逆転裁判 ~その「真実」、異議あり!~Season2 ニュース

<アニメ質問状>「逆転裁判 Season2」 見応えのあるオリジナルストーリーも ゲーム原作ならではの苦労

テレビアニメ「逆転裁判 ~その『真実』、異議あり!~Season 2」の一場面(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks
テレビアニメ「逆転裁判 ~その『真実』、異議あり!~Season 2」の一場面(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks

 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は、カプコンの人気ゲームが原作のテレビアニメ第2期「逆転裁判 ~その『真実』、異議あり!~Season 2」(読売テレビ・日本テレビ系)です。読売テレビの永井幸治チーフプロデューサーに作品の魅力を語ってもらいました。

 ーー作品の概要と魅力は?

 実写映画や宝塚の舞台にもなったゲーム「逆転裁判」を原作としたアニメ。それが「逆転裁判~その『真実』、異議あり!~」です。主人公の弁護士・成歩堂龍一(なるほどう・りゅういち)が無実の被告を全力で救うために、知恵と勇気と発想の逆転を駆使して戦う。法廷バトルです。「金田一少年の事件簿」や「名探偵コナン」では誰が犯人かを突き詰めていくのと対照的に、早めに犯人は分かっているものの、証言や証拠の矛盾を突いて、犯人を追い詰めていく。そこが、この作品の見どころです。

 ーーアニメにするときに心がけたことは?

 原作がゲームなので、描かれていないキャラクターの背景や感情などを、原作ゲームディレクターの巧舟さんに全面協力してもらって演出に生かしています。そのおかげで違和感なくゲーム原作の世界をアニメ化できていると思います。原作ゲームにはクスッと笑えるギャグ要素が多いのですが、緊迫した法廷バトルの中で、緊張を和らげる大事な要素なので、尺の許す限り、大事に表現しています。

 ーー作品を作る上でうれしかったこと、逆に大変だったことは?

 うれしかったことは、たくさんの方に見てもらえていることでしょうか。今年の7月、ロサンゼルスでSeason2の映像を初公開したのですが、大人気で盛り上がりました。海外でも熱いファンの反応に直接、接するのは素直にうれしいです。

 大変なことは原作のゲームを読み解く上で、ゲームをすることですね。マンガが原作だと、あそこどうだったかな?ということを、コミックスをパラパラめくれば分かるんですが、ゲームはそういうわけにいかないので、何度もやり直して……。楽しむためではなく、調べるためにゲームをして、行き詰まったりして(笑い)。

 ーー今後の見どころを教えてください。

 Season1、Season2と描かれてきた、成歩堂龍一の「逆転裁判」の全てがつながって、人間関係も明らかになっていくので、Season2の後半はいろいろなことがスッキリする集大成になっています。できればもう一度最初から見直して予習しておいてください。

 ーーファンへ一言お願いします。

 原作ゲームをよく知っている人も見たことのない、ゲームのストーリーに引けを取らない見応えのあるオリジナルストーリーを、今シリーズではいくつか用意しています。ゲームをしているように驚きの展開を楽しんでいただけるとうれしいです。そして、成歩堂龍一を取り巻く人間関係も明らかになります。ぜひ、お見逃しなく!

読売テレビ編成局アニメーション部 チーフプロデューサー 永井幸治

(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks
(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks
(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks
(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks
(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks
(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks
(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks
(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks
出典:YouTube
(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks
(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks
(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks
(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks

テレビアニメ1時間SPが2019年1月19日放送 大学時代の成歩堂は… 三角関係も

テレビアニメ「逆転裁判 ~その「真実」、異議あり!~Season 2」のビジュアル(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks
テレビアニメ「逆転裁判 ~その「真実」、異議あり!~Season 2」のビジュアル(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks

 カプコンの人気ゲームが原作のテレビアニメ「逆転裁判 ~その「真実」、異議あり!~Season 2」(読売テレビ・日本テレビ系)の1時間スペシャル番組が、2019年1月19日午後5時半から放送されることが明らかになった。第2期「Season2」の5年前が舞台で、主人公・成歩堂龍一(なるほどう・りゅういち)が大学生の頃、弁護士になる前に被告として法廷に立つことになる。彼女との三角関係や新人の頃の綾里千尋の弁護なども描かれる。

 同作は、新人弁護士・成歩堂が、依頼人の無実を信じ、彼らの容疑を晴らすために立ち上がる姿を描かれている。テレビアニメ第1期が2016年4~9月に放送された。「Season 2」が毎週土曜午後5時半に放送中。

 「データ放送プレゼントキャンペーン」を実施中で、リアルタイムでアニメを視聴をすると、データ放送画面上にスタンプが付与され、スタンプを集めることでプレゼントに応募できる。19年1月17日に東京都内で実施予定の1時間スペシャル番組の上映会の招待券も抽選で100人にプレゼントする。

