どろろ ニュース

<アニメ質問状>50年ぶりテレビアニメ化で半端なものは絶対作りたくない オリジナル要素も

アニメ「どろろ」の一場面(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
アニメ「どろろ」の一場面(C)手塚プロダクション/ツインエンジン

 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は、手塚治虫の名作マンガが原作のテレビアニメ「どろろ」です。アニメを制作するMAPPAの大塚学プロデューサーに、作品の魅力などを語ってもらいました。

(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン

 --作品の概要と魅力は?

 マンガの神様・手塚治虫の傑作怪奇マンガが約50年ぶりに装いを新たに再アニメ化。「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」を手がけた古橋一浩監督をはじめとした豪華スタッフ陣により最高峰のアクションアニメとなっています。

 アニメ「どろろ」の魅力はたくさんあるのですが、一番伝えたいのはやはり百鬼丸とどろろ、二人のキャラクターだと考えています。原作でもすてきな二人組でしたが、二人の関係性は原作とはかなり変わっています。かいがいしく百鬼丸の世話をするどろろ、それに対して体を徐々に取り戻しながら少しずつどろろの存在を認識していく百鬼丸。作品的にハードな描写も多いですが、ふとした時に挟まれる二人のやり取りに癒やされる視聴者の方々も多いと感じています。

 --アニメにする時に心がけたことは?

 体の部位を失っている百鬼丸を今の時代にテレビシリーズでいかに描くか、という部分は制作をする上で常に考えていました。単純な描写の問題だけでなく、取り戻すことで新たに知る感覚もあれば知ることで弱くなることもあり、その際にどういった感情が生まれるのか……。そこは監督や脚本の小林靖子さんが非常に力を入れられていた部分でもあります。

 現代のファンに対しては、やはりデザインの部分でまず興味を抱いてもらえるよう(キャラクター原案の)浅田弘幸先生、(キャラクターデザインの)岩瀧智さんと議論を重ねました。手塚先生の柔らかい動きの表現や丸みなどを浅田先生の絵の範囲で取り入れていただきつつ、どろろがコロコロと動き回る感じなどを岩瀧さんがアニメーションに取り入れてくれました。とにかくどろろは可愛く、というところを皆さん意識して作業していて、それは今の視聴者の方々にもダイレクトに伝わっていると感じています。

 --作品を作る上でうれしかったこと、逆に大変だったことは?

 僕自身が手塚先生の作品のファンでもあり、小学生の時に大好きなマンガだった「どろろ」の映像化に携われたことは、本当に幸せだと感じています。その分、半端なものは絶対作りたくないという思いも強かったのですが、監督、脚本、音楽などさまざまな工程で「どろろ」に対して強い気持ちを持ったトップクリエーターが集結してくれて、そこもまた恵まれていると思いました。

 --今後の見どころを教えてください。

 たくさんあり過ぎてまとめられないのですが、多宝丸とその家来、陸奥と兵庫の活躍にご期待ください。アニメのオリジナルな要素が満載です。

 --ファンへ一言お願いします。

 百鬼丸とどろろの旅がどういった結末を迎えるのか、視聴者の皆様もさまざまな想像をされていると思いますが、監督を中心としたアニメ制作チームが心血を注ぎ続けてたどり着いた答えがそこにはあります。ぜひ最後まで「どろろ」を楽しんでいただけますと幸いです。

MAPPA 代表取締役社長 プロデューサー 大塚学

(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン

<アニメ紹介>「どろろ」 手塚治虫の名作が50年ぶりテレビアニメ化 鈴木拡樹が百鬼丸に

アニメ「どろろ」のビジュアル(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
アニメ「どろろ」のビジュアル(C)手塚プロダクション/ツインエンジン

 手塚治虫の名作マンガが原作のテレビアニメ「どろろ」が7日から順次、放送される。1960年代に「週刊少年サンデー」(小学館)ほかで連載され、2007年には実写映画も公開された。新作は69年以来、約50年ぶりにテレビアニメ化される。

 舞台は戦国時代。醍醐(だいご)の国の主である景光は、ある寺のお堂で12体の鬼神像に領土の繁栄を願う。それと引き換えに生まれた景光の世継ぎは体のあちこちが欠けており、忌み子として川に流されてしまう。時は流れ、鬼神は景光との約束を果たし、国には平安が訪れる。

 そんなある日、どろろという幼い盗賊が、両腕に刀を仕込む全身作り物の男・百鬼丸と出会う。百鬼丸は、見えない瞳で襲い来る化け物を見据えていた……。妖怪から自分の体を取り返そうとする百鬼丸とどろろの旅が描かれる。

