SSSS.GRIDMAN ニュース

<アニメ質問状>「SSSS.GRIDMAN」 アニメで特撮を表現する 後半はわくわくする仕掛けも

テレビアニメ「SSSS.GRIDMAN」の一場面(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
テレビアニメ「SSSS.GRIDMAN」の一場面(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は、特撮ドラマ「電光超人グリッドマン」の新作テレビアニメ「SSSS.GRIDMAN」です。アニメを手がけるトリガーの「SSSS.GRIDMAN」ラインプロデューサーの竹内雅人さんに作品の魅力を語ってもらいました。

 ーー作品の概要と魅力は?

 今作「SSSS.GRIDMAN」は、半世紀前に放送されていた特撮作品「電光超人グリッドマン」をベースに、新しいストーリー、新しいキャラクターで描く2018年が舞台の新作アニメーション作品です。記憶喪失の高校1年生・響裕太は「使命を果たせ」とグリッドマンに告げられ、彼と融合し突如現れる怪獣たちと戦うことになります。裕太は同じクラスの内海将、新条アカネ、宝多六花らと学校で日常を送る中で、なぜ怪獣と戦うのか、怪獣はどのようにして生まれるのかという謎を追求し、新条アカネが作り出したものなのではないか?と疑い始めます。

 まずスタッフについて、監督は15年に「電光超人グリッドマン boys invent great hero」でも監督しました雨宮哲、キャラクターデザインには弊社(トリガー)の作品で原画や作監などで確かな技術に評価のある坂本勝、さらに円谷プロダクション様のご協力もあって、脚本に平成ウルトラシリーズなどでご活躍された長谷川圭一さん、グリッドマンデザインに後藤正行さんら、特撮界でもトップクリエーターとして知られる方々のお力をお借りしております。実績、技術共にお持ちの素晴らしいスタッフの方々のご助力は、大きな魅力になっていると思っています。

 今作で挑戦していることとして「アニメで特撮を表現する」という目標がありました。特撮作品におけるスーツや着ぐるみの魅力、砕け飛ぶガレキや舞う噴煙など、あの質感、質量をアニメで表現することは特性上非常に困難です。マスクのはずなのにどうしても表情がついてしまう……。ズシッとさせたい部分でも着ぐるみに出せるあの重量感は表現できない……。そこは監督の雨宮も僕も大の特撮ファンなので、共通した意識がありました。今回はそれに真っ向から挑んでおります。描き方に注目していただきたいです。

 ーーアニメにするときに心がけたことは?

 原作が25年も前の作品ですので、「今のアニメファンに向けたい!」ということをとにかく意識しました。キャラクターデザインやキャラ設定、物語の構成、キャスティング、プロモーション含め、見やすさや分かりやすさ、キャッチーさは重視した部分です。

 ですので、原作をご存じでない方にぜひ、ご覧いただきたいなと思っております。前述しました「特撮をアニメで描く」上では、スーツにおける着ぐるみ感であるとか、人が入っているような動きや質量、ウルトラシリーズでもなじみのある効果音など、細部にまで力を入れています。

 ーー作品を作る上でうれしかったことは?

 今回、比較的年齢層の若いスタッフで現場を構成しております。狙いとしては「作品をよくしたい!」「挑戦したい!」と思ったとき、ディスカッションしやすい場所でありたいなと思っていたからです。制作が始まるとスタッフの皆さんがすごく前のめりに制作に向かってくださった印象があり、「雨宮さんと竹内のタイトルはまたやりたいです!」と、携わった方々から何度もお言葉を頂戴し、こんなにうれしいことはありませんでした。

 そして何より作品は視聴者の方に見ていただいて初めて完成だと思っています。放送前から各種イベントに来てくださっていた方々や先日のロフトプラスワン(東京都新宿区)のイベントにあんな遅い時間に足を運んでくださった方々の熱気、定期で行っているYouTube LIVEやツイッターのハッシュタグでトリガーにコメントをくださる方、オープニングテーマ、エンディングテーマ楽曲関連のニュースなど、これだけたくさんの反響をいただけたことは、制作者として大変幸せに思います。本当にありがとうございます。

 ーー今後の見どころを教えてください。

 このインタビューのタイミングでは第6話の放送まで終えているのですが、まだまだ語れない部分が多いです。後半、物語はさらに盛り上がっていきますし、わくわくする仕掛けもたくさん入れております。そしてスタッフ的にもトリガーのニュージェネレーションともいうべき期待の若手スタッフを多く起用しています。彼ら彼女らの熱量がそのままフィルムに焼きついておりますので、楽しみにしていてください。

 11月12日時点で最終話まで納品を終えております。ファンの方々には安心できる要素の一つではないでしょうか? 最後まで勢いはとどまることなく進んでおりますので、どうぞご期待ください!

