彼女、お借りします ニュース

<アニメ紹介>「彼女、お借りします」 人気ラブコメがテレビアニメ化 個性的な美少女続々

アニメ「彼女、お借りします」の一場面(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
アニメ「彼女、お借りします」の一場面(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会

 「週刊少年マガジン」(講談社)で宮島礼吏さんが連載中のラブコメディーマンガが原作のテレビアニメ「彼女、お借りします」が、MBS・TBS系の深夜アニメ枠・スーパーアニメイズムで7月10日深夜1時25分から放送される。

出典:YouTube

 20歳のダメダメ大学生の木ノ下和也は、初めての彼女と一度だけキスをしたが、たった1カ月でフラれてしまう。やけになった和也は“ある方法”を使って、女の子とデートをすることになる。待ち合わせ場所に行くと、黒髪の美少女・水原千鶴が現れる。

 千鶴は、街を歩けば10人中10人が振り返るほどの美少女で、とっさの状況でも何とかする対応力を兼ね備え、真面目。ある夢をかなえるために日々努力を欠かさない。まさに理想の彼女だ。元気いっぱいで明るく、超積極的な妹系の更科瑠夏、極度な人見知り、けなげで頑張り屋の桜沢墨、ゆるふわ小悪魔系の七海麻美など個性的な美少女が続々と登場する。

 雨宮天さんが千鶴、堀江瞬さんが和也を演じるほか、声優として悠木碧さん、東山奈央さん、高橋李依さんらが出演する。「名探偵コナン」「ルパン三世」などのトムス・エンタテインメントが制作する。

(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会

<インタビュー>高橋李依  テレビアニメ「彼女、お借りします」 桜沢墨役の挑戦 繊細、丁寧に

「彼女、お借りします」で桜沢墨の声優を務める高橋李依さん
「彼女、お借りします」で桜沢墨の声優を務める高橋李依さん

 「週刊少年マガジン」(講談社)で宮島礼吏さんが連載中のラブコメディーマンガが原作のテレビアニメ「彼女、お借りします」が、MBS・TBS系の深夜アニメ枠・スーパーアニメイズムで7月10日深夜1時25分から放送される。ヒロインの一人で、極度な人見知り、けなげで頑張り屋の桜沢墨の声優を務めるのが高橋李依さんだ。墨を演じることは「挑戦」だったという高橋さんにアフレコについて聞いた。

 ◇自分の個性ではなく墨ちゃんの個性を

 「彼女、お借りします」は、恋人にフラれてしまった20歳のダメダメ大学生の木ノ下和也が、レンタル彼女の美少女・水原千鶴と出会う……というストーリー。2017年に「週刊少年マガジン」で連載がスタートした。

 アニメは、高橋さんをはじめ、水原千鶴役の雨宮天さん、七海麻美役の悠木碧さん、更科瑠夏役の東山奈央さんといった豪華声優陣が集結した。高橋さんが演じる墨は、会話もままならないほどの極度の人見知りで、自分を変えようと努力しているキャラクターだ。

 「キャストの皆さんのお名前を聞いて、安心したんです。本当にぴったり! 自分も頑張らないと!って。初めて原作を読んだ時、実は千鶴を(雨宮)天ちゃんの声で脳内再生していたこともあり、すごく頼もしかったんです! 個人的に、墨ちゃんのようなキャラクターはなかなか演じる機会もなかったので、新しい挑戦だと思いました」

 高橋さんはこれまで元気な女の子だったり、男の子だったりさまざまキャラクターを演じてきた。墨はこれまで演じたことがないタイプだったこともあり、不安もあったという。

 「出演が決まり、うれしかったけど、私でいいのかな……?と不安はありました。良くも悪くも癖が付いてきてしまった自分のお芝居ではなく、墨ちゃんの個性を出し切りたくて。私のクセが出てしまうと、墨ちゃんに迷惑がかかる……と思っていました。自分を消していくという意味で、繊細な挑戦でした」

