おそ松さん

  • スタッフ:
    アニメーション制作:Studioぴえろ
  • キャスト:
    おそ松:櫻井孝宏▽カラ松:中村悠一▽チョロ松:神谷浩史▽一松:福山潤▽十四松:小野大輔▽トド松:入野自由
  • 放送日:
    第2期 2017年1月~
    第1期 2015年10月~16年3月
UPDATE

おそ松さんあらすじ

「おそ松さん」は、赤塚不二夫さんのマンガ「おそ松くん」をテレビアニメ化。おそ松ら六つ子が大人になった姿が描かれ、第1期が2015年10月~16年3月に放送された。櫻井孝宏さんや神谷浩史さんら人気声優が六つ子を演じ、過激なギャグなどが女性アニメファンを中心に人気を集めている。第2期が2017年1月から放送中。

スタッフ

アニメーション制作:Studioぴえろ

おそ松さんキャスト

おそ松:櫻井孝宏▽カラ松:中村悠一▽チョロ松:神谷浩史▽一松:福山潤▽十四松:小野大輔▽トド松:入野自由

おそ松さん放送日

第2期 2017年1月~
第1期 2015年10月~16年3月

「おそ松さん」最終回が深夜で異例の高視聴率3.0% 自己最高更新で有終の美

「おそ松さん」のビジュアル (C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
「おそ松さん」のビジュアル (C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 人気テレビアニメ「おそ松さん」がテレビ東京で3月28日深夜1時35分に放送され、平均視聴率が自己最高となる3.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したことが分かった。これまでの最高は、7日深夜放送の第22話で2.4%(同)だった。同じ時間帯の番組視聴における同番組の占拠率は21.8%で、深夜アニメとしては異例の高記録だった。

 最終回は、六つ子たちが野球のような謎の“センバツ大会”に挑戦する……という展開だった。

「おそ松さん」、ドラマCD第2弾がオリコン3位 2作連続トップ3入りでCDも好調

「おそ松さん」のドラマCD第2弾「おそ松さん 6つ子のお仕事体験ドラ松CDシリーズ チョロ松&十四松『バー』」のジャケット
「おそ松さん」のドラマCD第2弾「おそ松さん 6つ子のお仕事体験ドラ松CDシリーズ チョロ松&十四松『バー』」のジャケット

 3月29日に発表されたオリコン週間アルバムランキング(4月4日付)によると、人気テレビアニメ「おそ松さん」のドラマCD第2弾「おそ松さん 6つ子のお仕事体験ドラ松CDシリーズ チョロ松&十四松『バー』」(23日発売)が発売初週に約3万1000枚を売り上げ、3位にランクインした。2月に発売された第1弾も同ランキング(7日付)で2位にランクインしており、2作連続でトップ3入りを果たした。「おそ松さん」は女性アニメファンを中心に人気で、関連CDもバブルに沸いている。

 同ランキングの首位は人気グループ「KAT-TUN」のベストアルバム「KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY BEST“10Ks!”」(22日発売)で約16万7000枚、2位は男女3人組ユニット「いきものがかり」のベストアルバム「超いきものばかり~てんねん記念メンバーズBESTセレクション~」(15日発売)で約4万8000枚を売り上げた。

 「おそ松さん」は、赤塚不二夫さんのマンガ「おそ松くん」を約27年ぶりにテレビアニメ化。おそ松ら六つ子が成長して大人になった姿が描かれている。櫻井孝宏さんや神谷浩史さんら人気声優が六つ子を演じており、過激なギャグやパロディー描写などが女性アニメファンを中心に人気を集めている。テレビ東京では28日深夜の放送で最終回を迎えた。

 「おそ松さん 6つ子のお仕事体験ドラ松CDシリーズ」は、六つ子たちが、2人1組になって“お仕事体験”に挑む……という書き下ろしのストーリー。第2弾は、神谷さんが演じるチョロ松、小野大輔さんが演じる十四松がホステスに挑戦している。

<特集>「おそ松さん」 きょう最終回 大ブレークの理由は?

「おそ松さん」のビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
「おそ松さん」のビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 きょう最終回を迎えるアニメ「おそ松さん」がここまで大ブレークすると誰が予想しただろう。DVDやブルーレイディスク(BD)の売り上げは、同時期放送のテレビアニメの中でも群を抜き、特集したアニメ雑誌は異例の増刷を重ねた。野球日本代表「侍ジャパン」などをはじめコラボ企画も多く、勢いは衰え知らずだ。国民的マンガ家の赤塚不二夫の「おそ松くん」が原作で、過去に2度のアニメ化を果たした。しかし昭和時代の過去作品とあってか、知名度のわりに放送前の注目度は決して高いとはいえなかった。なぜブレークしたのかを分析する。

 ブレークの分析の一つに「パロディー」説がある。人気作品ネタを次々と投入した第1話や、人気ヒーローを思わせるキャラクターが登場した第3話の印象が強いため、ほぼ“定説”となっている。しかし、パロディーは、著作権に大らかだった1980年代ならまだしも、今では多用しづらい。それは第1話のDVD、BDのパッケージ収録が見送られ、第3話も一部修正となったことでも明らかだ。1クールにつき2億円がかかる膨大なコストゆえに確実な資金回収が求められるアニメビジネスでは、「お蔵入り」のリスクは避けるべきなのは当然だ。実際、本作でも3話以降のパロディーは控えめだ。

 もう一つの有力説が、主人公である六つ子それぞれに人気声優を起用したことだ。1人のスケジュールを押さえるだけでも困難なトップクラスの人気声優は、固定の女性ファンを持っている。しかし「声優の名前を意識してアニメを見る」人口は限られ、「声優のためにコンテンツまで買う」人たちはさらに絞られる。だがパッケージ第1巻のDVDとBDの合計は9万枚を超え、もはや声優人気だけでは説明の付かない領域に達しているのは明白だ。

 アニメファンの枠も超えた「おそ松さん」人気の原動力。それは「アニメという器に盛られたコント番組」という点にある。本作の六つ子には、一人一人に明確な個性があるが、これが原作マンガやアニメ「おそ松くん」の前提を覆している。今までの「おそ松くん」は、六つ子はまとめてワンセットで区別が付かなかったのだ。2人ですむ双子ならいざしらず、6人という人数は、個々で認識させるにはあまりにも多すぎて、アニメはもちろんドラマでは使いづらい。だから過去の「おそ松くん」では、脇役のはずのイヤミやチビ太が事実上の主人公のように扱われ、六つ子はほぼ“舞台装置”だった。

 ところが、アニメではなく、コントの視点で見ると話が変わってくる。コントがそうであるように、いつものメンバーで話を展開させる場合は、6人は十分な人数だ。70年代から80年代に記録的な視聴率を稼ぎ出した「8時だョ!全員集合」のザ・ドリフターズは5人、90年代に人気だった「ダウンタウンのごっつええ感じ」の中心メンバーも似たような数だ。そしてアニメ「おそ松さん」を見ると、各エピソードは、1話完結。話によっては6人がイケメンになったり、性別まで変わる「じょし松さん」シリーズもある。各話の連続性は薄く、ドラマの時間軸は進まない。しかし6人の「キャラ」は続けて登場するうちに、本来はバラバラだった話が、ひたすら彼らのキャラを濃くして理解を深めて人気を高める構図は、「全員集合」や「ごっつええ」が人気タレントを輩出した成功体験と似ている。

 アニメの人気は、結果的にキャラクターに集約されるように「キャラクタービジネス」だ。そしてキャラクターがグッズなど商品化の主力となる。一本道のストーリー性があるドラマでは、キャラクターの扱いに差が出やすいが、コントは均等にスポットが当てられる。またコント手法のアニメは、アニメの視聴回数を重ねるたびに視聴率が落ちることへの対策にもなる。途中からでも入りやすく、数回見ていなくても戻ってくることが容易だからだ。

 さらに6人の中で完結するコントは、“外”に矛先が向きにくい。「おそ松さん」の6人は、皆違う性格で、互いにダメなところが見えるが、全員ニートで結局は「自虐」に落ち着く。「おそ松さん」の本質は、視聴者の誰も傷つけない「優しさ」なのだ。「レギュラーで各話完結のコント」はテレビの歴史の中で確立された形式であり、本作も「テレビ番組」として面白さを受け継いでいる。コントが衰退した理由の一つに、舞台セットの製作にかかるコストの高さがあったが、アニメならどれだけ大がかりな舞台も一定のコストで作れてしまう。

 そしてコントの「アップデート」もおこたりない。生身の演者であれば顔形から「前フリ役」「ボケ役」など固定しがちだが、六つ子は「同じ顔」のため、ポジションが柔軟に変えられ、マンネリが避けられる。6人の中から2人を組ませる話が多めなのも、アイドルグループのユニットや漫才コンビを思わせる。

 コントは、テレビタレントという“キャラクター”を量産してきた実績のあるフォーマットだ。それに「アニメならでは」も加味した「おそ松さん」は、「ザ・ドリフターズ」と、キャラクターにスポットを当てた「ラブライブ!」のハイブリッドといえる。キャラクタービジネスの面からも、アニメ業界にとって学ぶべき点が多いといえよう。(多根清史/アニメ批評家)

「おそ松さん」、声優陣も人気にびっくり アニメジャパンに櫻井孝宏と小野大輔が登場

「おそ松さん」のイベントに登場した櫻井孝宏さん(左)と小野大輔さん (C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
「おそ松さん」のイベントに登場した櫻井孝宏さん(左)と小野大輔さん (C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 人気アニメ「おそ松さん」のイベントが3月27日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催中のアニメ展示会「AnimeJapan(アニメジャパン)2016」で開かれ、おそ松役の櫻井孝宏さんと十四松役の小野大輔さんが登場した。イベントは午前中に配布をスタートした整理券がすぐになくなるほどの人気で、櫻井さんは同アニメがブームとなっていることについて「最初、大丈夫か? と思った。話題になるとは思っていたけど、社会現象やブームになるとは……。楽しみ方が詰まっている。女性(ファン)の力も大きかった」と驚きつつも人気を実感している様子だった。

 小野さんは「(ファンが)いろいろな形で作品を掘り下げてくださっている。考察がすごいんです。みんなの想像力が『おそ松』を加速してくれている」とコメント。また、小野さんは十四松のせりふ「マッスル! マッスル! ハッスル! ハッスル!」「無重力スパイラル!」を生披露し、ファンを沸かせていた。

 アニメジャパンは、東京都の青少年健全育成条例改正をめぐり、東京都が実質的に開催していた「東京国際アニメフェア(TAF)」と、一部のアニメ関連企業が中心となった「アニメコンテンツエキスポ(ACE)」に分裂していた両イベントが、再集結して14年から開催されている。昨年は3日間で約12万人が来場した。今年は過去最高となる174の企業と団体が出展。子供向けの「ファミリーアニメフェスタ2016」も同時開催中。当日券は中学生以上が2000円で、小学生以下は無料。27日まで。

「おそ松さん」、小学館の学年誌とコラボ 「おそ松6年生」が今夏発売

小学館の学年誌がコラボする「おそ松さん」のビジュアル (C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
小学館の学年誌がコラボする「おそ松さん」のビジュアル (C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 人気アニメ「おそ松さん」と「小学一年生」など小学館が発行する学年誌がコラボした「おそ松6年生(仮)」が今夏、発売されることが3月24日、分かった。「おそ松さん」はコラボグッズが続々と発売されたり、表紙を飾ったアニメ誌が次々に完売するなど“バブル”に沸いており、学年誌とのコラボも話題になりそうだ。