 ーーファンへ一言お願いします。

 この作品を見た方が「電光超人グリッドマンを見てみたい」、原作をご存じの方は「もう一度見よう、やっぱり電光超人好きだな」そう思ってもらえたらこの作品は役目を果たせたかな、と思います。そんなアニメと特撮の懸け橋になれたらうれしいです。

トリガー所属 「SSSS.GRIDMAN」 ラインプロデューサー 竹内雅人

(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

<アニメ紹介>「SSSS.GRIDMAN」 特撮「電光超人グリッドマン」の新作テレビアニメ キャラ一新

テレビアニメ「SSSS.GRIDMAN」のビジュアル(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
テレビアニメ「SSSS.GRIDMAN」のビジュアル(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

 特撮ドラマ「電光超人グリッドマン」の新作テレビアニメ「SSSS.GRIDMAN」が、10月6日深夜から順次、放送される。1993~94年に放送された特撮ドラマで、パソコンが一般に普及する前にインターネットやコンピューターウイルスといったテーマを先取り、人気を集めた。

 特撮ドラマ版のグリッドマンの戦いの舞台は、電子ネットワークの中に存在するコンピューターワールドと呼ばれる世界で、魔王カーンデジファーが怪獣を送り込み、破壊行為を命じることで、コンピューターに制御された機器などを混乱させて人類に脅威をもたらした。放送された90年代前半は、インターネットが一般的ではなかったが、水道や電気、交通網といった生活インフラを脅かした怪獣たちは、まさに現代のコンピューターウイルスそのものだった。

 新作は、キャラクター設定などを一新し、新たなグリッドマンの活躍が描かれる。ツツジ台に住む高校1年生の響裕太はある日、目覚めると記憶喪失になっていた。裕太は古いパソコンに映るハイパーエージェント・グリッドマンと出会う。グリッドマンは「使命を果たせ」と語りかけ、裕太はその言葉の意味と記憶を探る。突然のことに戸惑いつつも、クラスメートの内海将や宝多六花、新条アカネたちに助けられながら毎日を送る裕太だったが、突然現れた怪獣によって、その平穏な日々は踏み潰される。

 特撮ドラマから引き続き、緑川光さんがグリッドマン、「はんだくん」などの広瀬裕也さんが響裕太を演じるほか、声優として斉藤壮馬さん、宮本侑芽さん、上田麗奈さん、鈴村健一さん、三森すずこさんらが出演する。「キルラキル」などのTRIGGER(トリガー)が制作する。放送はTOKYO MX、MBS、BS11、WOWOW。

(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

新作テレビアニメが10月6日スタート 新ビジュアルも公開

テレビアニメ「SSSS.GRIDMAN」のビジュアル(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
テレビアニメ「SSSS.GRIDMAN」のビジュアル(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

 特撮ドラマ「電光超人グリッドマン」の新作テレビアニメ「SSSS.GRIDMAN」が、10月6日深夜からTOKYO MX、MBSほかで放送されることが9月10日、分かった。主人公の響裕太やグリッドマンが描かれた新たなビジュアルも公開された。

 「電光超人グリッドマン」は、1993~94年に放送された円谷プロダクション制作の特撮ドラマで、中学生の翔直人らが、ジャンクと呼ばれる自作のコンピューターを介して“ハイパーエージェント”のグリッドマンと出会い、地球征服をたくらむ魔王・カーンデジファーと戦う……というストーリー。

 新作「SSSS.GRIDMAN」は、「天元突破グレンラガン」「キルラキル」などに参加してきた雨宮哲さんが監督を務め、「キルラキル」などのTRIGGER(トリガー)が制作。放送は、TOKYO MX、MBS、BS11、WOWOW。

(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

「電光超人グリッドマン」新作テレビアニメ「SSSS.GRIDMAN」に三森すずこ、悠木碧、 鈴村健一が出演

テレビアニメ「SSSS.GRIDMAN」のビジュアル(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
テレビアニメ「SSSS.GRIDMAN」のビジュアル(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

 特撮ドラマ「電光超人グリッドマン」の新作テレビアニメ「SSSS.GRIDMAN」に声優として三森すずこさん、悠木碧さん、 鈴村健一さんらが出演することが分かった。三森さんはなみこ、悠木さんはボラー、鈴村さんは謎の少年をそれぞれ演じる。新谷真弓さんが六花ママ、鬼頭明里さんがはっす、高橋良輔さんがサムライ・キャリバー、小西克幸さんがマックス、松風雅也さんがヴィットを演じることも分かった。また、怪獣のデザイナーとして西川伸司さん、丸山浩さん、板野一郎さん、山口修さん、前田真宏さんが参加することも発表された。