 ◇引っ込み思案、人見知り そこだけに収まらない芝居を

 高橋さんは丁寧に墨と向き合い、繊細に演じた。

 「墨ちゃんは人見知りですが、そこだけに収まらないキャラクター性を楽しんでいただきたく、丁寧で繊細なリアクション、息を意識してみました。台本の『……』や、せりふとしては記載のない『気合を入れる』というト書きに対して、墨ちゃんならオーバーめに気合を入れるのかな?と考えたり。音響監督さんと相談しながら音を入れていきました」

 放送前に公開された墨のキャラクターPVを見ると、墨のせりふは極端に少ない。

 「PVでは4言くらいでした(笑)。本編は、モノローグがあったり、墨ちゃんの心の中の声がせりふになっていて。実は墨ちゃん、心の中ではおしゃべりなんです。ぜひ楽しみにしていてほしいですね。彼女たちと電話ができる“かのかりコール”というサービスも、電話口で一生懸命頑張っています。そちらもよろしくお願いします!」

 アニメは、繊細で丁寧に墨と向き合った高橋さんの演技が大きな見どころの一つになりそうだ。

えなこが「彼女、お借りします」ヒロインのコスプレ披露 リアルデート!?

「週刊少年マガジン」第32号に登場したえなこさん
「週刊少年マガジン」第32号に登場したえなこさん

 人気コスプレーヤーのえなこさんが、7月8日発売のマンガ誌「週刊少年マガジン」(講談社)第32号に登場した。えなこさんは同誌で連載中の宮島礼吏さんのマンガ「彼女、お借りします」のヒロイン・水原千鶴のコスプレを披露。「水原千鶴とリアルデート!?」をテーマにミニスカート姿でデートを楽しむ写真などが掲載された。

 同号は「彼女、お借りします」が巻頭カラーを飾った。

 ◇クレジット(敬称略~)

 撮影:Takeo Dec.▽スタイリング:川上舞乃▽ヘアメーク:升田みづき▽デザイン:坂上和也(banjo)

<インタビュー>東山奈央 元気っ子は「肌に合っているのかな?」 テレビアニメ「彼女、お借りします」で“妹系アイドル彼女”更科瑠夏に

「彼女、お借りします」で更科瑠夏の声優を務める東山奈央さん
「彼女、お借りします」で更科瑠夏の声優を務める東山奈央さん

 「週刊少年マガジン」(講談社)で宮島礼吏さんが連載中のラブコメディーマンガが原作のテレビアニメ「彼女、お借りします」が、MBS・TBS系の深夜アニメ枠・スーパーアニメイズムで7月10日深夜1時25分から放送される。元気いっぱいな明るい美少女で、超積極的な妹系アイドル彼女・更科瑠夏(さらしな・るか)の声優を務めるのが東山奈央さんだ。東山さんは、これまでも数々の作品で、元気な女の子役で好演してきたイメージもある。「彼女、お借りします」ではどんな演技を見せてくれるのだろうか……。東山さんに聞いた。

 ◇瑠夏は最初から通じ合っているところも

 「彼女、お借りします」は、恋人にフラれてしまった20歳のダメダメ大学生の木ノ下和也が、レンタル彼女の美少女・水原千鶴と出会う……というストーリー。2017年に「週刊少年マガジン」で連載がスタートした。

 アニメは、東山さんをはじめ、水原千鶴役の雨宮天さん、七海麻美役の悠木碧さん、桜沢墨役の高橋李依さんら豪華声優陣が集結した。東山さんが演じる瑠夏は、ある理由で自分をドキドキさせてくれる存在を探していて、そのためには少し強引な手段をとることもあるキャラクターだ。

  「原作を読んでいて、キャラクターの表情が豊かですし、動きが伝わってきたんです。キラキラしたアニメになるのかな!と楽しみになりました。瑠夏はヒロイン随一のアクティブさを持っているので、特にいっぱい動きます。感情が行動に直結する子で、作品のテンションを上げるムードメーカー的な存在でもあります。アニメになって動くのが楽しみになりました」

 瑠夏を演じる中で「私の肌に合っているのかな?」とも感じたという。

 「特に大きなディレクションを受けたことはなかったと記憶しています。私の肌に合っているのかな? 難しく考えなくても、瑠夏の気持ちが分かるな……と最初から通じ合っているところもあったのかもしれません。表情も豊かで演じるのが楽しいですし。きっとどのヒロインを演じても楽しかったのだとは思うんですけど、瑠夏はイメージがわきやすかったのかな?」

