はねバド! ニュース

<アニメ質問状>「はねバド!」 綾乃の感情の揺れ動き、性格で議論 “逃げない”作画を

テレビアニメ「はねバド!」の一場面(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会
テレビアニメ「はねバド!」の一場面(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会

 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は、濱田浩輔さんのバドミントンがテーマのマンガが原作の「はねバド!」です。東宝映像事業部の細井駿介プロデューサーに作品の魅力を語ってもらいました。

 --作品の概要と魅力は?

 アニメ「はねバド!」は講談社さんで連載中の濱田浩輔先生によるマンガを原作にしたアニメ作品です。タイトルに「バド」とついている通りバドミントンを題材にした作品になります。元々、原作者の濱田浩輔さんのマンガが好きで、「パジャマな彼女。」を読んでいた時に、映像的なコマ、マンガを描く方だなと強く印象に残っていました。その後、講談社さんで連載された「はねバド!」を読んだ時、バリエーション豊富なキャラクターがたくさんいて、それぞれにしっかりドラマがあるところが非常に魅力的な作品だなと思い、後にスポ根ものとしてかじを切った際により面白くなったと感じ、企画書を書くことにしました。

 --アニメにするときに心がけたことは?

 シナリオ打ち合わせを始めた時には、原作はインターハイ編に突入するかしないか、というタイミングだったかと思うんですが、そのタイミングでの原作が「はねバド!」という物語でどんなことを描こうとしているのか、というところを思考の出発点にして、それまでのエピソードを整理していきました。

 特に大きく議論したのが(羽咲)綾乃の感情の揺れ動き方や性格の部分です。モチベーションがよく変わるキャラクターで、そこが彼女の魅力でもあるんですが、アニメは基本的に流し始めたら話数の終わりまで流していく媒体なので、ある程度分かりやすく整理をしないと視聴者を混乱させてしまう危険があると考えました。なので、綾乃の感情の揺れ動きを一つ一つひもといて構築し、直させていただきました。

 また、この作品で強調して描いている部分として“才能と努力”の対比というものがあります。一見すると、(羽咲)綾乃が才能、(荒垣)なぎさが努力タイプのように見える作品ではありますが、生まれ持ったフィジカル的な素養を才能と捉えたら、なぎさは才能がある選手で、綾乃はその点では才能に恵まれてはいないとも言えるんです。いろいろな切り口からそのコントラストを描くため、メインのキャラクターたちだけではなく、北小町高校の部員たちにもスポットライトを当てることもしています。

 バドミントンシーンについては、とにかく“逃げない”という強い意志を持って制作スタッフの皆さんが日々頑張ってくれています。作画の手法も、さまざまな手法を取り入れてバドミントンというスポーツをしっかり描くための工夫をしています。

 --作品を作る上でうれしかったこと、逆に大変だったことは?

 第1話のV編(編集)はとても印象に残っています。全カットが出そろってプレビューをし終えたときに、その場にいた関係者の皆全員が圧倒され、同時に大きな手応えを感じていたと思います。「よい作品になりそうだ」と、その場にいた全員で共有できた瞬間で、その雰囲気がすごくうれしかったなあ、といま振り返ってみて改めて思います。

 --最終回に向けての見どころを教えてください。

 いよいよインターハイ予選の決勝が始まり、物語も終着点へ向けての最終局面に差し掛かりました。全日本ジュニアからの綾乃となぎさの因縁がどういう形で決着がつくのか、またこのシリーズとしてどういう落としどころになっていくのか、ぜひご期待いただければと思います。

 --ファンへ一言お願いします。

 原作も含めて、この作品はすごく優しいまなざしで敗者を描くところに魅力と特徴があります。挫折を経験していない人というのは本当に一握りだと思っていて、それが故に、敗者を描くこの作品はいろんな人が共感できる作品だと思っています。既に「はねバド!」を読んでいる、見ている方は、そういった見方で改めてこの作品を見返してほしいですし、この記事で初めて知ったという方にもぜひ読んで、見ていただきたいです。たくさんの共感と感動を得られる作品だと思います。これからもどうぞ応援、よろしくお願いします!