 「電光超人グリッドマン」は、中学生の翔直人らが、ジャンクと呼ばれる自作のコンピューターを介して“ハイパーエージェント”のグリッドマンと出会い、コンピューターワールドを通じて地球征服をたくらむ魔王・カーンデジファーと戦う……というストーリー。

 新作「SSSS.GRIDMAN」は、「天元突破グレンラガン」「キルラキル」などに参加してきた雨宮哲さんが監督を務め、「キルラキル」などのTRIGGER(トリガー)が制作。特撮ドラマでグリッドマンの声優を務めた緑川光さんがアニメでも同役を演じる。10月からTOKYO MX、MBS、BS11、WOWOWで放送。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:雨宮哲▽脚本:長谷川圭一▽キャラクターデザイン:坂本勝▽グリッドマンデザイン:後藤正行(円谷プロ)▽アレクシスデザイン:コヤマシゲト▽怪獣デザイン:西川伸司、丸山浩、板野一郎、山口修、前田真宏、坂本勝▽アシストウェポンデザイン:野中剛▽ジャンクデザイン:三宮昌太▽ヒロイック作画チーフ:牟田口裕基▽3DCG監督:宮風慎一▽3DCG制作:グラフィニカ▽美術監督:渡辺幸浩(アトリエPlatz)▽色彩設計:武田仁基▽撮影監督:山本弥芳(グラフィニカ)▽編集:吉武将人(グラフィニカ)▽音楽:鷺巣詩郎▽音楽制作:ポニーキャニオン▽音響監督:亀山俊樹▽音響効果:森川永子▽ラインプロデューサー:竹内雅人▽アニメーションプロデューサー:舛本和也▽アニメーション制作:TRIGGER

 ◇キャスト(敬称略)

 響裕太:広瀬裕也▽グリッドマン:緑川光▽内海将:斉藤壮馬▽宝多六花:宮本侑芽▽新条アカネ:上田麗奈▽サムライ・キャリバー:高橋良輔▽マックス:小西克幸▽ボラ―:悠木碧▽ヴィット:松風雅也▽謎の少年:鈴村健一▽アレクシス・ケリヴ:稲田徹▽六花ママ:新谷真弓▽なみこ:三森すずこ▽はっす:鬼頭明里

(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

「電光超人グリッドマン」新作テレビアニメ「SSSS.GRIDMAN」声優に斉藤壮馬、上田麗奈ら

公開された「SSSS.GRIDMAN」のキービジュアル(C)円谷プロ(C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
公開された「SSSS.GRIDMAN」のキービジュアル(C)円谷プロ(C)2018 TRIGGER・雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会

 1993~94年に放送された円谷プロダクション制作の特撮ドラマ「電光超人グリッドマン」の新作テレビアニメ「SSSS.GRIDMAN」のメインキャストが3月24日発表され、広瀬裕也さん、斉藤壮馬さん、宮本侑芽さん、上田麗奈さんが声優として出演することが明かされた。

 同日発表されたキービジュアルは、少年少女たちが教室で談笑する一方で、教室の外の青空にはうっすらと巨大な怪獣がたたずんでいるレイアウト。おだやかな雰囲気ながら緊張感のあるビジュアルになっている。

 「電光超人グリッドマン」は、中学生の翔直人らが、ジャンクと呼ばれる自作のコンピューターを介して“ハイパーエージェント”のグリッドマンと出会い、コンピューターワールドを通じて地球征服をたくらむ魔王・カーンデジファーと戦う……というストーリー。「SSSS.GRIDMAN」は、「天元突破グレンラガン」「キルラキル」などに参加してきた雨宮哲さんが監督を務め、「キルラキル」などのTRIGGER(トリガー)が制作。平成ウルトラシリーズなどの長谷川圭一さんが脚本を担当するほか、「キルラキル」の坂本勝さんがキャラクターデザインを務めることが発表された。特撮ドラマでグリッドマンの声優を務めた緑川光さんがアニメでも同役を演じる。2018年秋放送予定。

 ◇スタッフは以下の通り(敬称略)

原作:電光超人グリッドマン<br />監督:雨宮哲<br />脚本:長谷川圭一<br />グリッドマンデザイン:後藤正行(円谷プロ)<br />キャラクターデザイン:坂本勝<br />アニメーション制作:TRIGGER<br />音楽制作:ポニーキャニオン

 ◇キャストは以下の通り(敬称略)

響裕太:広瀬裕也<br />グリッドマン:緑川光<br />内海将:斉藤壮馬<br />宝多六花:宮本侑芽<br />新条アカネ:上田麗奈

SSSS.GRIDMANTOKYO MX、MBS、BS11、WOWOW
2018年10月6日深夜から順次スタート