 アニメの声優陣が発表される前、原作のファンから「瑠夏役は東山さんがぴったり」という声もあった。東山さんはこれまでさまざまなタイプのキャラクターを演じてきているが、元気な女の子を演じてきたイメージも強い。

 「『瑠夏役は東山奈央』と思っていただけたことは、うれしいですし、イメージを崩さないように頑張ろう!と気が引き締まります。『東山奈央は元気っ子』と思っていただけるのもすごくうれしいです。ただ、演じやすいキャラクターというものは、自分としてはないと思っています。声優を10年やらせていただいていて、いろいろな役を演じさせていただきました。『このタイプの役は得意だぞー!』と感じることはなくて、キャラクターたちはみんなそれぞれの人生を持っていますし、こういうタイプだよねとまとめるのではなく、たった一人のその子と丁寧に向き合っていきたい。瑠夏にしてもイメージはできましたが、私は彼女ほどバイタリティーがあるわけではないので、そこに気持ちを持っていくのにはやはりエネルギーが必要でした」

 瑠夏を演じるにあたって彼女の性格、人生を分析した。

 「瑠夏はしがみついて絶対に離れないくらい、全身で愛を表現している子。どう演じるのか?をすごく考えました。勢いだけではなかなか表現できませんし、和也さんのことをどのくらい好きで、どうしてこうなったのかな?と考えると、そこには彼女だけの事情があるからなのかも……と。ガツガツする選択をしたのは、追い詰められているからなのかな? 瑠夏は、彼女なりに精いっぱいで、悪意や裏表がなくて、思っていることが声に出るタイプです。今の瑠夏の気持ちを考えるだけではダメで、彼女の人生をしっかり考えようとしました」

 ◇気になる“彼女”は桜沢墨 「気持ちがすごく分かる」

 「彼女、お借りします」のヒロインはみんな個性的だ。東山さんに「瑠夏以外に気になるヒロインは?」と聞いてみると、桜沢墨を挙げる。墨は極度の人見知りで、会話もままならないキャラクターだ。

 「墨ちゃん、可愛いですよね。一生懸命で、見守って応援したくなる。私もお仕事を始めて、積極的にしゃべるようになりましたが、元々は墨ちゃんみたいなところもあったんです。子供の時は元気だったけど、段々人見知りになったので、気持ちがすごく分かる。だから自然と応援したくなるんです。とは言いつつ、小学生の時の私は瑠夏っぽかったかも(笑い)」

 個性的なヒロインの中でも異彩を放つのが七海麻美だ。小悪魔系の麻美は物語を引っかき回し、和也らを翻弄(ほんろう)する。東山さんにとっても麻美は気になる存在なようで「女の子のドロっとしたところを濃く煮詰めた感じ。こういう子、いるいる!ってなりました。笑顔なのに目が笑っていない。気になります」と語る。

 アニメの見どころを「和也さん目線で見ると、どうしても千鶴にベクトルが向いてしまって、もしかすると後から登場してくる瑠夏は好き嫌いが分かれるキャラクターかもしれません。でも、もし好きな女の子にこんなことをしてもらったら、きっとうれしいだろうな~と思わせてくれるのが瑠夏です! そんな目線で瑠夏を見ていただけると、幸せに感じると思います。ぜひ見てください!」と話す東山さん。アニメが始まれば、可愛く、一生懸命な瑠夏のとりこになるファンも多いはず。東山さんの熱演に注目したい。

<インタビュー>悠木碧 「彼女、お借りします」で小悪魔・七海麻美に 「私が恐怖しているタイプ」 ゾッとする怖さを表現

「彼女、お借りします」で七海麻美の声優を務める悠木碧さん
「彼女、お借りします」で七海麻美の声優を務める悠木碧さん

 「週刊少年マガジン」(講談社)で宮島礼吏さんが連載中のラブコメディーマンガが原作のテレビアニメ「彼女、お借りします」が、MBS・TBS系の深夜アニメ枠・スーパーアニメイズムで7月10日深夜1時25分から放送される。ヒロインの一人でゆるふわ小悪魔系な七海麻美の声優を務めるのが悠木碧さんだ。麻美は、腹黒い面もあり、物語を引っかき回す重要なキャラクターで、悠木さんは「ラスボス」と表現する。麻美を演じることは「チャレンジでした」という悠木さんにアフレコについて聞いた。