 舞台を中心に活躍する俳優の鈴木拡樹さんが百鬼丸、子役の鈴木梨央さんがどろろをそれぞれ演じるほか、佐々木睦さんや内田直哉さん、千葉翔也さん、大塚明夫さんらが声優として出演する。「ユーリ!!!on ICE」などのMAPPAと手塚プロダクションが制作する。放送はTOKYO MX、BS11、時代劇専門チャンネル。

(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
出典:YouTube

2019年1月7日スタート 追加キャストに内田直哉、千葉翔也、大塚明夫、中村千絵

テレビアニメ「どろろ」のビジュアル(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
テレビアニメ「どろろ」のビジュアル(C)手塚プロダクション/ツインエンジン

 手塚治虫の名作マンガ「どろろ」の新作テレビアニメが、2019年1月7日からTOKYO MX、BS11ほかで順次放送されることが12月6日、明らかになった。内田直哉さんが百鬼丸と多宝丸の父・醍醐景光、千葉翔也さんが多宝丸、大塚明夫さんが百鬼丸の育ての親・寿海、中村千絵さんが百鬼丸と多宝丸の生みの親の縫の方をそれぞれ演じることも分かった。百鬼丸とどろろが描かれたキービジュアルも公開された。

 ◇内田直哉さんのコメント

 今回ご存じ手塚アニメの代表作でもある「どろろ」に参加でき、また、醍醐景光というインパクトのあるキャラをいただきこの上ない喜びを感じています。ぜひ、2019年版「どろろ」を少しでも多くの方々にも見ていただけることを切に願います。

 ◇千葉翔也さんのコメント

 まさか手塚先生原作の作品に関わることができるとは思わず、心から光栄です。オーディション前に読んだ原作では、百鬼丸の背景の壮絶さに息をのみ、作品が持つ世代を超えて人の心をひきつける設定にただ感動しました。多宝丸は少年でありながら、そうあることを許されない人物なので、その葛藤も表現したいです。今後も作品が人の心に残っていく契機になるように、長きにわたり愛してきた皆様にも新鮮さを感じていただけるように頑張ります。

 ◇大塚明夫さんのコメント

 まだ収録も序盤ではありますが、大変魅力的な作品なので完成が楽しみです。また、私演じる寿海もお楽しみください。

 ◇中村千絵さんのコメント

 大好きな手塚治虫さんの作品に出演が決まり、大変光栄です! 50年ぶりのアニメ化にあたり、縫の方の、母としての愛や苦悩を大切に私なりに演じたいと思います。戦乱の世が物語の舞台、テーマは重いけれどアフレコ現場は、和気あいあいでとてもよいムードです。皆で作り上げる最新の「どろろ」、幅広い年齢層の方々にお楽しみいただけたらうれしい限りです。

(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン

「どろろ」新作テレビアニメが2019年1月スタート 鈴木拡樹が百鬼丸 鈴木梨央がどろろに

アニメ「どろろ」のビジュアル(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
アニメ「どろろ」のビジュアル(C)手塚プロダクション/ツインエンジン

 手塚治虫の名作マンガ「どろろ」の新作テレビアニメが、2019年1月から放送されることが9月3日、明らかになった。舞台を中心に活躍する俳優の鈴木拡樹さんが、鬼神に奪われた体を取り戻すために旅をする百鬼丸、子役の鈴木梨央さんが、百鬼丸と旅をするどろろをそれぞれ演じる。鈴木拡樹さんがテレビアニメの声優に挑戦するのは初めて。同作は舞台化も予定されているが、鈴木拡樹さんは舞台版にも出演する。

 佐々木睦さんが謎の盲目の謎の盲目の法師・琵琶丸を演じ、麦人さんがナレーションを担当。「機動戦士ガンダムUC」などの古橋一浩さんが監督を務めることも分かった。

 「どろろ」は、戦国時代を舞台に、自分の体を取り返そうとする百鬼丸と少年・どろろの旅と戦いを描いたマンガ。1960年代に「週刊少年サンデー」(小学館)ほかで連載され、2007年には実写映画も公開された。新作は、1969年以来、約50年ぶりのテレビアニメ化で、「ユーリ!!!on ICE」などのMAPPAと手塚プロダクションが制作する。

(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン
(C)手塚プロダクション/ツインエンジン

手塚治虫の名作「どろろ」が50年ぶりテレビアニメ化 MAPPAが制作

テレビアニメ「どろろ」のティザービジュアル
テレビアニメ「どろろ」のティザービジュアル

 手塚治虫の名作マンガ「どろろ」の新作テレビアニメが制作されることが3月19日、明らかになった。1969年以来、約50年ぶりのテレビアニメ化となる。「ユーリ!!!on ICE」などのMAPPAと手塚プロダクションが制作する。

 「どろろ」は、戦国時代を舞台に、妖怪から自分の身体を取り返そうとする百鬼丸と少年・どろろの旅と戦いを描いたマンガ。60年代に「週刊少年サンデー」(小学館)ほかで連載された。2007年には実写映画も公開された。