 「おそ松6年生(仮)」の表紙は描き下ろしで、キャラクターそれぞれにちなんだ六つ子と“遊べるカラーページ”、書きおろしミニ小説などが掲載される。また、おそ松、カラ松ら六つ子にさまざまなコスチュームを着せ替えられる紙人形や、テレビアニメの名場面を集めたミニ図鑑、デコレーションシール、イラストが飛び出して見える3Dメガネ、プレゼントに応募できる銀はがしなど、6種類の付録が付く。価格は未定。

「おそ松さん」トド松の“顔芸”がラテアートに

「おそ松さん」のラテアート用シート「Deco Latte おそ松さん」(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
「おそ松さん」のラテアート用シート「Deco Latte おそ松さん」(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 人気テレビアニメ「おそ松さん」のラテアート用シート「Deco Latte おそ松さん」(タカラトミーアーツ)が、5月にアニメイト限定で発売されることが分かった。トド松の“顔芸”やクールに格好つけるカラ松などのシートがあり、5シート入りで1セットとなっている。A~Dセットの4種類が用意され、いずれか1セットが入っている。価格は540円。

 「Deco Latte」はコーヒーやミルク、カフェオレ用のシートで、シートをコーヒーなどに入れるとラテアートを再現できる。スプーンなどでかき混ぜると、シートが溶けて、飲むことができる。

(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

「おそ松さん」、グッズを作るバイト“はたらき松”を募集 報酬は6万円 

「おそ松さん」の制作現場を体験できるアルバイト「はたらき松」を募集するビジュアル
「おそ松さん」の制作現場を体験できるアルバイト「はたらき松」を募集するビジュアル

 人気テレビアニメ「おそ松さん」のグッズを制作し、監修するアルバイト“はたらき松”を募集することが3月14日、分かった。同企画は、アルバイト求人サービス「an」の超バイトシリーズ第1弾で、おそ松さんグッズの制作現場を体験できる。

 アルバイトは、同日から27日まで募集しており、採用人数は1人。報酬は六つ子にちなんで6万円と、スタッフ用非売品パーカ、監修したグッズがもらえる。応募は、ツイッターでanの公式アカウントをフォローした後、該当するツイートをリツイー トすることで完了する。また、4月25~28日のうち1日、都内で実施するバイトに参加できることが条件となる。

 バイト企画は第2弾も企画されており、詳細は、4月4日に特設サイトで発表予定。

「おそ松さん」、ウェブラジオ公録で鈴村健一が「シェー」披露 一松役の福山潤も登場

「おそ松さん」のウェブラジオ番組「シェーWAVE おそ松ステーション」の公開収録に登場した(左から)鈴村健一さん、「A応P」、福山潤さん
「おそ松さん」のウェブラジオ番組「シェーWAVE おそ松ステーション」の公開収録に登場した(左から)鈴村健一さん、「A応P」、福山潤さん

 テレビアニメ「おそ松さん」のウェブラジオ番組「シェーWAVE おそ松ステーション」の公開収録が3月13日、舞浜アンフィシアター(千葉県浦安市)で行われ、イヤミ役の鈴村健一さんら声優陣が登場した。昼の部には一松役の福山潤さん、夜の部にはチビ太役國立幸さんとハタ坊役の斎藤桃子さんがゲストとして登場し、鈴村さんと共にイヤミのギャグ「シェー」のポーズを披露した。

 「シェーWAVE おそ松ステーション」は、毎回、同アニメのキャストをゲストに迎え、月2回配信されている人気番組。この日の公開録音は、第11、12回の収録が行われ、会場には昼の部と夜の部で計4000人を超えるファンが集まった。

 昼の部は、リスナーの投稿を紹介するコーナー「おた松さん!」で、鈴村さんと福山さんがマージャントークに花を咲かせたり、大変だったアフレコを振り返ったりとトークを展開。夜の部では、第20話「教えてハタ坊」のアフレコ時の裏話などが明かされた。さらに、アイドルグループ「A応P」も登場し、アニメのオープニングテーマ「はなまるぴっぴはよいこだけ」「全力バタンキュー」を披露した。第11回は21日、第12回は4月4日に配信される。

おそ松さん

「第10回声優アワード」助演男優賞の鈴村健一は「イヤミのおかげ」 「シェー」生披露

「第10回 声優アワード」の助演男優賞とパーソナリティ賞をダブル受賞した鈴村健一さん
「第10回 声優アワード」の助演男優賞とパーソナリティ賞をダブル受賞した鈴村健一さん

 声優の鈴村健一さんが1年で最も活躍した声優に贈られる「第10回 声優アワード」の助演男優賞とパーソナリティー賞をダブル受賞し、3月12日に東京都内で開かれた授賞式に登場した。

 人気アニメ「おそ松さん」のイヤミ役が話題の鈴村さんは「ダブル受賞に本当に感謝しています。芸歴が22年に助演が増えてきました。いろいろな人を支えていきたい。支えられるような立派な役者になりたいです。助演男優賞はイヤミをやらせてもらったお陰です」と語り、「それでは皆さん、3、2、1、シェー!」と叫びながら、イヤミのポーズ「シェー」を“生披露”した。

 声優アワードは、2006年に創設された賞で、同実行委員会が主催し、KADOKAWA、小学館集英社プロダクション、文化放送などが共催。第10回は14年12月1日~15年11月30日に放送、配信、発表されたアニメに出演した声優が対象で、1次審査のインターネットの一般投票を経て、選考委員が各賞を選出した。助演男優賞は細谷佳正さんも受賞した。

 ◇第10回 声優アワード受賞者(敬称略)

 主演男優賞:松岡禎丞▽主演女優賞:水瀬いのり▽助演男優賞:鈴村健一、細谷佳正▽助演女優賞:伊藤静、早見沙織▽新人男優賞:梅原裕一郎、武内駿輔、村瀬歩▽新人女優賞:上坂すみれ、高橋李依、田中あいみ▽歌唱賞:i☆Ris▽パーソナリティー賞:鈴村健一▽最多得票賞:神谷浩史▽功労賞:千々松幸子、中村正、野村道子▽シナジー賞:ちびまる子ちゃん▽富山敬賞:森久保祥太郎▽高橋和枝賞:井上喜久子▽キッズ・ファミリー賞:ピエール・コフィン▽特別賞:A応P

「おそ松さん」、六つ子のつなぎ姿ぬいぐるみがセットに 部屋を再現したボックスも

「おそ松さん」の六つ子のぬいぐるみが6体セットとなった「おそ松さん ビーンズぬいぐるみ6つ子BOXセット」(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
「おそ松さん」の六つ子のぬいぐるみが6体セットとなった「おそ松さん ビーンズぬいぐるみ6つ子BOXセット」(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 人気テレビアニメ「おそ松さん」の主人公の六つ子のつなぎ姿のぬいぐるみが6体セットとなった「おそ松さん ビーンズぬいぐるみ6つ子BOXセット」がタカラトミーアーツから発売されることが分かった。

 6月下旬に発売される六つ子のぬいぐるみ(各1600円、税抜き・以下同)を6体セットにしたもので、六つ子の部屋をイメージしたボックスが付属する。ぬいぐるみは全高14センチ。セットの価格は9600円。タカラトミーアーツの通販サイト「e組」などで21日まで予約を受け付けており、商品は6月下旬に発送される予定。

(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

「おそ松さん」、ニコ生で「おそ松祭り」 アニメディアとアニメージュの編集長がまさかのコラボ

10日に発売されたアニメディア(左)とアニメージュ4月号。ともに「おそ松さん」が表紙を飾っている。
10日に発売されたアニメディア(左)とアニメージュ4月号。ともに「おそ松さん」が表紙を飾っている。

 老舗アニメ誌の「アニメディア」(学研プラス)が配信するニコニコ生放送の番組「超!アニメディア(生)」に、ライバル誌「アニメージュ」(徳間書店)の川井久恵編集長が出演することが明らかになった。「おそ松祭り」と題して、3月10日午後8時に配信される同番組で「アニメディア」の馬渕悠編集長とともに魅力を探るという。ライバル関係にある両誌のコラボ企画は初めて。

 「超!アニメディア(生)」は、馬渕編集長をはじめとしたアニメディアの編集部員が出演して、人気のアニメや同誌最新号の魅力を紹介する生番組。毎月第2木曜午後8時から配信している。今回は「おそ松祭り」と題して、ともに「おそ松さん」が表紙を飾った10日発売の両誌の4月号を紹介するほか、「おそ松さん」関連グッズの実演コーナーなども予定されている。

 「超!アニメディア(生)」は10日午後8時配信。

 ◇アニメージュ川井久恵編集長のコメント

 「アニメディア」さんの番組に出るなんて、非常にアウェー感満載なんですが……。馬渕編集長、優しくしてくださいね! とはいってもなかなかこんな機会はないですから、一緒に番組を、ひいては業界を盛り上げていけるといいですね!

 ◇アニメディア馬渕悠編集長のコメント

 最近、NOTTVさんの番組「浪川大輔とアニメサポヲタ倶楽部ww」に出させていただくなど、アニメ誌の編集長のあり方が変わりつつあると感じるようになりました。今回「サポヲタ倶楽部ww」で共演している川井編集長に思いきって「超!アニメディア(生)」出演のオファーをしたところ、快くお引き受けくださいました。「おそ松さん」という唯一無二の超人気アニメ作品が2誌で表紙を飾る特別なタイミングで、アニメ誌も誌面を飛び出して面白いことをやっちゃいます。ぜひご覧ください。

「おそ松さん」、キデイランドで「おそ松さんのおみせ」フェア開催 オリジナルグッズや限定ノベルティーも

キデイランド原宿店と大阪梅田店が「おそ松さんのおみせ」フェアを開催
キデイランド原宿店と大阪梅田店が「おそ松さんのおみせ」フェアを開催

 人気アニメ「おそ松さん」のグッズがずらりと集まる「おそ松さんのおみせ」フェアが、「キデイランド」で開催されることが明らかになった。原宿店(東京都渋谷区)は3月19日~4月1日、大阪梅田店(大阪市北区)は3月18日~30日に開催し、オリジナルグッズなどが販売される。

 両店が取り扱うのは、「おそ松さんのおみせにいってきました。クッキー」(1000円、以下税抜き)、「フラットバッグ」(2種、各300円)、「クリアファイル」(2種、各400円)、ガチャガチャ缶バッジ(1回200円)、キーホルダー(7種、各650円)など。キーホルダーは大阪の先行販売となる。

 また、期間中におそ松さんグッズを購入すると、キデイランド限定「おそ松さんのおみせ」ショッパー(買い物袋)をプレゼント。さらに、2000円以上(税込み)の購入で、各店限定のステッカーがもらえ、26日からは両店共通デザインのステッカーがプレゼントされる。いずれもなくなり次第終了となる。

 キデイランド原宿店は同店1階、キデイランド大阪梅田店は阪急三番街北館地下2階催事場でそれぞれ開催。梅田の会場ではフォトスポットも設けられる。

おそ松さん
おそ松さん
おそ松さん
おそ松さん
おそ松さん
おそ松さん

「おそ松さん」、侍ジャパン試合でイヤミが「始シェー式」 ナイスピッチング!ナイスシェー!!