 ◇麻美に勝てる気がしないです 絶対に負けます

 「彼女、お借りします」は、恋人にフラれてしまった20歳のダメダメ大学生の木ノ下和也が、レンタル彼女の美少女・水原千鶴と出会う……というストーリー。2017年に「週刊少年マガジン」で連載がスタートした。

 黒髪ロングにスタイル抜群な千鶴、ゆるふわな麻美など美少女が続々と登場する。数多くのラブコメマンガ、アニメがある中で、悠木さんは「女の子の描写がリアル」と感じたという。

 「水原と麻美は特にリアルですね。水原ほど芯が通った人はなかなかいないですが、麻美は、こういう子いる!ってなったり。アニメ、マンガは、みんなの理想が描かれることが多いけど、麻美はモデルがいるのでは?となるくらいリアル。リアルで魅力的なんです。女の子のことが分かっている!ってなりました。和也もリアルですよね。情けないようで、気合が入ると格好よかったり、人間らしいんです」

 麻美は、和也の元恋人の美少女。可愛らしい外見や雰囲気とは裏腹に、黒い一面を見せることもある。悠木さんは「私が恐怖しているタイプです」と明かす。

 「勝てる気がしないです。絶対に負けます。麻美のような女の子からいかに逃げるかを考えて生きてきましたし、ビビりながら観察してきました。観察してきたことが、麻美を演じることに生きているのですが……。しなかやかで強いですし、魅力的。女性として最強! 自分が提供できるもの、譲れないものの駆け引きがうまい。私にはできません。だから、憧れもあります。社会性もあって、立ち回りもうまく、こんな器用にはなかなかなれません。怖いところが魅力的なんです」

 ◇今までにいないタイプ 嫌われるとうれしい 

 麻美には、底知れない怖さを感じるところもある。和也をはじめとしたキャラクターを振り回す場面もある。

 「4人のヒロインの中で一番リアルなキャラクターかもしれません。ゾッとする怖さも見えてきます。これまでもいろいろな強キャラを演じさせていただきましたが、今までにいないタイプ。チャレンジでした。表面は可愛いけど、芯が冷え切っている。冷めている芯をいかにオブラートに包んでいくかを考えていました。芯が透けて見えるんですよね。大福の中の黒いあんこが透けて見えてくるような。そういう生っぽさ、温度感を出していきたかったんです。ヒロインと電話できる“かのかりコール”というサービスもあるのですが、これも魅力的です! 元カノ感を意識して生っぽく演じたので、ぜひ聞いてください。私も電話でこんな会話をしたら、好きになるかも……と演じました」

 悠木さんは、麻美を「世界で一番可愛いラスボス」とも表現する。

 「怖い!と思っていただけたり、嫌われるとうれしいです。こんなふうに演じている人は、絶対に嫌な人なんだろう……と思われたら、それはそれでうれしいですし(笑い)。こういう役をどんどんやってみたいです。人間には、いろいろな面がありますし、いろいろなキャラクターを演じ、新しいことができることが楽しいので」

 「ほかのヒロインもいとおしいですし、見たことがないラブコメになっています。麻美には、いろいろな意味でドキドキさせられるはず!」と語る悠木さん。麻美にドキドキしたり、恐怖を感じたりと、視聴者も振り回されることになりそうだ。

<インタビュー>雨宮天 「彼女、お借りします」の“理想の彼女”千鶴に共感も 人間らしい感情の揺らぎを意識

「彼女、お借りします」で水原千鶴の声優を務める雨宮天さん
「彼女、お借りします」で水原千鶴の声優を務める雨宮天さん

 「週刊少年マガジン」(講談社)で宮島礼吏さんが連載中のラブコメディーマンガが原作のテレビアニメ「彼女、お借りします」が、MBS、TBS系などの深夜アニメ枠「スーパーアニメイズム」で7月10日深夜1時25分から放送される。ヒロインで、黒髪ロングにスタイル抜群の美少女・水原千鶴の声優を務めるのが雨宮天さんだ。雨宮さんは“理想の彼女”とも言われる千鶴を演じる中で、キャラクターに共感しつつ「人間らしい感情の揺らぎ」を表現したという。雨宮さんにアフレコについて聞いた。