 ◇読売テレビの永井幸治プロデューサーのコメント

 アニメ逆転裁判初の1時間スペシャルはSeason2の時間からさかのぼること5年前の話。成歩堂が大学生の頃、弁護士になる前に被告として法廷に立つことになった話です。彼女との三角関係や新人の頃の綾里千尋(後の成歩堂の師匠)の弁護など、逆転裁判の0話とも言えるストーリーで若き日の成歩堂や千尋が描かれています。このあとのアニメ逆転裁判Season2にも繋がる人間関係も分かりますし、逆転裁判を初めて見る方にも見やすい、1時間で完結するスペシャル。逆転裁判初心者からマニアまで楽しめる1話になっていますので、ぜひ、ご覧ください。

<アニメ紹介>「逆転裁判 Season2」 人気ゲームがテレビアニメに 強敵ゴドー検事が登場

テレビアニメ「逆転裁判~その『真実』、異議あり!~ Season 2」のビジュアル(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks
テレビアニメ「逆転裁判~その『真実』、異議あり!~ Season 2」のビジュアル(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks

 カプコンの人気ゲームが原作のテレビアニメ「逆転裁判 ~その『真実』、異議あり!~」の第2期が、読売テレビ・日本テレビ系で10月6日から毎週土曜午後5時半に放送される。原作は裁判を題材にした人気ゲームで、テレビアニメ第1期が2016年4~9月に放送された。

 主人公の新人弁護士・成歩堂龍一(なるほどう・りゅういち)は、依頼人の無実を信じ、彼らの容疑を晴らすために立ち上がる。ライバル検事らと法廷バトルを繰り広げ、ピンチに追い込まれても「異議あり!!」の言葉と共に反撃。わずかな証拠から矛盾を突き、華麗なる逆転劇を巻き起こす。

 成歩堂の師匠で美人弁護士の綾里千尋や助手の綾里真宵、ライバル検事の御剣怜侍など多数の個性豊かなキャラクターによる掛け合いも大きな見どころだ。第2期では、強敵のゴドー検事ら新キャラクターも登場する。原作ゲームのディレクターである巧舟(たくみ・しゅうさん)が監修を担当し、原作の世界観をしっかり残しつつ、アニメならではのエッセンスを加える。

 第1期から引き続き、梶裕貴さんが成歩堂を演じるほか、悠木碧さん、玉木雅士さん、中村千絵さんらが声優として出演する。A-1 Picturesが事業の一部を会社分割した新会社CloverWorksが制作する。

(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks
(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks
(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks
(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks
(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks
(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks
(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks
(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks
(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks
(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks
(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks
(C)CAPCOM/読売テレビ・CloverWorks
出典:YouTube

梶裕貴、「逆転裁判」オーディションの“逆転劇”明かす 京まふ登場

京都国際マンガ・アニメフェア2018で開催されたテレビアニメ「逆転裁判」シリーズのイベントの様子
京都国際マンガ・アニメフェア2018で開催されたテレビアニメ「逆転裁判」シリーズのイベントの様子

 人気ゲームが原作のテレビアニメ「逆転裁判」シリーズ(読売テレビ・日本テレビ系)のイベントが9月16日、みやこめっせ(京都市左京区)ほかで開催中の「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)2018」の読売テレビブースで行われ、主人公・成歩堂龍一(なるほどう・りゅういち)役の声優の梶裕貴さんらはっぴ姿で登場。梶さんは「実はテレビアニメ『逆転裁判』のオーディションが逆転劇だった」と明かした。

 梶さんは元々、スケジュールの都合で同作の出演を引き受けられないはずだったが、突然のスケジュール変更によって、奇跡的に成歩堂龍一を演じられるようになったといい、「逆転裁判という作品と不思議な縁でつながっているのではないか」と語った。

 また、梶さんは、10月にスタートする「逆転裁判 ~その『真実』、異議あり!~Season2」の見どころを「弁護士である成歩堂にはこれまでも多くの強力な検事たちが立ちふさがってきたが、今作ではハードボイルド検事ゴドーが登場する。平田広明さんが演じるゴドーは非常に渋く、カッコいい。成歩堂との因縁がありそうなゴドーとの、切なく濃密なドラマを楽しみにしてほしい」と話した。

 梶さんは、イベントを終えて「想像以上にたくさんの方が遊びに来てくれていて、感動すら覚えました。読売テレビさん60周年ということもあり、やぐらにはっぴというお祭りの雰囲気の中、作品らしく勢いがあって盛り上がったステージになったと思います。とても楽しかったです」とコメントしている。