京セラドーム大阪(大阪市西区)で行われた野球日本代表「侍ジャパン」の強化試合の始球式に登場した「おそ松さん」のイヤミ(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
京セラドーム大阪(大阪市西区)で行われた野球日本代表「侍ジャパン」の強化試合の始球式に登場した「おそ松さん」のイヤミ(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 テレビアニメ「おそ松さん」のキャラクターのイヤミが3月6日、京セラドーム大阪(大阪市西区)で行われた野球日本代表「侍ジャパン」の強化試合の始球式に登場した。イヤミのギャグの「シェー」にちなみ「始シェー式」として開催され、イヤミは投球前と後に「シェー」を披露。イヤミは「ウッヒョ~! 皆さ~ん! イヤミざんす~! 今日は始球式のためにわざわざおフランスから駆けつけたざんす。ギャラは1000万……ウヒョヒョヒョヒョ」「ミーのナイスピッチング、そしてナイスシェーを、その目に焼き付けてくれたザンスか? シェー!」とコメントを寄せている。

 「始シェー式」は、「おそ松さん」と侍ジャパンのコラボの一環として開催。この日の京セラドーム大阪の試合と、5日にナゴヤドーム(名古屋市東区)で行われた台湾代表戦で、一部観戦席を「おそ松さんシート」として販売。ナゴヤドーム1700席、京セラドーム大阪1615席のチケットが完売した。

(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
おそ松さん
出典:YouTube

「おそ松さん」、BD2巻が2.8万枚の売り上げ DVDも3.4万枚で絶好調

「おそ松さん」のBD2巻のジャケット
「おそ松さん」のBD2巻のジャケット

 3月2日に発売されたオリコン週間ブルーレイディスク(BD)ランキング(7日付)によると、テレビアニメ「おそ松さん」のBD2巻(2月26日発売)が発売初週に約2万8000枚を売り上げ、アニメ部門の首位に輝いた。DVD2巻(同日発売)は発売初週に約3万4000枚を売り上げ、DVDランキングのアニメ部門の首位となった。1月29日に発売されたBD1巻とDVD1巻も同ランキングのアニメ部門の首位をそれぞれ獲得しており、映像ソフトも“おそ松バブル”に沸いているようだ。

 「おそ松さん」は、故赤塚不二夫さんのマンガ「おそ松くん」を約27年ぶりにテレビアニメ化。おそ松ら六つ子が成長して大人になった姿が描かれている。櫻井孝宏さんや神谷浩史さんら人気声優が六つ子を演じており、昨年10月にテレビ東京ほかで放送がスタートすると、過激なギャグやパロディー描写などが話題になり、女性アニメファンを中心に人気を集めている。

 BD、DVD2巻には、第4話「自立しよう」「トト子なのだ」、第5話「カラ松事変」「エスパーニャンコ」、 第6話「おたんじょうび会ダジョー」「イヤミの大発見」が収録されているほか、初回版特典として5月に開催されるイベントの優先販売申込券などが封入されている。

「おそ松さん」、ドラマCDがオリコン2位 CDも好調

「おそ松さん」のドラマCD「おそ松さん 6つ子のお仕事体験ドラ松CDシリーズ おそ松&一松『占い師』」のジャケット
「おそ松さん」のドラマCD「おそ松さん 6つ子のお仕事体験ドラ松CDシリーズ おそ松&一松『占い師』」のジャケット

 3月1日に発表されたオリコン週間アルバムランキング(7日付)によると、人気アニメ「おそ松さん」のドラマCD「おそ松さん 6つ子のお仕事体験ドラ松CDシリーズ おそ松&一松『占い師』」(2月24日発売)が発売初週に約3万8000枚を売り上げ、初登場で2位にランクインした。「おそ松さん」は女性アニメファンを中心に人気で、アイドルグループ「A応P」が歌うアニメ第2クールのオープニングテーマ「全力バタンキュー」(2月10日発売)が、シングルランキングで2位にランクインするなど関連CDも好調だ。

 首位は、人気グループ「Sexy Zone」のアルバム「Welcome to Sexy Zone」(2月24日発売)で、発売初週に約11万1000枚を売り上げた。

 「おそ松さん 6つ子のお仕事体験ドラ松CDシリーズ」は、六つ子たちが、2人1組になって“お仕事体験”に挑む……という書き下ろしのストーリー。第1弾「おそ松&一松『占い師』」は、櫻井さんが演じるおそ松と福山潤さんが演じる一松が、占師に挑戦している。

テレビ東京・高橋社長、「すごいパワー」とおそ松さんに感心 2期についてもコメント

人気のアニメ「おそ松さん」(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
人気のアニメ「おそ松さん」(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 テレビ東京の高橋雄一社長は2月25日の会見で、同局で深夜に放送中のテレビアニメ「おそ松さん」について「すべては見ていないが、結構見た」と話し、若い女性を中心に人気を集めていることについて、「受けている理由が声優にあるらしいと聞いた。声優さんによってこれだけ女性にブームがおきているというのは(すごいし)、コンテンツの力はいろんなところで出てくると思った」とし、「すごいパワーなんだなと認識している」と“おそ松パワー”に感心していた。

 高橋社長は、話題になっていることについて「それはすごく(ありがたい)」とコメントし、「声優のプロジェクトをやりたいという声もあるが、仮に次のクールをやろうとする金額だけでも大変と聞いている」とも話した。

「おそ松さん」、小学館のマンガ誌「チーズ!」にも登場 ICカードステッカーに

「おそ松さん」のICカードステッカーの付録を告知した月刊マンガ誌「チーズ!」4月号
「おそ松さん」のICカードステッカーの付録を告知した月刊マンガ誌「チーズ!」4月号

 人気アニメ「おそ松さん」が、3月24日発売の月刊マンガ誌「チーズ!」(小学館)5月号のICカードステッカーの付録となることが明らかになった。おそ松さんは「マーガレット」(集英社)でとじ込み付録とクリアファイルが、同じく集英社の「YOU」でもポストカードが付き、いずれも売れ行きが好調だという。

 「おそ松さん」は、故・赤塚不二夫さんのマンガ「おそ松くん」の六つ子が成長して、ちょっとダメな大人になった姿が描かれているテレビアニメ。六つ子を櫻井孝宏さんや神谷浩史さんら人気声優が演じ、過激なギャグやパロディー描写などもあって人気を集めている。また「YOU」ではマンガの連載もスタートしている。

 「おそ松さん」の人気を受けて、同作が表紙を飾った「月刊アニメージュ」(徳間書店)2月号が約36年ぶりに重版され、同じく表紙を飾った月刊アニメ誌「PASH!」(主婦と生活社)も2012年の月刊化以来、過去最高の発行部数となっている。

「おそ松さん」、マーガレットでまさかの「F7」を“結成” 「花より男子」の道明寺司が登場

マーガレット6号に付く「おそ松さん」のクリアファイル
マーガレット6号に付く「おそ松さん」のクリアファイル

 人気マンガ「花より男子」の人気キャラクター・道明寺司が、人気アニメ「おそ松さん」の六つ子とコラボし、まさかの「F7」を“結成”したことが2月20日、明らかになった。同日発売のマンガ誌「マーガレット」(集英社)6号で、「花より男子」の作者・神尾葉子さんが六つ子のイラストを描き下ろし、六つ子に紛れて道明寺司が登場。トド松が「なんかひとりまざってるよっ」と突っ込んでいる。

 マーガレットには、8ページのとじ込み付録「おそ松さん×マーガレットSPコラボブック」が付き、表紙イラストを神尾さんが執筆。アニメ「おそ松さん」の第1話では、「花より男子」のイケメン4人グループ「F4」をパロディーにした「F6」が“結成”されるシーンがあり、アニメファンの話題をさらったが、今度はそれを上回る「F7」を“結成”した形になった。付録には、「神風怪盗ジャンヌ」の種村有菜さんら6人のマンガ家が自らの好きなキャラクター「推し松」を描いている。マーガレットには、とじ込み付録に加えて、おそ松さんのクリアファイルも付く。

 「おそ松さん」は、故・赤塚不二夫さんのマンガ「おそ松くん」の六つ子が成長して、ちょっとダメな大人になった姿が描かれているテレビアニメ。六つ子を櫻井孝宏さんや神谷浩史さんら人気声優が演じ、過激なギャグやパロディー描写などもあって人気を集めており、「おそ松さん」が表紙を飾った「月刊アニメージュ」(徳間書店)2月号が約36年ぶりに重版され、同じく表紙を飾った月刊アニメ誌「PASH!」(主婦と生活社)も2012年の月刊化以来、過去最高の発行部数となっている。

「おそ松さん」グッズが続々 メーカー熱視線 <ジャパン アミューズメント エキスポ2016>

「ジャパン アミューズメント エキスポ2016」に展示されている「おそ松さん」のグッズ
「ジャパン アミューズメント エキスポ2016」に展示されている「おそ松さん」のグッズ

 女性アニメファンを中心に人気のテレビアニメ「おそ松さん」の新作グッズが、2月19日、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催中の最新アーケードゲームの展示会「ジャパン アミューズメント エキスポ2016」(JAEPO2016)で続々と展示されている。

 バンプレストではフィギュア、フリューはぬいぐるみやポーチなどを展示。クレーンゲームなどのプライズ(景品)として登場する。関係者は「『おそ松さん』のグッズは10~20代の女性を中心にすごく人気がある。アニメが終わっても勢いが続くかもしれない。今後もグッズは増えていきそう」と今後にも期待しているようで、まだまだブームは続きそうだ。

 JAEPOは、日本アミューズメントマシン協会(JAMMA)と全日本アミューズメント施設営業者協会連合会(AOU)などが主催。最新のアーケードゲーム機やクレーンゲームの景品、関連製品などが展示されている。19日は関係者向けのビジネスデーで、20日は一般公開日となる。入場料は1000円、小学生以下と60歳以上は無料。

おそ松さん
おそ松さん
おそ松さん
おそ松さん
おそ松さん
おそ松さん

「おそ松さん」、侍ジャパンとのコラボビジュアル公開 六つ子がユニホーム姿に

「おそ松さん」と野球日本代表「侍ジャパン」のコラボビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
「おそ松さん」と野球日本代表「侍ジャパン」のコラボビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 テレビアニメ「おそ松さん」と野球日本代表「侍ジャパン」のコラボビジュアルが2月18日、公開された。六つ子やイヤミ、チビ太、ハタ坊が侍ジャパンのユニホームに身を包んだ姿が描かれている。

 今回のコラボでは、3月5日にナゴヤドーム(名古屋市東区)、同6日に京セラドーム大阪(大阪市西区)で開催される侍ジャパンの試合で、一部観戦席を「おそ松さんシート」として販売し、ベースボールカードやカードホルダー、ミニポスターなどのオリジナルグッズをプレゼント。チケットは既に完売しているが、試合当日には、パーカやクリアファイル、てぬぐいなどのコラボグッズも販売される。