 ◇優柔不断な和也にイライラ

 「彼女、お借りします」は、恋人にフラれてしまった20歳のダメダメ大学生の木ノ下和也が、レンタル彼女の美少女・水原千鶴と出会う……というストーリー。2017年に「週刊少年マガジン」で連載がスタートした。

 雨宮さんが演じる千鶴は、街を歩けば10人中10人が振り返るほどの美少女で、とっさの状況でも何とかする対応力を兼ね備え、真面目。ある夢をかなえるために日々努力を欠かさない。まさに理想の彼女だ。雨宮さんは原作を読んで、千鶴の魅力に引き込まれた。一方でダメダメな和也には……。

 「読んでいて、和也にとにかくイライラしました。千鶴目線で読んでいたからでしょうか? 千鶴はすごくしっかりしているので、和也の優柔不断さが際だって、何なの!?しっかりしてよ!って(笑い)。千鶴はすごく共感できるんです。いつも正しくて、強くて、お人よしで、好きになる要素しかありません。そんな千鶴が、和也に対して感情をあらわにするところを共感しながら読んでいました。オーディションでも千鶴が和也に対して怒るシーンがあったのですが、私も感じた素直な気持ちで演じました」

 ◇人間らしい感情の揺らぎを意識

 真っすぐでしっかりしている千鶴は雨宮さんに重なるところがある。共演者からそんな声を聞くことがあった。雨宮さんは「うれしいですね。でも、私は千鶴みたいにすてきじゃないし、ストイックではないです。千鶴のように、思ったことをはっきり言ったり、自分の道をいくところはありますが」と話す。

 千鶴は理想の彼女ではあるが、和也に対して怒りをあらわにするなどさまざまな表情を見せる。怒るシーンは「もっと激しく怒っていいですよ」というディレクションがあり、雨宮さんは思いきり感情をぶつけることもあったという。雨宮さんが演じる中で苦労したのは、一人になった時に千鶴がふと見せる表情だ。

 「和也の前では強くて、キリッとしている千鶴ですが、一人になった時の表情を大事にしたいと考えていました。千鶴は、いろいろなことを感じていて、そういった人間らしい感情の揺らぎを意識していました。原作を読んでいて、素の千鶴が見せる表情が可愛い……と感じましたし、周りの人が見ると可愛く、いとおしく見えるんですよね。私が感じた可愛さを表現しようとしましたが、ちゃんと演じられているのかな?と。強いはずの千鶴が見せる弱さ、自然な可愛さ……。難しかったです」

 ◇俺がいなきゃダメ! 雨宮天もメロメロなキャラは…

 千鶴以外にも魅力的なヒロインが続々と登場する。雨宮さんが千鶴以外で好きなキャラクターは健気で頑張り屋な桜沢墨で、ゆるふわ小悪魔系の七海麻美も気になる存在だという。

 「彼女にするなら?と考えていたのですが、やっぱり断トツで墨ちゃんです。俺がいなきゃダメ!俺が守ってあげる!背中を教えてあげたい!となります。麻美は怖い……。アニメもあおさん(麻美を演じる悠木碧さん)の演技がとにかくすごくて、怖いです。演技を含めて、今度はどうなるんだ!?とワクワクしていました」

 アニメの見どころを「キャラクターがみんないい人なんですね。友情の物語、人間ドラマが見どころです。女の子も見てほしいですね。本当にすてきで、原作を読んで泣いたシーンもあります」と話す雨宮さん。雨宮さんら声優陣の熱演が人間ドラマを盛り上げてくれそうだ。

テレビアニメ本PV公開 水原千鶴が水着に 雨宮天、悠木碧、東山奈央、高橋李依出演の特番も

テレビアニメ「彼女、お借りします」の本PVの一場面(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
テレビアニメ「彼女、お借りします」の本PVの一場面(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会

