おこしやす、ちとせちゃん ニュース

「おこしやす、ちとせちゃん」10月にテレビアニメ化 ペンギン視点で京都描く

テレビアニメ「おこしやす、ちとせちゃん」のビジュアル(C)夏目靫子・講談社/VAP
テレビアニメ「おこしやす、ちとせちゃん」のビジュアル(C)夏目靫子・講談社/VAP

 コウテイペンギンのヒナの目線で京都を描いたマンガ「おこしやす、ちとせちゃん」がテレビアニメ化され、2018年10月から放送されることが7月30日、明らかになった。「みっちりねこ」などの矢立きょうさんが監督を務め、「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場」などのギャザリングが制作する。

 「おこしやす、ちとせちゃん」は「BE・LOVE」(講談社)で2016年から連載中の夏目靫子さんのマンガ。京都を舞台に、コウテイペンギンのヒナのちとせちゃんが、街をうろうろする……というストーリー。渡月橋や嵐山の竹林、伏見稲荷大社や清水寺など、誰もが知っている京都の名所がペンギンの視点で描かれている。放送はTOKYO MX、KBS京都。

(C)夏目靫子・講談社/VAP
(C)夏目靫子・講談社/VAP
(C)夏目靫子・講談社/VAP
(C)夏目靫子・講談社/VAP
(C)夏目靫子・講談社/VAP
(C)夏目靫子・講談社/VAP
(C)夏目靫子・講談社/VAP
(C)夏目靫子・講談社/VAP
(C)夏目靫子・講談社/VAP
(C)夏目靫子・講談社/VAP