(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

「おそ松さん」のアニメ2期オープニングが2位 オリコン週間シングル

アニメ「おそ松さん」の第2期オープニング曲「全力バタンキュー」(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
アニメ「おそ松さん」の第2期オープニング曲「全力バタンキュー」(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 2月16日に発表されたオリコン週間シングルランキング(22日付)によると、アニメ「おそ松さん」の第2期オープニング曲「全力バタンキュー」(10日発売)が、発売初週で約2万5000枚を売り上げ、初登場で2位にランクインした。

 「おそ松さん」関連のシングルでは、アニメ第1期オープニング曲「はなまるぴっぴはよいこだけ」の15位、第1期のエンディング曲「SIX SAME FACES~今夜は最高!!!!!!~」の3位をいずれも上回る最高成績となった。

 「全力バタンキュー」は、荻野沙織さんら6人で構成されるアイドルグループ「A応P(エーオウピー)」の曲。A応Pは、第1期のオープニング曲「はなまるぴっぴはよいこだけ」も担当したが、順位を大きく伸ばし、シングルランキングで初めてトップ3入りを果たした。

 シングルの1位は、5月1日の東京ドーム公演で「充電期間に入る」と発表した人気グループKAT-TUNのシングル「TRAGEDY」(10日発売)で、約12万9000枚を売り上げた。

「おそ松さん」、「YOU」で描き下ろしポストカード 7月に小説版も発売へ

マンガ「おそ松さん」の描き下ろしポストカード=集英社提供
マンガ「おそ松さん」の描き下ろしポストカード=集英社提供

 テレビアニメが人気を博しているマンガ「おそ松さん」の描き下ろしポストカードが、2月15日発売のマンガ誌「YOU」(集英社)3月号に付く。マンガを手掛けるシタラマサコさんが手掛けたもので2種類あり、一つはイヤミと六つ子、もう一つは六つ子がサルのコスプレをしたデザインになっている。また7月下旬に小説版が発売されることも告知される。

 「おそ松さん」のマンガ版は、「ギャルジャポン」などを手掛けたシタラさん作で、アニメの製作委員会が監修し、1月から連載を始めた。3月号では、イヤミの婚活など、3話が掲載されている。

「おそ松さん」、「別冊マーガレット」にスピンオフ読み切りマンガ

「別冊マーガレット」に掲載されたマンガ「ギャルジャポン×おそ松さん」の扉絵ページ
「別冊マーガレット」に掲載されたマンガ「ギャルジャポン×おそ松さん」の扉絵ページ

 テレビアニメが人気を博しているマンガ「おそ松さん」のスピンオフ読み切りが、2月13日発売の「別冊マーガレット」3月号に掲載された。タイトルは「ギャルジャポン×おそ松さん」で、「おそ松さん」のマンガ版を手掛ける作者のシタラマサコさんが、自身のマンガ「ギャルジャポン」のキャラクターを登場させ、六つ子たちと“対決”する。

 マンガ「おそ松さん」は、シタラさんのオリジナルストーリーで、アニメの製作委員会が監修して、1月から「月刊YOU」で連載している。2月15日発売の同誌3月号では、イヤミの婚活など3話が掲載されている。キャラクター紹介ページも掲載され、7月下旬には小説版が発売されることも告知されている。

「おそ松さん」 渋谷パルコでバレンタインイベント 大江戸温泉物語などコラボ続々

「おそ松さん」と渋谷パルコのコラボイベント「おそ松さん×渋谷パルコ バレンタインデーイベント『LOVE松さん』」のビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
「おそ松さん」と渋谷パルコのコラボイベント「おそ松さん×渋谷パルコ バレンタインデーイベント『LOVE松さん』」のビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 人気テレビアニメ「おそ松さん」と東京・渋谷のファッションビル・渋谷パルコのコラボイベント「おそ松さん×渋谷パルコ バレンタインデーイベント『LOVE松さん』」が2月13~29日に開催されることが分かった。また、東京・お台場の温泉テーマパーク「大江戸温泉物語」やテレビ東京のイメージキャラクター・ナナナとコラボすることも発表され、「おそ松さん」の“コラボブーム”も盛り上がっている。

 渋谷パルコのコラボイベントのテーマはバレンタインデーで、14日には「LOVE松さん絵柄クッキー」を配布。施設内に隠れている“エスパーニャンコ”を探すゲームを実施される。大きなハートを手にした六つ子が描かれたイベントのビジュアルも公開された。

 大江戸温泉物語のコラボイベント「おんせん松さん(仮)」は4月に開催。コラボグッズが販売されるほか、コラボフードを提供する。ナナナとのコラボでは、六つ子がナナナと一緒に働く様子を描いたグッズが登場する。

(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

月刊アニメ誌「PASH!」、「おそ松さん」効果で過去最高初版10万部

10万部以上が発行されることになった「PASH!」3月号の表紙
10万部以上が発行されることになった「PASH!」3月号の表紙

 2月10日に発売される人気アニメ「おそ松さん」が表紙の月刊アニメ誌「PASH!」(主婦と生活社)3月号が10万部以上、発行されることが分かった。2012年の月刊化以来、過去最高の発行部数となり、関係者によると「通常よりもかなり多い部数」という。「おそ松さん」のポスターを付録にした同誌1月号、2月号がともに完売・重版するなど好調だったことを受けて、10万部の大台で発行することになったようだ。

 「PASH!」3月号は、「おそ松さん」が表紙と巻頭特集を飾るほか、付録として同作のクリアファイルやポスターが付く。特集には、カラ松役の中村悠一さんと一松役の福山潤さんの対談、藤田陽一監督とシリーズ構成の松原秀さんの対談などが掲載される。

 「おそ松さん」は、赤塚不二夫さんのマンガ「おそ松くん」を約27年ぶりにテレビアニメ化。おそ松ら六つ子が成長して大人になった姿が描かれている。六つ子を櫻井孝宏さんや神谷浩史さんら人気声優が演じ、過激なギャグやパロディー描写などもあって人気を集めており、同作が表紙を飾った「月刊アニメージュ」(徳間書店)2月号が1980年3月号以来、約36年ぶりに重版されるなどアニメ誌は“おそ松バブル”に沸いている。

おそ松さん
おそ松さん
おそ松さん

「おそ松さん」ゲームも大盛り上がり!スマホゲームが6日間で事前予約40万人突破 

「おそ松さんのへそくりウォーズ~ニートの攻防~」のゲーム画面(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
「おそ松さんのへそくりウォーズ~ニートの攻防~」のゲーム画面(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 女性を中心に人気のテレビアニメ「おそ松さん」の初のスマートフォン向けゲーム「おそ松さんのへそくりウォーズ~ニートの攻防~」が、1月28日の事前予約開始から6日で、登録者数が40万人を突破したことが分かった。初日に10万人を超える登録があるなど人気で、ゲームもスタート前から早くも“おそ松フィーバー”が巻き起こっている。

 「おそ松さんのへそくりウォーズ~ニートの攻防~」は、松野家の六つ子たちのへそくりをイヤミ、チビ太、デカパンなどから守るゲーム。描き下ろしイラストやオリジナル衣装のキャラクターなども登場する。基本プレー無料で、アプリ内課金がある。事前予約は3日午後11時59分まで。ゲームは近日配信予定。

(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

「おそ松さん」映像ソフトも大人気! BD1巻が3.6万枚、DVDも4.3万枚 

「おそ松さん」のBD、DVD1巻のジャケット(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
「おそ松さん」のBD、DVD1巻のジャケット(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 3日に発売されたオリコン週間ブルーレイディスク(BD)ランキング(2月8日付)によると、テレビアニメ「おそ松さん」のBD1巻(1月29日発売)が発売初週に約3万6000枚を売り上げ、アニメ部門の首位に輝き、総合部門の2位にランクインした。DVD1巻(同日発売)は発売初週に約4万3000枚を売り上げ、DVDランキングのアニメ部門の首位に輝き、総合部門の3位にランクイン。「おそ松さん」は女性アニメファンから支持を集めており、表紙を飾ったアニメ雑誌が重版されるほど人気で、映像ソフトも“おそ松バブル”に沸いているようだ。

 BD、DVDランキングの総合部門の首位は、いずれも人気グループ「関ジャニ∞」のイベントの模様を収録した「関ジャニ∞リサイタル お前のハートをつかんだる!!」(1月27日発売)で、BDが約5万3000枚、DVDが約13万3000枚をそれぞれ売り上げた。

 BD、DVD1巻には第2話と第3話「宇宙」、第3.5話が収録されているほか、5月に開催されるイベントの優先販売申し込み券やラテアートシート(全6種類)、ブックレットなどが封入されている。

「おそ松さん」、初のスマホゲーム配信 ゲーム続々

「おそ松さん」のスマートフォン向けゲーム「おそ松さんのへそくりウォーズ~ニートの攻防~」のゲーム画面
「おそ松さん」のスマートフォン向けゲーム「おそ松さんのへそくりウォーズ~ニートの攻防~」のゲーム画面

 女性を中心に人気のテレビアニメ「おそ松さん」の初のスマートフォン向けゲーム「おそ松さんのへそくりウォーズ~ニートの攻防~」が配信されることが分かった。近日配信予定でアニメの公式サイトで事前予約を受け付けている。さらに、3本のブラウザーゲーム「おそ松さんのブラック工場」「トト子に貢ぎ隊」「推し松クイズバトル」も2月以降に配信され、ゲームにも“おそ松フィーバー”が巻き起こりそうだ。

 「おそ松さんのへそくりウォーズ~ニートの攻防~」は、松野家の六つ子たちのへそくりをイヤミ、チビ太、デカパンなどから守るゲーム。描き下ろしイラストやオリジナル衣装のキャラクターなども登場する。基本プレー無料で、アプリ内課金がある。

 ブラウザーゲームはいずれもYahoo!ゲームのかんたんゲームで配信。「おそ松さんのブラック工場」はプレーヤーが工場で働き、タイミングよく生産物をクリックしてプレーする。「トト子に貢ぎ隊」は、トト子ちゃんにプレゼントを貢ぐゲームで、イヤがるモノをプレゼントされるとブッ飛ばされる。「推し松クイズバトル」は“推し松”がクイズを出題するクイズゲームとなる。

おそ松さん
おそ松さん
おそ松さん

「おそ松さん」、アニメイトカフェとコラボ 六つ子のオリジナルメニューや限定グッズも

人気アニメ「おそ松さん」とコラボした「アニメイトカフェ池袋3号店」の店内 
人気アニメ「おそ松さん」とコラボした「アニメイトカフェ池袋3号店」の店内 

 女性ファンを中心に人気のテレビアニメ「おそ松さん」と、人気アニメなどのコラボメニューや商品を提供するコンセプトカフェ「アニメイトカフェ」の新店舗「アニメイトカフェ池袋3号店」(東京都豊島区)のコラボレーションが1月27日から始まった。2月14日まで。「トッティー作キャラメルフラペチ」(600円)など、六つ子やイヤミをイメージしたオリジナルメニューが楽しめるほか、限定グッズも販売する。カフェは公式サイトからの抽選予約制で、関係者によると「満席以上」の応募があるという。

 「アニメイトカフェ池袋3号店」は池袋エリア3店舗目のアニメイトカフェとして東池袋の「プラザイン池袋」3階に同日オープン。「おそ松さん」はコラボ第1弾で、“トッティ”ことトド松がカフェでアルバイトしていた放送回をイメージした「トッティー作キャラメルフラペチ」、“松マーク”の焼き印が押された今川焼き「どうやって分けんだよこの今川焼き」(3個1000円)などが用意された。