 「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中のラブコメディーマンガが原作のテレビアニメ「彼女、お借りします」の本PVが6月7日、公開された。ヒロインの水原千鶴、七海麻美、更科瑠夏、桜沢墨らが登場。水原千鶴が水着姿を披露した。

 雨宮天さん、悠木碧さん、東山奈央さん、高橋李依さんが出演する特番「ニコ生、お借りします」が6月13日午後8時からニコニコ生放送で配信されることも発表された。追加スタッフも発表され、石黒文子さんが色彩設計、秋葉みのるさんが美術監督、坂井慎太郎さんが撮影監督、中葉由美子さんが編集、高桑一さんが音響監督をそれぞれ担当することが分かった。

(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会

テレビアニメがスーパーアニメイズムで7月10日スタート 追加キャスト ヒロイン集結のビジュアルも

テレビアニメ「彼女、お借りします」のキービジュアル(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
テレビアニメ「彼女、お借りします」のキービジュアル(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会

 「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中のラブコメディーマンガが原作のテレビアニメ「彼女、お借りします」が、MBS・TBS系の深夜アニメ枠・スーパーアニメイズムで7月10日深夜から放送されることが分かった。野沢由香里さんがダメダメ大学生・木ノ下和也の祖母の和、赤坂柾之さんが和也の幼なじみの木部芳秋、梶原岳人さんが和也の友人の栗林駿をそれぞれ演じることも発表された。水原千鶴ら4人のヒロインが描かれたキービジュアルも公開された。

 ◇キャスト(敬称略)

 水原千鶴:雨宮天▽七海麻美:悠木碧▽更科瑠夏:東山奈央▽桜沢墨:高橋李依▽木ノ下和也:堀江瞬▽木ノ下和:野沢由香里▽木部芳秋:赤坂柾之▽栗林駿:梶原岳人

(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会

the peggiesがテレビアニメのOP担当 EDはhalca

アニメ「彼女、お借りします」のオープニングテーマを担当する「the peggies」
アニメ「彼女、お借りします」のオープニングテーマを担当する「the peggies」

 「週刊少年マガジン」(講談社)で宮島礼吏さんが連載中のラブコメディーマンガが原作のテレビアニメ「彼女、お借りします」で、3人組ガールズバンド「the peggies」がオープニングテーマを担当することが4月26日、分かった。歌手のhalcaさんがエンディングテーマを担当する。

 the peggiesのメンバーは、オープニングテーマについて「完全に作品に寄り添う形で制作することができたと思ってます。オープニングテーマなので、毎週『彼女、お借りします』を楽しみにしているみなさんのワクワクを解放させられるような、アニメの世界観にグッと引き込める手助けになれたらいいなと思ってます。聴きどころで言うと、和也が千鶴に対して言ったせりふでとても印象に残るものがあって、絶対に歌詞にしたいと思いサビに入れました。見つけてみてほしいです。あとは、Bメロの歌詞とサウンドがユニークなのでそこにも注目していただけたらうれしいです!」と話している。

 halcaさんは「新曲は、初めてのことがてんこ盛りな曲です! 曲の中でため息にも初挑戦してみました! 何度か出てくるので注目して聴いてみてください! 1番のサビ終わりで気持ちを伝えようとするんですが『ええ~!そんなごまかし方ある?!』とツッコミたくなるようなヒャダインさんの楽曲ならではのほほえましいポイントもあるので、ぜひフルサイズでも聴いてみてくださいね♪ 今からオンエアが楽しみです!」とコメントを寄せている。

桜沢墨のデートビジュアル公開 けなげで頑張り屋とボウリングデート 恥ずかしそうに上目遣い

「彼女、お借りします」の桜沢墨のデートビジュアル(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
「彼女、お借りします」の桜沢墨のデートビジュアル(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会

