この音とまれ! ニュース

声優に内田雄馬、榎木淳弥、種崎敦美 2019年4月放送

テレビアニメ「この音とまれ!」のビジュアル (C)アミュー/集英社・この音とまれ!製作委員会
テレビアニメ「この音とまれ!」のビジュアル (C)アミュー/集英社・この音とまれ!製作委員会

 「ジャンプSQ.(スクエア)」(集英社)で連載中のアミューさんのマンガが原作のテレビアニメ「この音とまれ!」が、2019年4月に放送されることが、分かった。また、声優として内田雄馬さん、榎木淳弥さん、種崎敦美さんが出演することも発表された。

 アニメは、時瀬高校の廃部寸前の箏曲(そうきょく)部が舞台で、内田さんが箏曲部に訪れる不良少年・久遠愛(くどお・ちか)、榎木さんが箏曲部部長の倉田武蔵(たけぞう)、種崎さんが箏の天才少女・鳳月(ほうづき)さとわをそれぞれ演じる。

 「この音とまれ!」は、時瀬高校で廃部寸前の箏曲部を舞台に、不良少年や箏の天才少女たちが集まり、練習を重ねる中で、成長する姿を描く。

(C)アミュー/集英社・この音とまれ!製作委員会
(C)アミュー/集英社・この音とまれ!製作委員会
(C)アミュー/集英社・この音とまれ!製作委員会
(C)アミュー/集英社・この音とまれ!製作委員会
(C)アミュー/集英社・この音とまれ!製作委員会
(C)アミュー/集英社・この音とまれ!製作委員会

「ジャンプSQ.」の箏曲マンガ「この音とまれ!」がテレビアニメ化

テレビアニメ化される「この音とまれ!」(画像はCD『この音とまれ!~時瀬高等学校箏曲部』のジャケット)(C)アミュー/集英社
テレビアニメ化される「この音とまれ!」(画像はCD『この音とまれ!~時瀬高等学校箏曲部』のジャケット)(C)アミュー/集英社

 「ジャンプSQ(スクエア).」(集英社)で連載中のアミューさんのマンガ「この音とまれ!」がテレビアニメ化されることが7月26日、明らかになった。「デビルズライン」などに参加してきた水野竜馬さんがシリーズディレクターを務め、「最遊記RELOAD BLAST」「デビルズライン」などのプラチナビジョンが制作する。

 同作は、時瀬高校で廃部寸前の箏曲(そうきょく)部を舞台に、不良少年や箏の天才少女たちが集まり、練習を重ねる中で、成長する姿を描いたマンガ。コミックスが17巻まで発売されており、最新18巻が8月3日に発売される。累計発行部数は230万部以上。