 また、「おそ松の赤しそレモンドリンク」「カラ松ガールズに捧ぐソーダ」「チョロ松のサイリウム抹茶オレ」「一松とエスパーニャンコの野菜ソーダ」「十四松のハッスルハッスルドリンク」「トド松の女子力タピオカいちごドリンク」「イヤミのおフランス気分なカフェオ~レ」「松チーノ」(各500円)といったドリンクも販売。メニューを注文すると、特典としてキャラクターがデザインされたコースター(全12種類)をランダムでもらうことができる。

 また、同店ではアニメイトカフェ初の試みとして謎解きイベント「ナゾメイト」も実施。「おそ松さん×ナゾメイト フラッグコーポレーション入社試験」と題して、アニメに登場する日本有数の大企業・フラッグコーポレーションへの入社試験という形で行われ、参加者は特典獲得を目指してさまざまな謎を解いていく。参加キット購入費は1500円。

 このほか、店内では「アクリルファスナーチャーム6つ子セット」(1800円)や「A4クリアファイル」(378円)など7種類の限定グッズも販売する。「おそ松さん」とのコラボは、「アニメイトカフェショップ新宿」「アニメイトカフェキッチンカー池袋」でも展開中。謎解きイベント「ナゾメイト」は池袋3号店のみの開催。

おそ松さん
おそ松さん
おそ松さん
おそ松さん
おそ松さん
おそ松さん

「おそ松さん」グッズも“おそ松バブル” エスパーニャンコぬいぐるみなど続々

タカラトミーアーツの「2016新春商談会」でお披露目された「おそ松さん」のグッズ
タカラトミーアーツの「2016新春商談会」でお披露目された「おそ松さん」のグッズ

 女性アニメファンを中心に人気のテレビアニメ「おそ松さん」の新作グッズが1月20日、両国KFCホールアネックス(東京都墨田区)で開催されたタカラトミーアーツの関係者向けの「2016新春商談会」でお披露目された。5月発売のエスパーニャンコのぬいぐるみ(3200円・税抜き、以下同)などを展示。タカラトミーアーツの担当者によると、グッズは発売前からファンの間で話題になっているといい、「アニメグッズ専門店などの問い合わせや予約が多数寄せられている。深夜アニメのグッズとしては過去に例がないほどの人気」とグッズも“おそ松バブル”に沸いているようだ。

 商談会では、6月発売のデフォルメキャラクターのぬいぐるみ「おそ松さん ビーンズぬいぐるみ」(1600円)、4月発売予定のクリップ「でふぉめくりっぷ おそ松さん」(650円)や3月発売予定のキーホルダー「ぴた!でふぉめ おそ松さん アクリルキーホルダー」(580円)も展示されている。商談会は関係者向けに21日まで開催。

 「おそ松さん」は、故赤塚不二夫さんのマンガ「おそ松くん」を約27年ぶりにテレビアニメ化。おそ松ら六つ子が成長して大人になった姿が描かれている。櫻井孝宏さんや神谷浩史さんら人気声優が六つ子を演じており、昨年10月にテレビ東京ほかで放送がスタートすると、過激なギャグやパロディー描写などが話題になり、女性アニメファンを中心に人気を集めている。同作が表紙の「月刊アニメージュ」(徳間書店)2月号などのアニメ誌の売り切れが相次いでいることも話題になっている。

おそ松さん
おそ松さん
おそ松さん
おそ松さん

<特集>「おそ松さん」 “マツノミクス”でアニメ誌が続々重版 一方、業界全体の盛り上がりは…

重版されることになった(左から)「PASH!」2月号、「月刊アニメージュ」2月号、「アニメディア」2月号
重版されることになった(左から)「PASH!」2月号、「月刊アニメージュ」2月号、「アニメディア」2月号

 テレビアニメ「おそ松さん」の人気の影響で「アニメディア」(学研プラス)や「月刊アニメージュ」(徳間書店)などアニメ誌が売り切れ、「月刊アニメージュ」2月号は約36年ぶり、「アニメディア」2月号は1981年の創刊から35年で初の重版を決めたことが話題を集めている。出版不況の中、バブルが巻き起こっているようにも見えるが、「アニメディア」の馬渕悠編集長は「アニメ業界全体が盛り上がってるわけではありません。アベノミクスのように一部では好景気になっている一方で、恩恵を感じていない人もいる。“マツノミクス”と言えるかもしれません」とも話す。

 ◇「アニメージュ」は36年ぶり重版

 9日に発売された「月刊アニメージュ」2月号は、「おそ松さん」の表紙が人気となり、「機動戦士ガンダム」のマチルダが表紙を飾った1980年3月号以来、約36年ぶりの重版が決定。同じく9日発売の「アニメディア」2月号は「おそ松さん」のピンナップ、「オトメディア」2月号(学研プラス)は同作の付録のクリアファイルが人気で重版されることになった。さらに、同作のポスターが付録の「PASH!」(主婦と生活社)1、2月号もそれぞれ重版された。

 「おそ松さん」は、故赤塚不二夫さんのマンガ「おそ松くん」を約27年ぶりにテレビアニメ化。おそ松ら六つ子が成長して大人になった姿が描かれている。櫻井孝宏さんや神谷浩史さんら人気声優が六つ子を演じており、昨年10月にテレビ東京ほかで放送がスタートすると、過激なギャグやパロディー描写などが話題になり、女性アニメファンを中心に人気を集めている。

 ◇業界全体が盛り上がっているわけでは…

 女性アニメファンの“聖地”とも呼ばれる東京・池袋のアニメグッズ専門店では「月刊アニメージュ」2月号が発売日に売り切れが相次ぎ、入手困難な状況が続いている。馬渕編集長によると、アニメ誌は「半年ほど前は売り上げが落ち込んでいた」と苦しい時期もあったようだが、“おそ松バブル”に沸いているようだ。一方で「アニメ誌が重版されることが話題になり、アニメ業界が盛り上がっているようにも見えるが、そういうわけではない」とも話す。

 近年、1クールに30本以上にもおよぶ深夜アニメが放送されているが、馬渕編集長は「『おそ松さん』のような大ヒット作が生まれる一方で、苦しい作品も多い。ヒット作が生まれないクールもあり、アニメ業界のマーケット自体が伸びているわけではない。アベノミクスのように一部では好景気になっている一方で、恩恵を感じていない人もいる。“マツノミクス”とも言えるかもしれません」と業界全体が盛り上げっているわけではないことを強調する。

 また、馬渕編集長は「『おそ松さん』の人気は放送が終わった後も続くとは思いますが、今後、アニメ誌がどうなるかは分からない」とも話す。マツノミクスの効果が今後も続くかが注目される。

<マンガ新連載>「おそ松さん」 アニメで人気爆発の六つ子がオリジナルストーリーで活躍

マンガ「おそ松さん」のイラスト=集英社提供
マンガ「おそ松さん」のイラスト=集英社提供

 雑誌やウェブで始まった注目作を取り上げる「マンガ新連載」。シタラマサコさんのマンガ「おそ松さん」が、1月15日発売の月刊マンガ誌「YOU」2月号で始まった。アニメ版とは異なるオリジナルストーリーで展開。今号は一気に2話が掲載された。

 「おそ松さん」は、1962年に「週刊少年サンデー」(小学館)で連載された故・赤塚不二夫さんの「おそ松くん」を基にした作品で、おそ松ら六つ子が成長してトラブルを巻き起こす姿が描かれる。2015年10月から放送されているテレビアニメは、櫻井孝宏さんや神谷浩史さんら人気声優を並べたキャスティングに加え、強烈なパロディー色を打ち出した作風が人気を博している。

 第1話は、20歳を超えた無職の息子6人がそろって母におやつをせがみ、あまりの情けなさにキレた母から「そこのバカニート共並べ」と説教されるシーンから始まる。

 ◇集英社 月刊YOU編集部 薮春彦

 自身の連載作「ギャルジャポン」では強烈な個性を持ちつつも、どこか現実にいそうなクセのあるキャラを描いていたシタラさんが、六つ子を描くのを見てみたい!ということで今回シタラさんにマンガ化をお願いしました。その後、アニメの放送が始まり、反響も日に日に大きくなっていく中でプレッシャーもあったでしょうが、アニメ「おそ松さん」の世界観・キャラクターの魅力を大事にしつつ、シタラさんのギャグマンガ力が存分に発揮された楽しいネームができたのではないかと思います。

 マンガ「おそ松さん」の第1話はマンガ「おそ松くん」の第1話から着想を得ているネタです。アニメ、原作マンガとあわせて、マンガ版「おそ松さん」も楽しんでいただけるとうれしいです。

アニメディア&オトメディア、学研のアニメ誌が創刊35年で初の重版 「おそ松さん」人気で「アニメージュ」に続き

重版されることになった「アニメディア」2月号(左)と「オトメディア」2月号
重版されることになった「アニメディア」2月号(左)と「オトメディア」2月号

 1月9日に発売された月刊アニメ誌「アニメディア」と「オトメディア」(ともに学研プラス)2月号が重版されることが14日、分かった。「アニメディア」は女性アニメファンから支持を集めているテレビアニメ「おそ松さん」のピンナップ、「オトメディア」は同作の付録のクリアファイルが人気で、売り切れ店が続出しているといい、「アニメディア」は1981年の創刊から35年で初めて重版されることになった。「アニメディア」は27日ごろ、「オトメディア」は25日ごろに重版分がそれぞれ店頭に並ぶ予定。

 「おそ松さん」が表紙の「月刊アニメージュ」(徳間書店)2月号も売り切れ店が続出し、「機動戦士ガンダム」のマチルダが表紙を飾った1980年3月号以来、約36年ぶりに重版されることが話題になっている。さらに、同作のポスターが付録の月刊アニメ誌「PASH!」(主婦と生活社)1、2月号もそれぞれ重版され、アニメ誌は“おそ松バブル”に沸いているようだ。

 「アニメディア」の編集部は「お客様、販売店様からの多数の問い合わせを頂戴した結果、昨年末の部数決定時に急きょ初刷部数を増やす対応をいたしましたが、適切な部数を発売日に送り届けることができませんでした。より多くのアニメファンのみなさまに、さまざまなアニメ作品の情報やビジュアルを楽しんでいただきたいという思いから、このたび『アニメディア』2月号および『オトメディア』2月号の重版を決定いたしました」とコメントしている。

「おそ松さん」デフォルメキャラ「こえだらいず」に トッティも

「こえだらいずR おそ松さん」のトッティ(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会.(C)TOMY
「こえだらいずR おそ松さん」のトッティ(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会.(C)TOMY

 女性を中心に人気のテレビアニメ「おそ松さん」とタカラトミーのデフォルメキャラクターのグッズ「こえだらいず」のコラボ商品が発売されることが分かった。可愛くデフォルメされた六つ子のフィギュアやラバーストラップなどで、1月13日からタカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」などで予約受け付けが始まった。

 ラバーストラップ「こえだらいずR おそ松さん」は、六つ子をはじめ、エプロン姿のトッティ(トド松)、エスパーニャンコの全8種類(各500円、税抜き・以下同)で4月下旬に、六つ子のフィギュア「こえだらいず14 おそ松さん」は全6種類(各680円)で5月下旬に発売される予定。

