どろろ あらすじ

どろろあらすじ

 アニメ「どろろ」は、手塚治虫の名作マンガが原作。1969年以来、約50年ぶりのテレビアニメ化となる。「ユーリ!!!on ICE」などのMAPPAと手塚プロダクションが制作する。

 「どろろ」は、戦国時代を舞台に、妖怪から自分の身体を取り返そうとする百鬼丸と少年・どろろの旅と戦いを描いたマンガ。60年代に「週刊少年サンデー」(小学館)ほかで連載された。2007年には実写映画も公開された。

 舞台を中心に活躍する俳優の鈴木拡樹さんが、鬼神に奪われた体を取り戻すために旅をする百鬼丸、子役の鈴木梨央さんが、百鬼丸と旅をするどろろをそれぞれ演じる。鈴木拡樹さんがテレビアニメの声優に挑戦するのは初めて。同作は舞台化も予定されているが、鈴木拡樹さんは舞台版にも出演する。

アニメ「どろろ」のあらすじは