 細井駿介 プロデューサー 東宝株式会社 映像事業部 所属

(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会

「はねバド!」テレビアニメの追加キャストに伊瀬茉莉也、茅野愛衣

テレビアニメ「はねバド!」のビジュアル(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会(C)濱田浩輔/講談社
テレビアニメ「はねバド!」のビジュアル(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会(C)濱田浩輔/講談社

 7月にスタートするテレビアニメ「はねバド!」に声優として伊瀬茉莉也さん、茅野愛衣さんらが出演することが5月18日、明らかになった。「good!アフタヌーン」(講談社)で連載中の女子バドミントンがテーマのマンガが原作で、伊瀬さんはフレゼリシア高校バドミントン部1年生のコニー・クリステンセン、茅野さんは主将の志波姫唯華をそれぞれ演じる。また、下田麻美さんが港南高校1年生の芹ヶ谷薫子役、櫻庭有紗さんが逗子総合高校3年生の石澤望役として出演することも分かった。

 伊瀬さんは「圧倒的な強さと美貌を併せ持つコニー、内面に抱える複雑な思いや素直になれない勝ち気な性格も含め、魅力の塊なんですよね。演じさせていただけて光栄です!」とコメント。茅野さんは「原作を読ませていただいた時から、志波姫はいちばんひかれるキャラクターだったので、演じられることが決まった時はうれしかったです」と話している。

 「はねバド!」は、運動神経抜群だが、なぜかバドミントンを避ける県立北小町高校1年生の羽咲綾乃、日本一を目指して日夜練習に明け暮れる3年生の荒垣なぎさ、バドミントン部を支える仲間やコーチ、ライバルの活躍を描いている。2013年に「good!アフタヌーン」で連載が始まった。

 アニメは、「モンスターストライク THE MOVIEはじまりの場所へ」などの江崎慎平さんが監督を務め、「アルスラーン戦記」などのライデンフィルムが制作する。大和田仁美さんが羽咲綾乃、島袋美由利さんが荒垣なぎさの声優を務める。

 ◇キャスト(敬称略)

 羽咲綾乃:大和田仁美▽荒垣なぎさ:島袋美由利▽泉理子:三村ゆうな▽立花健太郎:岡本信彦▽藤沢エレナ:小原好美▽太郎丸美也子:小松未可子▽コニー・クリステンセン:伊瀬茉莉也▽志波姫唯華:茅野愛衣▽芹ヶ谷薫子:下田麻美▽石澤望:櫻庭有紗▽羽咲有千夏:大原さやか

(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会(C)濱田浩輔/講談社
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会(C)濱田浩輔/講談社
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会(C)濱田浩輔/講談社
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会(C)濱田浩輔/講談社
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会(C)濱田浩輔/講談社
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会(C)濱田浩輔/講談社
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会(C)濱田浩輔/講談社
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会(C)濱田浩輔/講談社

テレビアニメ「はねバド!」が7月スタート 日本バドミントン協会とコラボも

「AnimeJapan 2018」のTOHO animationブースに登場したテレビアニメ「はねバド!」の声優陣(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会
「AnimeJapan 2018」のTOHO animationブースに登場したテレビアニメ「はねバド!」の声優陣(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会

 「good!アフタヌーン」(講談社)で連載中の、女子バドミントンがテーマのマンガが原作のテレビアニメ 「はねバド!」が、7月からTOKYO MXほかで放送されることが分かった。アニメが日本バドミントン協会とコラボすることも分かった。3月24日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催されたアニメ展示会「AnimeJapan(アニメジャパン) 2018」のTOHO animationブースで発表された。

 TOHO animationブースには、メインヒロインの羽咲綾乃役の大和田仁美さん、荒垣なぎさ役の島袋美由利さん、バドミントン部のコーチを引き受ける立花健太郎役の岡本信彦さんが登壇。大和田さんは「バドミントンを通して、少女たちが成長していく物語です。皆さんも共感できる部分があると思いますので、たくさんの方に見ていただきたいと思っています」と語った。

 「はねバド!」は、運動神経抜群だが、なぜかバドミントンを避ける県立北小町高校1年生の羽咲綾乃、日本一を目指して日夜練習に明け暮れる3年生の荒垣なぎさ、バドミントン部を支える仲間やコーチ、ライバルの活躍を描いている。2013年に「good!アフタヌーン」で連載が始まった。アニメは、「モンスターストライク THE MOVIEはじまりの場所へ」などの江崎慎平さんが監督を務め、「アルスラーン戦記」などのライデンフィルムが制作する。

(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会

テレビアニメ「はねバド!」の追加キャストに岡本信彦 バドミントン部のコーチに

テレビアニメ「はねバド!」で岡本信彦さんが声優を務める立花健太郎(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会
テレビアニメ「はねバド!」で岡本信彦さんが声優を務める立花健太郎(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会