 「こえだらいず」は、1970年代から人気の玩具「こえだちゃん」をベースとしたデフォルメキャラクターのグッズで、第1弾が2013年に発売。これまで「劇場版魔法少女まどか☆マギカ」「ハイキュー!!」「カードキャプターさくら」などとのコラボ商品が発売されてきた。

(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会.(C)TOMY
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会.(C)TOMY
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会.(C)TOMY
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会.(C)TOMY
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会.(C)TOMY
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会.(C)TOMY
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会.(C)TOMY
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会.(C)TOMY
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会.(C)TOMY
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会.(C)TOMY
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会.(C)TOMY
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会.(C)TOMY

月刊アニメ誌「アニメージュ」、「おそ松さん」効果で36年ぶり重版 ファーストガンダム以来

重版が決まった「おそ松さん」が表紙の「月刊アニメージュ」2月号
重版が決まった「おそ松さん」が表紙の「月刊アニメージュ」2月号

 9日に発売された徳間書店の月刊アニメ誌「月刊アニメージュ」2月号が重版されることが1月12日、分かった。女性アニメファンから支持を集めているテレビアニメ「おそ松さん」の表紙や特集、付録のミニクリアファイルセットが人気で、売り切れ店が続出し、定期刊行の雑誌では異例の重版が実施されることになった。同誌が重版されるのは、「機動戦士ガンダム」のマチルダが表紙を飾った1980年3月号以来、約36年ぶりという。重版分が店頭に並ぶ時期などは今後、公式サイトなどで発表される。

 「おそ松さん」のポスターが付録の月刊アニメ誌「PASH!」(主婦と生活社)1、2月号もそれぞれ重版されたことも話題になっており、アニメ誌は“おそ松バブル”に沸いているようだ。

アニメージュ提供
アニメージュ提供
アニメージュ提供
アニメージュ提供
アニメージュ提供
アニメージュ提供

月刊アニメ誌「PASH!」、予約分完売で発売前にさらに1万2000部重版 「おそ松さん」効果で

「PASH!」2月号と付録の「おそ松さん」「映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-」のポスター
「PASH!」2月号と付録の「おそ松さん」「映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-」のポスター

 1月9日に発売される主婦と生活社の月刊アニメ誌「PASH!」2016年2月号が、発売前の予約分が完売間近となり、約1万2000部を重版することが8日、分かった。2月号は従来の発行部数より約1万部多く用意していたが、読者からの問い合わせが殺到したためという。

 12月10日に発売された同誌の2016年1月号は、女性アニメファンから支持を集めている「おそ松さん」の付録のポスターやパスケースの応募者全員サービスなどが人気で、発売5日間で完売し、約1万部を重版していた。

 2月号は劇場版アニメ「映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-」や「おそ松さん」、「ノラガミ ARAGOTO」の特集が掲載され、「おそ松さん」「ハイ☆スピード!」のポスターが付属する。価格は1000円。

おそ松さん

「おそ松さん」侍ジャパンとコラボ 十四松も「ボエーッ!」と歓喜

「おそ松さん」と野球日本代表「侍ジャパン」のコラボのイメージビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
「おそ松さん」と野球日本代表「侍ジャパン」のコラボのイメージビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 テレビアニメ「おそ松さん」と野球日本代表「侍ジャパン」がコラボすることが1月6日、分かった。3月5日にナゴヤドーム(名古屋市東区)と3月6日に京セラドーム大阪(大阪市西区)で開催される試合の一部観戦席が「おそ松さんシート」として販売される。チケットは三塁側S指定席を各300席限定で4000円で販売され、オリジナルグッズのベースボールカードやカードホルダー、ミニポスターがプレゼントされる。

 野球好きというキャラクターの十四松は「ボエーッ! どうもー! どもどもどもどもどうもー! 野球が大っ好きな松野家五男の十四松でーっすぅー! テレビアニメ『おそ松さん』がなーっんとー!とぅとぅとぅとぅーっ! 『侍ジャパン』とコラボしちゃボエーッ! コラボしちゃうよー! みんな僕と一緒に応援しボエーッ! 応ボエーッ! 応援しようねー!日本の野球って強いよね! ふっかツーシーム! ありが盗塁王!おはよんっ、ろくっ、さんの~、ボエーッ! 侍ジャパンを家宝にすっぺぇ~~!」とコメントを寄せている。

(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

月刊アニメ誌「PASH!」、“おそ松さん効果”で完売のアニメ誌 次号も1万部増

「PASH!」2月号と付録の「おそ松さん」「映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-」のポスター
「PASH!」2月号と付録の「おそ松さん」「映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-」のポスター

 1月9日に発売される主婦と生活社の月刊アニメ誌「PASH!」2月号の付録のアニメ「おそ松さん」のポスターが5日、公開された。ポスターは六つ子が布団に入りながら正月を楽しむ姿が描かれている。「おそ松さん」のポスターが付録となった同誌1月号は、12月10日の発売から5日で約6万部が完売し、重版した約1万部も完売するほど人気になったことから、また話題になりそうだ。主婦と生活社によると2月号は通常より約1万部多く発行するという。

 「PASH!」2月号は劇場版アニメ「映画 ハイ☆スピード!-Free! Starting Days-」や「おそ松さん」、付録として「ノラガミ ARAGOTO」の特集が掲載され、「おそ松さん」「ハイ☆スピード!」のポスターが付属する。価格は1000円。

おそ松さん

「コミケ89」女性人気でおそ松さんグッズ早くも完売 “箸休め”の魅力?

おそ松さんグッズを販売する企業ブースには多くの女性ファンがつめかけた。
おそ松さんグッズを販売する企業ブースには多くの女性ファンがつめかけた。

 東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催されている日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)89」の企業ブースで、アニメ「おそ松さん」のグッズが人気を集めている。コミケ初出展の丸井グループは缶バッジなどが付いたセットを販売し、初日に開始1時間半で完売。また、同じくおそ松グッズを扱うエイベックス・ピクチャーズも数百人の行列を作るなど好評で、キャラグッズを扱うまさめやもオリジナルキーホルダーをセットで販売し開始1時間で完売した。今回の冬コミではおそ松さんのコスプレをする“おそ松girl”の姿が多く見られるが、グッズも若い女性を中心に人気を集めているようだ。

 丸井グループは、「おそ松さん」のフェルトバッジ3種、缶バッジ3種などが付く「おそ松さんミニ門松」のA、Bセット(ともに5000円)を販売。客層は7~8割が女性で、A、Bセットともに開始から1時間半で完売した。同社担当者は「シミュレーションはしていたが、お客様の集まり具合が想定以上だった」と予想を上回る売れ行きに驚いている。

 エイベックス・ピクチャーズでも“おそ松グッズ”が好調。ブースでは缶ミラーや缶バッジ、ハンドタオル、あぶらとり紙、フェースタオル、松せっけんなどがセットになった「『おそ松さん』推し松 女子力セット」(5000円)や、絵馬やチャーム、トートバッグ、おみくじなどがセットの「『おそ松さん』新春セット」(3500円)を販売。アニメ放送時から女性からの支持が大きかったため、女性向けのグッズとして「女子力セット」を発案した。読み通り、ここでも行列の9割が女性客といい、ピーク時には数百人の待機列ができていた。

 また、おそ松さんのキャラクターが瓶に入れられたデザインのキーホルダー「おそ松さん びんきゃらホルダー」の6種セット(4500円)を販売するまさめやのブースでは、コミケ初日、2日目ともに開始後1時間でセットが完売した。客層は20代前半の女性が圧倒的といい、同社担当者は、完売は「予想通り」と喜ぶ。同社では秋口から「おそ松さん びんきゃらホルダー」をアニメイトなどで販売しており、より認知度を高めるために今回コミケでの販売を決めたという。

 関係者は、おそ松さんの人気について「シンプルなイケメンじゃないところがいいのでは。箸休めというか、今までと違う入り方ができたのだと思う」と分析。また、おそ松ブームについては「もともと他に好きな作品やキャラがありつつ、ちょっとおそ松さんにも手を出してみる、というゆるいファンが多い傾向があると思う。ブームは今がピークなのでは」とみているようだ。

 コミケは、1975年に始まったマンガや小説、ゲーム、音楽などの同人誌の即売会で、現在は夏と冬の年2回開催されている。ブースには、同人誌を販売する一般ブースと商業作品を扱う企業ブースがあり、企業ブースは、95年夏から導入され、96年冬から本格的にスタートした。企業ブースは出版社やアニメ会社、ゲームメーカーの出展が大半だったが、近年はホンダやグーグル、マイクロソフトなどさまざまな“無縁企業”が出展している。

おそ松さん
おそ松さん
おそ松さん
おそ松さん
おそ松さん
おそ松さん

丸井、コミケ89に初出展 “おそ松さん”グッズに長い列 “おそ松門松”は早々に完売

コミケ89に初出展した丸井グループのブースに展示されたおそ松さんの正月イラスト
コミケ89に初出展した丸井グループのブースに展示されたおそ松さんの正月イラスト

 東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催されている日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)89」の企業ブースに、丸井グループが初出展している。ブースでは、「おそ松さん」の缶バッジなどのアニメグッズを販売。若い女性客を中心に行列ができるなど好評で、同社担当者は「想定以上」と手応えを語っている。

 同社では10月に「アニメ事業部開設準備室」を設置し、アニメイベントの企画などを展開。渋谷マルイや新宿マルイアネックスを中心に店舗でアニメイベントを実施しているが、同社担当者によると「ファッションのマルイというイメージが強く、アニメの丸井というのは大多数の方にピンときていただけない」という。そうした背景から、コミケに出展して“アニメのマルイ”の「認知向上につなげたい」と考え、今回出展を決めた。

 ブースでは、現在アニメが放送されている「おそ松さん」のフェルトバッジ3種、缶バッジ3種などが付く「おそ松さんミニ門松」のA、Bセット(ともに5000円)や、「コードギアス」シリーズなどのグッズを販売している。中でも「おそ松さんミニ門松」が好評で、A、Bセットともに開始から1時間半で完売。7~8割が女性客という。同社担当者は「シミュレーションはしていたが、お客様の集まり具合が想定以上だった」と話している。なお、次回以降の参加については未定としている。

おそ松さん
おそ松さん
おそ松さん
おそ松さん

「コミケ89」コスプレはカジュアルな“おそ松girl”が続々 「ラブライブ!」も人気

「コミックマーケット89」に登場した「おそ松さん」のコスプレーヤー
「コミックマーケット89」に登場した「おそ松さん」のコスプレーヤー

 12月29日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開幕した日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)89」のコスプレエリアでは、人気キャラクターに扮(ふん)したコスプレーヤーが自慢の衣装を披露している。コミケでは毎回、そのときの流行を反映したコスプレが披露されるが、大みそかに放送される「第66回NHK紅白歌合戦」に声優陣が出場することも話題の「ラブライブ!」が人気のほか、“おそ松girl”などと呼ばれる「おそ松さん」の女性ファンの姿が多く見られた。

