再びゲゲゲの森に攻め込んでくる。

 「ゲゲゲの鬼太郎」は、主人公の鬼太郎が、ねずみ男、砂かけばばあら個性的な仲間の妖怪たちとさまざまな事件に立ち向かうマンガが原作。新作アニメは人々が妖怪の存在を忘れた現代が舞台。フジテレビほかで毎週日曜午前9時に放送。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第29話「狂気のフランケンシュタイン」のあらすじ フランケンシュタインがまなに壁ドン!?

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第29話「狂気のフランケンシュタイン」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第29話「狂気のフランケンシュタイン」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第29話「狂気のフランケンシュタイン」が10月21日、放送される。

 第29話は、西洋妖怪のヴィクター・フランケンシュタインが登場する。魔女のアニエスが街に出て、人目も気にせずほうきにまたがり空を飛び回り、街は大混乱となる。鬼太郎はその惨状を見て、あきれ返る。その場に居合わせた犬山まなは、アニエスに興味を持つ。積極的なまなのペースに巻き込まれ、アニエスはまなの家に泊まることになる。一時の安らぎを感じつつも、アニエスは夜明け前にそっとまなの家を出る。そこに、フランケンシュタインが現れる……。フランケンシュタインが、まなに“壁ドン”する先行カットも公開された。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

「ゲゲゲの鬼太郎」第30話「吸血鬼のハロウィンパーティー」のあらすじ まながねこ娘風に

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第30話「吸血鬼のハロウィンパーティー」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第30話「吸血鬼のハロウィンパーティー」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第30話「吸血鬼のハロウィンパーティー」が10月28日、放送される。

 第30話は、ハロウィーン回で、西洋妖怪の幹部カミーラが登場する。街がハロウィーンで盛り上がる中、犬山まなはねこ娘をハロウィーンイベントに誘い、2人で古い映画館を訪れる。映画の内容はホラーで、VRゴーグルを装着して、2人は上映を待っていた。実はイベントはカミーラが仕組んだものだった。異変に気付いた2人がゴーグルを外した時、周囲は吸血鬼と化した人間たちであふれていた。指輪を探して街に出ていた鬼太郎と魔女のアニエスも映画館の異変に気付く。まながネコ耳を付けてねこ娘風に仮装した先行カットも公開された。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

第31話「小豆洗い小豆はかり小豆婆」のあらすじ 小豆妖怪が動画配信 ねずみ男がプロデュース

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第31話「小豆洗い小豆はかり小豆婆」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第31話「小豆洗い小豆はかり小豆婆」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第31話「小豆洗い小豆はかり小豆婆」が11月4日、放送される。

 第31話は、妖怪の小豆洗い、小豆はかり、小豆婆が登場する。小豆に触れることのない現代人には、小豆洗いたちの存在を気にする者はいない。どうにかして洋菓子人気を抑え、小豆を復権させたいと悩む3人のところに、ねずみ男が通りかかる。金儲けを思いついたねずみ男は、動画配信で人気者となって小豆の広告塔になれとそそのかす。

 ねずみ男プロデュースによる3人の妖怪のおどけた動画は大人気となり、ねずみ男は大喜び。しかし、3人の間で小豆への愛の形について口論が始まり、彼らの仲間意識に亀裂が生じてしまう。宮澤正さんが小豆洗い、塩屋浩三さんが小豆はかり、斉藤貴美子さんが小豆婆をそれぞれ演じる。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

第32話「悪魔ベリアル 百年の怨嗟」のあらすじ まなとアニエスが境港に 悪魔ベリアル登場

アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第32話「悪魔ベリアル 百年の怨嗟」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の第32話「悪魔ベリアル 百年の怨嗟」の一場面(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション

 故・水木しげるさんのマンガが原作のテレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」(フジテレビほか)の第32話「悪魔ベリアル 百年の怨嗟」が11月11日、放送される。

 第32話は、犬山まなが、指輪が見つからず嘆くアニエスを元気づけようと境港に連れて行く。まなたちは、偶然にも烏天狗の小次郎と再会するが、アニエスは突然、近くに指輪の気配を察知して飛び去ってしまう。

 まなにいいところを見せようと張り切る小次郎は、風を起こす技を披露するが、その時、誤って恐ろしい悪魔ベリアルが封印されていた塚を破壊してしまう。魔力を取り戻したベリアルは雄たけびを上げ、かつて自分を封印した烏天狗の長老に復讐(ふくしゅう)しようとする。西村知道さんがベリアルの声優を務める。

(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション
(C)水木プロ・フジテレビ・東映アニメーション