 「逆転裁判」シリーズは、主人公の弁護士が、無実の罪に問われている被告人を裁判で無罪にする法廷アドベンチャーゲーム。テレビアニメ「逆転裁判 ~その『真実』、異議あり!~」が、2016年4~9月に放送され、主人公・成歩堂龍一が、ライバル検事に絶体絶命のピンチに追い込まれるが、判決が下るまでは決してあきらめず、「異議あり!」の言葉とともに反撃する姿が描かれた。続編「逆転裁判 ~その『真実』、異議あり!~Season2」が読売テレビ・日本テレビ系で10月6日から毎週土曜午後5時半に放送される。

テレビアニメ「逆転裁判」続編が2018年10月放送 ビジュアル公開

テレビアニメ「逆転裁判 ~その『真実』、異議あり!~Season2」のビジュアル (C)CAPCOM/読売テレビ・A-1 Pictures
テレビアニメ「逆転裁判 ~その『真実』、異議あり!~Season2」のビジュアル (C)CAPCOM/読売テレビ・A-1 Pictures

 裁判を題材とした人気ゲームが原作のテレビアニメ「逆転裁判 ~その『真実』、異議あり!~」の続編「逆転裁判 ~その『真実』、異議あり!~Season2」が、2018年10月6日から読売テレビ・日本テレビ系で放送されることが7月7日、分かった。主人公・成歩堂龍一(なるほどう・りゅういち)ら前作から引き続き登場するキャラクターと、続編で強敵となるゴドー検事が描かれたビジュアルも公開された。声優の平田広明さんがゴドー検事を演じる。

 「逆転裁判」シリーズは、主人公の弁護士が、無実の罪に問われている被告人を裁判で無罪にする法廷アドベンチャーゲームで、シリーズ累計販売本数は670万本以上。テレビアニメは、2016年4~9月に放送され、主人公・成歩堂龍一が、ライバル検事に絶体絶命のピンチに追い込まれるが、判決が下るまでは決して諦めず、「異議あり!」の言葉とともに反撃する姿を描いた。

 ◇スタッフ(敬称略)

 チーフプロデューサー:菊川雄士▽プロデューサー:永井幸治▽監督:渡辺歩▽助監督:今井友紀子▽シリーズ構成:冨岡淳広▽キャラクターデザイン&総作画監督:太田恵子▽音楽:和田薫▽原作監修:江城元秀、巧舟(共にCAPCOM)▽アニメーション制作:CloverWorks▽制作:読売テレビ、A-1 Pictures

 ◇キャスト(敬称略)

 成歩堂龍一:梶裕貴▽綾里真宵:悠木碧▽御剣怜侍:玉木雅士▽綾里千尋:中村千絵▽糸鋸圭介:岩崎征実▽矢張政志:奈良徹▽ゴドー:平田広明

テレビアニメ「逆転裁判」続編が今秋スタート! 強敵ゴドー検事も

アニメ「逆転裁判~その『真実』、異議あり!~ Season 2」のビジュアル(C)CAPCOM/読売テレビ・A-1 Pictures
アニメ「逆転裁判~その『真実』、異議あり!~ Season 2」のビジュアル(C)CAPCOM/読売テレビ・A-1 Pictures

 裁判を題材とした人気ゲームが原作のテレビアニメ「逆転裁判 ~その『真実』、異議あり!~」の続編が制作され、今秋に読売テレビで放送されることが3月16日、明らかになった。ゲームを手がけた巧舟(たくみ・しゅう)ディレクターが全面協力し、前作から引き続き、渡辺歩さんが監督を務め、A-1 Picturesが制作。梶裕貴さんが主人公・成歩堂龍一(なるほどう・りゅういち)、悠木碧さんが成歩堂の助手・綾里真宵(あやさと・まよい)をそれぞれ演じる。また強敵ゴドー検事らが新たに登場する。

 「逆転裁判」シリーズは、主人公の弁護士が、無実の罪に問われている被告人を裁判で無罪にする法廷アドベンチャーゲームで、シリーズ累計販売本数は670万本以上。テレビアニメは、2016年4~9月に放送され、主人公・成歩堂龍一が、ライバル検事に絶体絶命のピンチに追い込まれるが、判決が下るまでは決して諦めず、「異議あり!」の言葉とともに反撃する姿が描かれた。

 ◇スタッフ(敬称略)

 チーフプロデューサー:菊川雄士▽プロデューサー:永井幸治▽監督:渡辺歩▽助監督:今井友紀子▽シリーズ構成:冨岡淳広▽キャラクターデザイン&総作画監督:太田恵子▽音楽:和田薫▽アニメーション制作:A-1 Pictures 高円寺スタジオ

 ◇キャスト(敬称略)

 成歩堂龍一:梶裕貴▽綾里真宵:悠木碧▽御剣怜侍:玉木雅士▽綾里千尋:中村千絵▽糸鋸圭介:岩崎征実▽矢張政志:奈良徹