 コスプレタレントの綾川ゆんまおさんは人気の「おそ松さん」のコスプレーヤーについて「『おそ松さん』の10代の姿が目立っていた。パーカやつなぎなどの衣装やかつらをかぶるだけで再現できるため、簡単で気軽。例えば、一松のボサボサの髪形、カラ松はメークをキリッとしていたり、アレンジでキャラの個性を演出する楽しみもある。カジュアルにコスプレを楽しんでいるようです」と分析しており、コスプレ初心者も多かったようだ。

 また、「ラブライブ!」はコスプレも人気で、綾川さんは「この2年ほどコスプレの人気が衰えていないようです」と話している。ほかにも「刀剣乱舞-ONLINE-」「ワンパンマン」「ハイキュー!!」「干物妹!うまるちゃん」などのコスプレも人気を集めていた。

 コミケは、1975年に始まったマンガやアニメ、小説、ゲーム、音楽などの同人誌の即売会で、現在は夏と冬の年2回開催されている。コスプレは近年“長もの”と呼ばれる小道具の使用を認めたり、撮影が可能なエリアを拡大するなどルールが変更された。コミケでコスプレをするには1日あたり800円の登録料が必要。

おそ松さん
おそ松さん
出典:YouTube

「おそ松さん」エンディングテーマがオリコントップ3入り CDも人気で発売初週6万7000枚

「おそ松さん」のエンディングテーマ「SIX SAME FACES ~今夜は最高!!!!!!~」のジャケット
「おそ松さん」のエンディングテーマ「SIX SAME FACES ~今夜は最高!!!!!!~」のジャケット

 22日に発表されたオリコン週間シングルランキング(12月28日付)によると、テレビアニメ「おそ松さん」のエンディングテーマ「SIX SAME FACES ~今夜は最高!!!!!!~」(16日発売)が、発売初週で約6万7000枚を売り上げ、3位にランクインした。同曲は、イヤミ役の鈴村健一さんやおそ松役の櫻井孝宏さん、カラ松役の中村悠一さん、チョロ松役の神谷浩史さんら六つ子役の人気声優が歌っていることから注目を集めており、トップ3入りを果たした。

 首位は人気グループ「Sexy Zone」の「カラフルEyes」(16日発売)で約17万3000枚、2位はダンス&ボーカルユニット「Flower」の「瞳の奥の銀河(ミルキーウェイ)」(16日発売)で約7万9000枚だった。

<特集>「おそ松さん」 六つ子に夢中の“おそ松girl”急増 人気の理由は

「おそ松さん」のビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
「おそ松さん」のビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 故・赤塚不二夫さんのマンガ「おそ松くん」を約27年ぶりにテレビアニメ化し、10月から放送されている「おそ松さん」(テレビ東京)が話題だ。ナンセンスギャグで子供たちに親しまれた原作マンガから一変、女性ファンが急増し、六つ子のファンを意味する“おそ松girl”、“カラ松girl”など“~松girl”を自称する女性も増えている。その理由と魅力を探った。

 「おそ松くん」は、1962年に「週刊少年サンデー」(小学館)で連載がスタートし、コミックスの累計発行部数は1000万部以上を誇る人気作。松野家のおそ松ら六つ子が巻き起こすドタバタを描いたギャグマンガで、イヤミの「シェー」と叫ぶギャグが流行語になったほか、チビ太、デカパン、トト子などのキャラクターも人気を集めた。

 10月から放送されている「おそ松さん」はテレビアニメとしては第3作目。赤塚さんの生誕80周年を記念した作品で、おそ松らが成長して大人になった姿が描かれている。放送開始から約3カ月だが、すでに数十種類のおそ松グッズが販売されているほか、六つ子のアートなどを施した“おそ松ネイル”、“ラテアート”などを楽しむファンも現れている。

 さらに、10日に発売された月刊アニメ誌「PASH!」2016年1月号(主婦と生活社)は、「おそ松さん」の付録のポスターやパスケースの応募者全員サービスなどが人気を集め、同社によると約6万部を完売し、約1万部を増刷することになった。また、女性向けの月刊マンガ誌「YOU」(集英社)でマンガ化されることも発表され、さらに女性ファンが集まりそうだ。

◇“イケボ”声優の起用がきっかけに

 第2作目までは、六つ子の声を「新世紀エヴァンゲリオン」の綾波レイなどの林原めぐみさん、「ポケモン」のサトシ役などの松本梨香さんと、主に女性声優が務めていた。しかし、今回は、櫻井孝宏さん(おそ松)、中村悠一さん(カラ松)、神谷浩史さん(チョロ松)、福山潤さん(一松)、小野大輔さん(十四松)を、入野自由さん(トド松)と、いわゆる“イケボ(イケメンボイス)”と言われる人気男性声優を起用した。

 キャスト発表の段階で注目を集め、女性ファンが「おそ松さん」を見始めるきっかけとなったが、放送開始後も、ドタバタギャグの応酬に加え、ある種のアドリブにも聞こえるような実力派声優陣の熱演が一層女性ファンを取り込むことになった。

◇個性豊かな六つ子と丁寧なキャラ作り

 「おそ松さん」では、六つ子が成長して大人になった姿が描かれていることから、6人がそれぞれの個性を持つ。“小6のメンタルのまま成長した奇跡のバカ”と説明されるおそ松を筆頭に、カラ松は六つ子の中では参謀のような存在で、基本的にクール。三男のチョロ松は唯一の常識人でツッコミ役など、甘えん坊、マイペースなど、それぞれ異なる性格を持つ。

 また、「おそ松さん」の六つ子はそれぞれ表情が異なり、ある程度見分けがつくようになっている。キャラクターデザインをしている浅野直之さんは以前のインタビューで「分かりやすくシンプルなシルエットと、カワイイけど少し毒のあるような色使いで、一度見たら印象に残るようなキャラクターになるよう心がけています」とコメント。丁寧なキャラクター作りが功を奏し、自分の好みの“推しメン”を見つけてSNS上で交流するなどし、作品に対する愛着を深めている。

◇女性にとって癒やしの作品に?

 大手アニメ雑誌「アニメディア」(学研プラス)の馬渕悠編集長は「女性のアニメファンがイケメン(アニメ)に疲れたのでは」と分析する。実際、アニメ誌の女性編集者の間でもそうした声が聞かれるという。また、シンプルな絵柄の「おそ松さん」は、イケメンが登場する作品と比べて、いわゆる“作画崩壊”が起きにくいのもメリット。回を重ねるごとに制作スケジュールが過密になっていき作画に影響するという事態は、テレビアニメではままあることだが、おそ松さんの場合はギャグアニメという前提も手伝って、作画の乱れが目立ちにくい。毎週放送を楽しみにしているファンをがっかりさせないのは、当然だがテレビアニメとして大切な要素なのだ。

 “イケボ”声優陣の熱演と丁寧なキャラ作りで人気の「おそ松さん」も、1月からいよいよ後半に入る。毎回話題を巻き起こす“毒”とエッジの効いた演出も相まって、人気はまだまだ加速しそうだ。

月刊アニメ誌「PASH!」、「おそ松さん」付録のアニメ誌が6万部完売 異例の1万部重版

重版が決まった「PASH!」2016年1月号と付録の「おそ松さん」のポスター
重版が決まった「PASH!」2016年1月号と付録の「おそ松さん」のポスター

 12月10日に発売された主婦と生活社の月刊アニメ誌「PASH!」2016年1月号が、発売から5日で約6万部が完売し、約1万部を重版することが17日、分かった。

 同号は、女性アニメファンから支持を集めている「おそ松さん」の付録のポスターやパスケースの応募者全員サービスなどが人気になっているという。重版分は28日ごろ、店頭に並ぶ予定。定期雑誌で重版を実施することは異例で、同社では「進撃の巨人」が表紙の「PASH!」13年8月号以来となった。

おそ松さん
出典:YouTube

「おそ松さん」オリジナルストーリーでまさかのマンガ化 女性マンガ誌「YOU」で連載へ

マンガ「おそ松さん」のイラスト=集英社提供
マンガ「おそ松さん」のイラスト=集英社提供

 故・赤塚不二夫さんのマンガ「おそ松くん」を約27年ぶりにテレビアニメ化して人気を博している「おそ松さん」が、2016年1月15日に発売される女性向け月刊マンガ誌「YOU」(集英社)16年2月号からマンガ化されることが12月14日、明らかになった。テレビアニメとは違うオリジナルストーリーで連載される。

 マンガ「おそ松さん」は、「別冊マーガレット」の「ギャルジャポン」などを手掛けたシタラマサコさんが手掛け、アニメの製作委員会が監修する。15日発売の同誌では、イラストと共に「クレージーな六つ子たちが大人になって帰ってきた!!」と告知される。

 「おそ松くん」は、1962年に「週刊少年サンデー」(小学館)で連載がスタートし、コミックスの累計発行部数は1000万部以上を誇る人気作。「おそ松さん」は、おそ松ら六つ子が成長して大人になった姿が描かれ、櫻井孝宏さんや神谷浩史さんら人気声優を並べたキャスティングに加え、強烈なパロディー色を打ち出した作風が人気を博している。 

丸井、コミケ89に初出展 「おそ松さん」グッズなど販売

夏に開催されたコミケ88の様子
夏に開催されたコミケ88の様子

 丸井グループが、東京ビッグサイト(東京都江東区)で12月29~31日に開催される日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット89」の企業ブースに出展することが分かった。「おそ松さん」などのアニメグッズの販売などを行うほか、丸井店舗で定期的に開催しているアニメイベントの宣伝も行う。担当者は「コミケ初出展を成功させ、丸井店内のアニメイベントを拡大していく」と狙いを話している。

 ブースでは、現在アニメが放送されている「おそ松さん」や、「コードギアス」シリーズなどのグッズを販売。また、渋谷マルイや新宿マルイアネックスを中心に実施しているアニメイベントの宣伝も行うほか、丸井グループの「エポスカード」の提携カード「オトメイトエポスカード」「カプコンエポスカード」の案内も行う。

 同社では10月に「アニメ事業部開設準備室」を設置しており、アニメイベントの企画などを進めている。今後は「地方でのイベント開催についても準備・検討を進めている」と話しており、詳細は順次発表していく方針。

 コミケは、1975年に始まったマンガや小説、ゲーム、音楽などの同人誌の即売会で、現在は夏と冬の年2回開催されている。ブースには、同人誌を販売する一般ブースと商業作品を扱う企業ブースがあり、企業ブースは、95年夏から導入され、96年冬から本格的にスタートした。企業ブースは出版社やアニメ会社、ゲームメーカーの出展が大半だったが、近年はホンダやグーグル、マイクロソフトなどさまざまな“無縁企業”が出展している。

「おそ松さん」キャラクターデザイン・浅野直之が魅力語る カワイイけど少し毒のあるキャラに 大変なこともいろいろ…

「おそ松さん」のビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
「おそ松さん」のビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は、故・赤塚不二夫さんのマンガ「おそ松くん」を約27年ぶりにテレビアニメ化した「おそ松さん」です。キャラクターデザインの浅野直之さんに作品の魅力を語ってもらいました。

 --作品の概要と魅力は?

 ニートで無職の六つ子たちがおかしな連中たちと現代を舞台に暴れまわるというか、バカ騒ぎするような話です。ただ、それだけだとくだらない内容のようにも思えますが、世の中くだらないことも大事ですからね。壮大なメッセージやテーマのない話は肩の力を抜いて気楽に楽しめたりしますし。

 録画してたわけじゃなく、チャンネル回していたらやっていたんだけど、見てみたらなかなか面白かったので次も見てみよう、というのもよいんじゃないかと。

 --アニメにするときに心がけたことは?