 「週刊少年マガジン」(講談社)で宮島礼吏さんが連載中のラブコメディーマンガが原作のテレビアニメ「彼女、お借りします」のヒロインの一人の桜沢墨のデートビジュアルが3月22日、公開された。笑顔が可愛く、けなげで頑張り屋な墨とのボウリングデートのビジュアルで、墨がレーンで転んでしまい、少し恥ずかしそうにしつつ上目遣いで見つめる姿が描かれている。墨を演じる高橋李依さんの声を聞くことができる墨のキャラクターPVも公開された。

(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会

更科瑠夏のデートビジュアル公開 超積極的な妹系アイドル彼女とボルダリング

アニメ「彼女、お借りします」の更科瑠夏のデートビジュアル(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
アニメ「彼女、お借りします」の更科瑠夏のデートビジュアル(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会

 マンガ誌「週刊少年マガジン」(講談社)で宮島礼吏さんが連載中のラブコメディーマンガが原作のテレビアニメ「彼女、お借りします」のヒロインの一人の更科瑠夏のデートビジュアルが3月15日、公開された。超積極的な妹系アイドル彼女の更科瑠夏とのボルダリングデートが描かれている。更科瑠夏が登場するキャラクターPVも公開された。

(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会

七海麻美のデートビジュアル公開 ゆるふわ小悪魔系が水着に

アニメ「彼女、お借りします」の七海麻美のキャラクターPVの一場面(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
アニメ「彼女、お借りします」の七海麻美のキャラクターPVの一場面(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会

 マンガ誌「週刊少年マガジン」(講談社)で宮島礼吏さんが連載中のラブコメディーマンガが原作のテレビアニメ「彼女、お借りします」のヒロインの一人の七海麻美のデートビジュアルが3月8日、公開された。水着姿のゆるふわ小悪魔系の七海麻美が描かれている。七海麻美が登場するキャラクターPVも公開された。

(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会

テレビアニメがアニメイズムで7月スタート 水原千鶴のPVも公開

「彼女、お借りします」のビジュアル(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
「彼女、お借りします」のビジュアル(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会

 「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中の宮島礼吏さんのラブコメディーマンガが原作のテレビアニメ「彼女、お借りします」が、MBS、TBSなどの深夜アニメ枠「アニメイズム」で7月から放送されることが3月1日、明らかになった。ヒロインの水原千鶴が登場するキャラクターPV第1弾も公開された。

 「彼女、お借りします」は、恋人にフラれてしまった20歳のダメダメ大学生・木ノ下和也が、レンタル彼女の美少女、水原千鶴と出会う……というストーリー。2017年に同誌で連載がスタートした。

(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会

「マガジン」の人気ラブコメ「彼女、お借りします」がテレビアニメ化 2020年7月スタート ヒロイン声優に雨宮天 悠木碧、東山奈央、高橋李依も

アニメ「彼女、お借りします」のビジュアル(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
アニメ「彼女、お借りします」のビジュアル(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会

 マンガ誌「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中の宮島礼吏さんのラブコメマンガ「彼女、お借りします」がテレビアニメ化され、2020年7月から放送される。雨宮天さんがヒロインの水原千鶴を演じるほか、悠木碧さんが七海麻美役、東山奈央さんが更科瑠夏役、高橋李依さんが桜沢墨役、堀江瞬さんが木ノ下和也役として出演する。「雨色ココア Rainy colorへようこそ!」などの古賀一臣さんが監督を務め、「名探偵コナン」「ルパン三世」などのトムス・エンタテインメントが制作する。

 「彼女、お借りします」は、恋人にフラれてしまった20歳のダメダメ大学生・木ノ下和也が、レンタル彼女の美少女、水原千鶴と出会う……というストーリー。2017年に同誌で連載がスタートした。コミックスの累計発行部数は300万部以上。

 ◇キャスト(敬称略)

 水原千鶴:雨宮天▽七海麻美:悠木碧▽更科瑠夏:東山奈央▽桜沢墨:高橋李依▽木ノ下和也:堀江瞬

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:古賀一臣▽シリーズ構成:広田光毅▽キャラクターデザイン:平山寛菜▽音楽:ヒャダイン▽アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会
(C)宮島礼吏・講談社/「彼女、お借りします」製作委員会

彼女、お借りしますMBS・TBS系 深夜アニメ枠・スーパーアニメイズム
2020年7月10日深夜からスタート