 今夏にスタートするテレビアニメ「はねバド!」に声優として岡本信彦さんが出演することが3月9日、明らかになった。「good!アフタヌーン」(講談社)で連載中の、女子バドミントンがテーマのマンガが原作で、岡本さんは、ヒロインたちが通う北小町高校のOBで、学校からの要請でバドミントン部のコーチを引き受けることになる立花健太郎を演じる。

 岡本さんは「中学1年生の頃バドミントン部なのもあり、2017年からまたバドミントンをやり始めたのですが、まさか今回ご縁があり驚いています。そして素直にうれしいです」と出演を喜び、立花について「荒々しい風貌の割にはしっかりと真面目な印象があり、部活の子たちを引っ張っていくキャラクターだと思っています。バドミントンの持つ戦略的な面白さ、身体にかかる負担などは僕も理解できるので、そこを加味しつつ表現に役立てることができたらよいなと思います」と話している。

 「はねバド!」は、運動神経抜群だが、なぜかバドミントンを避ける県立北小町高校1年生の羽咲綾乃、日本一を目指して日夜練習に明け暮れる3年生の荒垣なぎさ、バドミントン部を支える仲間やコーチ、ライバルの活躍を描いている。13年に「good!アフタヌーン」で連載が始まった。

 アニメは、「モンスターストライク THE MOVIEはじまりの場所へ」などの江崎慎平さんが監督を務め、「アルスラーン戦記」などのライデンフィルムが制作する。大和田仁美さんが羽咲綾乃、島袋美由利さんが荒垣なぎさの声優を務める。

(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会

女子バドミントンマンガ「はねバド!」がテレビアニメ化 2018年夏スタート

テレビアニメ「はねバド!」のティザービジュアル(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会(C)濱田浩輔/講談社
テレビアニメ「はねバド!」のティザービジュアル(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会(C)濱田浩輔/講談社

 「good!アフタヌーン」(講談社)で連載中の、女子バドミントンがテーマのマンガ「はねバド!」がテレビアニメ化され、今夏に放送されることが2月5日、明らかになった。「モンスターストライク THE MOVIEはじまりの場所へ」などの江崎慎平さんが監督を務め、「アルスラーン戦記」などのライデンフィルムが制作する。大和田仁美さんが運動神経抜群の高校1年生・羽咲綾乃、島袋美由利さんが高校3年生・荒垣なぎさをそれぞれ演じることも分かった。

 原作者の濱田浩輔さんは「まず連載を支えてくださった読者の皆さまに感謝します。アニメのお話をいただいた時はとにかく驚きました。話が進むにつれ監督、プロデューサーの作品に対する情熱をうかがい、原作者として心打たれ、全てお任せすることに決めました。制作スタッフの熱意がこもった、素晴らしい作品になることを期待しています。個人的にはアニメならではの、実際に動く試合描写を楽しみにしています。より多くの方々が映像作品としての『はねバド!』を楽しんでいただけたら幸いです」とコメント。

 江崎監督は「あなたは高校生のころ、どんな毎日を過ごしていましたか? 原作の『はねバド!』を読んだ時、私はサッカーに明け暮れていた自身の高校時代を思い出さずにはいられませんでした。この作品には、青春時代を生きる若者にとっての普遍的な感情や思いが込められています。アニメーションでバドミントンを表現する、その大変さとやりがいの両方を味わいつつ、今は、キャラクターたちの葛藤や焦燥や喜びの美しさを皆さんにお届けできるように、頼もしい仲間たちと一歩ずつ前に進んでいます」と話している。

 「はねバド!」は、運動神経抜群だが、なぜかバドミントンを避ける県立北小町高校1年生の羽咲綾乃、日本一を目指して日夜練習に明け暮れる3年生の荒垣なぎさ、バドミントン部を支える仲間やコーチ、ライバルの物語を描いている。2013年に「good!アフタヌーン」で連載が始まり、コミックスが12巻まで発売されている。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:江崎慎平▽シリーズ構成:岸本卓▽キャラクターデザイン:木村智▽音響監督:若林和弘▽音楽:加藤達也▽アニメーション制作:ライデンフィルム

 ◇キャスト(敬称略)

 羽咲綾乃:大和田仁美▽荒垣なぎさ:島袋美由利

(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会(C)濱田浩輔/講談社
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会(C)濱田浩輔/講談社
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会(C)濱田浩輔/講談社
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会(C)濱田浩輔/講談社
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会(C)濱田浩輔/講談社
(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会(C)濱田浩輔/講談社