 ブラックで下品なネタは満載ですが、キャラクターの愛嬌(あいきょう)はなくさないように心掛けています。ただのイヤなヤツや悪いヤツ、という風にならないようにしたいなと。あと、全キャラクター特に誰も特別扱いせずに平等に罰を与えている気がします。

 絵的な部分でいうと、あまり線をごちゃごちゃさせずに、分かりやすくシンプルなシルエットで、カワイイけど少し毒のあるような色遣いで、一度見たら印象に残るようなキャラクターになるよう心がけてます。

 --作品を作る上でうれしかったこと、逆に大変だったことは?

 ティザービジュアルを公開した時に、カワイイとか、色遣いが好きとか反響がたくさんあったのがうれしかったです。当初は今時こんなシンプルなキャラクターでウケるのだろうかと心配していたので。あと、原作を全く知らない若い世代の人が原作に興味を持ってくださったりしたのもスゴイうれしいですね。

 大変だったのは、六つ子に個性を持たせるために試行錯誤していた時です。やり過ぎると六つ子じゃなくなるし、やり過ぎないようにすると区別がつかないので、その加減が難しくて、たくさんラフを描きました。ここでは言えない大変なこともいろいろありますね(笑い)。

 --今後の見どころを教えてください。

 2話から六つ子やほかのキャラクターたちの魅力がどんどん出てきて、回を重ねるごとに各キャラへの親近感や愛着がわいてくるのではないかと思います。くだらない話ばかりのようですが、意外とマジメな話やシリアスな話もあるので、そういうのも楽しんでいただきたいですね。

 --ファンへ一言お願いします。

 生きていると大変なことやつらいことがたくさんありますし、自粛とか配慮とか何かと気を遣わないといけないことも多いので、息が詰まって しまう場面は多いと思いますが、このアニメを見て、少し息抜きをしてもらえるとうれしいです。

 できるだけ、約束をドタキャンされたとか、時間指定したのに宅配便がなかなか届かない、というような何もやることがない暇な時に 見てほしいです。よろしくお願いします!

キャラクターデザイン 浅野直之

(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
おそ松さん
出典:YouTube

<アニメ紹介>「おそ松さん」 27年ぶりテレビアニメ化 六つ子が大人に

「おそ松さん」のビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
「おそ松さん」のビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 故・赤塚不二夫さんのマンガ「おそ松くん」を約27年ぶりにテレビアニメ化した「おそ松さん」が、10月5日深夜から順次スタートする。赤塚さんの生誕80周年を記念した作品で、おそ松ら六つ子が成長して大人になった姿が描かれる。

 「おそ松くん」は、1962年に「週刊少年サンデー」(小学館)で連載がスタートし、コミックスの累計発行部数は1000万部以上を誇る人気作。松野家のおそ松ら六つ子が巻き起こすドタバタを描いたギャグマンガで、イヤミの「シェー」と叫ぶギャグが流行語になったほか、チビ太、デカパン、トト子などのキャラクターも人気を集めた。同作がアニメ化されるのは3度目で、約27年ぶり。

 「おそ松さん」では、ヤンチャだった六つ子が大人となり、街並みもライフスタイルも変わった現代が舞台となる。あのころと同じ家に住んでいる彼らは、相変わらずマイペースに生きている。長男・おそ松は、小学校6年生のメンタルのまま成長した“奇跡のバカ”で、次男のカラ松は六つ子の中では参謀のような存在で、基本的にクール。三男のチョロ松は唯一の常識人でツッコミ役……と、6人は顔はソックリだが、個性はバラバラ。

 さらに六つ子が憧れる女の子のトト子、いろいろな仕事を掛け持ちする頑張り屋のチビ太、自称おフランス帰りのイヤミなど、おなじみのキャラクターが勢ぞろいし、現代で騒動を繰り広げる。

 「コードギアス 反逆のルルーシュ」などの櫻井孝宏さんがおそ松を演じるほか、中村悠一さん、神谷浩史さん、福山潤さん、小野大輔さん、入野自由さんが六つ子の声優を務める。「キングダム」「ベイビーステップ」などのstudioぴえろがアニメを制作する。放送はテレビ東京、テレビ大阪ほか。

(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

「おそ松さん」メインビジュアル公開 六つ子やイヤミ、チビ太、デカパンも

「おそ松さん」のメインビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
「おそ松さん」のメインビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 赤塚不二夫さんのマンガ「おそ松くん」を約27年ぶりにテレビアニメ化する「おそ松さん」のメインビジュアルが9月6日、公開された。松野家のおそ松ら六つ子やイヤミ、チビ太、デカパン、ダヨーン、ハタ坊、トト子など人気キャラクターが描かれている。また、アイドルグループ「A応P」がオープニングテーマ「はなまるぴっぴはよいこだけ」を担当することも分かった。

(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

「おそ松さん」六つ子の普段着公開 青い三つボタンからパーカーに

「おそ松さん」の六つ子の普段着のビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
「おそ松さん」の六つ子の普段着のビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 赤塚不二夫さんのマンガ「おそ松くん」を約27年ぶりにテレビアニメ化する「おそ松さん」の六つ子の普段着のビジュアルが8月16日、公開された。「おそ松くん」では、青い三つボタンの服が六つ子の服装の定番だったが、「おそ松さん」の普段着は、全員が“松”マークのプルオーバーパーカーを着用。格好つけなカラ松は袖をまくってワイルドに、しっかり者のチョロ松は中にシャツを重ねて少しカッチリ、世渡り上手なトド松はニット帽を合わせて“今時感”を出すなど、それぞれが着こなしで個性を出している。

 「おそ松くん」は、1962年に「週刊少年サンデー」(小学館)で連載がスタートし、コミックスの累計発行部数は1000万部以上を誇る人気作。松野家のおそ松ら六つ子が巻き起こすドタバタを描いたギャグマンガで、イヤミの「シェー」と叫ぶギャグが流行語になったほか、チビ太、デカパン、トト子などのキャラクターも人気を集めた。

 「おそ松さん」は、赤塚さんの生誕80周年を記念した作品で、おそ松らが成長して大人になった姿が描かれる。同作がアニメ化されるのは3度目で、約27年ぶり。今秋から放送予定。

 十四松役の声優の小野大輔さんは、アフレコの様子を「とにかく笑いあふれる現場です。いまや毎週のこの時間を楽しみに、1週間頑張っている感覚すらあります!」と話し、「演じる自分たちがこれだけ楽しく、元気をもらっているわけですから、視聴者の皆さまも必ずや明るくポジティブな気持ちになれるはずです! とにかく何にも考えず、頭を空っぽにしてゲラゲラワッハッハしていただければこれ幸いです!」とコメントを寄せている。

(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

イヤミの声優に鈴村健一 チビ太は國立幸

「おそ松さん」のイヤミのビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
「おそ松さん」のイヤミのビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 赤塚不二夫さんのマンガ「おそ松くん」を約27年ぶりにテレビアニメ化する「おそ松さん」のイヤミの声優を「銀魂」などの鈴村健一さんが務めることが7月26日、分かった。チビ太の声優を「ガンダムビルドファイターズ」などの國立幸(こくりゅう・さち)さんが務める。

(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

ヒロイン・トト子の声優に遠藤綾

「おそ松さん」のトト子のビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
「おそ松さん」のトト子のビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 赤塚不二夫さんのマンガ「おそ松くん」を約27年ぶりにテレビアニメ化する「おそ松さん」のヒロイン・トト子の声優を「らき☆すた」などの遠藤綾さんが務めることが7月12日、分かった。トト子は、おそ松ら六つ子の憧れの存在という設定。

「おそ松さん」六つ子の声優が出そろう 櫻井孝宏や神谷浩史、入野自由ら豪華キャスト

「おそ松さん」のビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
「おそ松さん」のビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 赤塚不二夫さんのマンガ「おそ松くん」を約27年ぶりにテレビアニメ化する「おそ松さん」の六つ子の末っ子・トド松の声優を「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」などの入野自由さんが務めることが7月11日、分かった。長男で主人公・おそ松の声優を櫻井孝宏さんが務めるほか、中村悠一さんがカラ松、神谷浩史さんがチョロ松、福山潤さんが一松、小野大輔さんが十四松を演じることが発表されており、六つ子の声優が出そろった。

(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

「おそ松さん」十四松の声優に小野大輔 “異常に明るく、異常にバカ”

「おそ松さん」に登場する六つ子の五男・十四松のビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
「おそ松さん」に登場する六つ子の五男・十四松のビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 赤塚不二夫さんのマンガ「おそ松くん」を約27年ぶりにテレビアニメ化する「おそ松さん」の六つ子の五男・十四松の声優を「黒執事」などの小野大輔さんが務めることが7月10日、分かった。十四松は六つ子の中では“核弾頭的”な存在で、「異常に明るく、異常にバカ」という設定になっている。

「おそ松さん」一松の声優に福山潤

「おそ松さん」に登場する六つ子の四男・一松のビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
「おそ松さん」に登場する六つ子の四男・一松のビジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 赤塚不二夫さんのマンガ「おそ松くん」を約27年ぶりにテレビアニメ化する「おそ松さん」の六つ子の四男・一松の声優を「コードギアス 反逆のルルーシュ」などの福山潤さんが務めることが7月9日、分かった。

赤塚不二夫の名作「おそ松くん」が27年ぶりアニメ化 大人になって「おそ松さん」に

「おそ松さん」のキービジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
「おそ松さん」のキービジュアル(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

 赤塚不二夫さんのマンガ「おそ松くん」が原作のテレビアニメ「おそ松さん」が今秋、放送されることが7月6日、明らかになった。同作がアニメ化されるのは3度目で、約27年ぶり。赤塚さんの生誕80周年を記念した作品で、六つ子の長男で主人公・おそ松らが成長して大人になった姿が描かれる。

 「おそ松くん」は、1962年に「週刊少年サンデー」(小学館)で連載がスタートし、コミックスの累計発行部数は1000万部以上を誇る人気作。松野家のおそ松ら六つ子が巻き起こすドタバタを描いたギャグマンガで、「シェー」とさけぶギャグが国民的流行語にもなったほか、イヤミ、チビ太、デカパン、トト子などのキャラクターも人気を集めた。

 「おそ松さん」は、イヤミなどの人気キャラクターも登場。おそ松の声優を櫻井孝宏さんが担当し、「銀魂」などの藤田陽一さんが監督を務める。

 おそ松は「これうまくやりゃぼくらもモテるんじゃないの?いっちょやってみよー!」、カラ松は「ここは気合入れて決めるしかねーだろ。オレの活躍がキーになるな……」などとコメントを寄せている。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:藤田陽一▽キャラクターデザイン:浅野直之▽シリーズ構成:松原秀▽美術監督:田村せいき▽色彩設計:垣田由紀子▽撮影監督:福士享▽編集:坂本久美子▽音楽:橋本由香利▽音楽制作:エイベックス・ピクチャーズ▽音響監督:菊田浩巳▽音響制作:楽音舎▽アニメーション制作:studioぴえろ

(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
(C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
56

/56

目次