呪術廻戦 ニュース

第1弾キービジュアル公開 伏魔御厨子の前に立つ虎杖悠仁、両面宿儺 アニメのスタッフのコメントも

「呪術廻戦」の第1弾キービジュアル(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
「呪術廻戦」の第1弾キービジュアル(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の芥見下々(あくたみ・げげ)さんのマンガが原作のテレビアニメ「呪術廻戦」の第1弾キービジュアルが5月25日、公開された。両面宿儺(りょうめん・すくな)の領域展開・伏魔御厨子(ふくま・みづし)の前に立つ虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)と両面宿儺が描かれている。

 アニメのスタッフのコメントも公開された。朴性厚監督は「当時、韓国で作業をしていたため、お話をいただいたのは、Skype打ち合わせ時でした。原作を読んでいなかったので、すぐに読ませていただきましたが、これがめちゃくちゃ面白くてかなり燃えました。娘たちも原作のファンで、アニメ業界17年目にして、初めて娘たちに認めてもらえましたね。マンガから感じたキャラクターたちの息吹を、声優さんたちの演技や、生き生きと動くアニメーションで、さらなる高みに昇華したいと思っています。ぜひ、呪術廻戦アニメーション、応援よろしくお願いします」とコメント。

 シリーズ構成、脚本の瀬古浩司さんは「お話をいただいてから原作を読んだのですが、その面白さ、格好よさに、子供の頃、毎週むさぼるように読んだジャンプ作品のように、ぐいぐい引きずり込まれました。そのような作品に参加できることを光栄に思います。見どころは、キャラクターの掛け合いとバトルです。『呪術廻戦』はまずキャラクターそのものが、ほかとは一線を画す強烈な個性を持っていて、そのキャラ同士が掛け合うことによって爆発的な化学反応が起きる作品だと思っています。バトルに関しては僕自身すごく楽しみで、早く見たいです!」と話している。

 また、両面宿儺役の声優の諏訪部順一さんは「非常に重要な役どころなのでプレッシャーも大きいですが、特級呪物の説得力を全力で表現していこうと思います。ご視聴よろしくお願いします!」とコメントを寄せている。

(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

スーパーアニメイズムで10月スタート MAPPA制作 諏訪部順一が両面宿儺に

「呪術廻戦」のPVの一場面(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
「呪術廻戦」のPVの一場面(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の芥見下々(あくたみ・げげ)さんのマンガが原作のテレビアニメ「呪術廻戦」が、10月からMBS・TBS系の深夜アニメ枠「スーパーアニメイズム」で放送されることが5月20日、分かった。朴性厚さんが監督を務め、瀬古浩司さんがシリーズ構成、脚本、平松禎史さんがキャラクターデザインを担当。MAPPAが制作する。諏訪部順一さんが呪いの王・両面宿儺(りょうめん・すくな)の声優を務めることも発表された。

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:朴性厚▽シリーズ構成・脚本:瀬古浩司▽キャラクターデザイン:平松禎史▽音楽:堤博明、照井順政、桶狭間ありさ▽制作:MAPPA

 ◇キャスト(敬称略)

 虎杖悠仁:榎木淳弥▽伏黒恵:内田雄馬▽釘崎野薔薇:瀬戸麻沙美▽五条悟:中村悠一▽両面宿儺:諏訪部順一

(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

テレビアニメ「呪術廻戦」の五条悟役は中村悠一 ティザービジュアルも公開

テレビアニメ「呪術廻戦」のティザービジュアル (C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
テレビアニメ「呪術廻戦」のティザービジュアル (C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

 マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の芥見下々(あくたみ・げげ)さんのマンガが原作のテレビアニメ「呪術廻戦」に声優として中村悠一さんが出演することが12月22日、分かった。中村さんは、東京都立呪術高等専門学校の教師で特級呪術師の五条悟を演じる。アニメのティザービジュアルも公開された。呪物“両面宿儺の指”を飲み込もうとする主人公の虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)が描かれている。同日、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催された「ジャンプフェスタ2020」で行われたイベントで発表された。

 中村さんは、原作のPVでも同役を演じており、この日のイベントでは「キャストが変わったら困るなと思っていました」とジョークを交えながらコメント。イベントには、虎杖悠仁役の榎木淳弥さん、伏黒恵役の内田雄馬さん、釘崎野薔薇役の瀬戸麻沙美さん、原作者の芥見さんも登場した。

(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
(C)芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

「ジャンプ」のダークファンタジー「呪術廻戦」がテレビアニメ化 榎木淳弥が主人公の声優に 内田雄馬、瀬戸麻沙美も

「呪術廻戦」がテレビアニメ化されることが発表された「週刊少年ジャンプ」52号(C)週刊少年ジャンプ2019年52号/集英社
「呪術廻戦」がテレビアニメ化されることが発表された「週刊少年ジャンプ」52号(C)週刊少年ジャンプ2019年52号/集英社

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の芥見下々(あくたみ・げげ)さんのマンガ「呪術廻戦」がテレビアニメ化されることが11月25日、明らかになった。榎木淳弥さんが主人公・虎杖悠仁を演じるほか、内田雄馬さんが伏黒恵役、瀬戸麻沙美さんが釘崎野薔薇役の声優として出演する。作者の芥見さんは「アニメは作るのが大変ですので、あまり邪魔にならないよう頑張ります」とコメントを寄せている。11月25日発売の同誌52号で発表された。

 「呪術廻戦」は、強力な“呪物”の封印が解かれたことで高校生の虎杖が、呪いを巡る戦いの世界に身を投じることになる……というダークファンタジー。2018年から週刊少年ジャンプで連載中で、コミックスが第7巻まで発売されている。コミックス第1巻が発売後、すぐに重版がかかるなど人気を集めている。

 ◇榎木淳弥さんのコメント

 真っすぐなキャラクターなので、演じる際にはあまり考え込みすぎないようにしたいなと。あとはキャストやスタッフの皆さんと力を合わせて、生き生きと芝居ができ来るように頑張りたいと思います。

 ◇内田雄馬さんのコメント

 第一印象は無愛想な人。その内にどんな想(おも)いを秘めて呪術師として生きているのか気になっています。収録はまだ始まっていないので、どんな物語が待っているか楽しみです!!

 ◇瀬戸麻沙美さんのコメント

 今は原作を読んで彼女を研究していきたいです。アフレコはまだなので、ひとまず自分から見えた彼女を表現するために必要だと思うものを準備しておこうかなと。加えて自分の中で彼女のイメージを固めすぎないようにするのが課題だと思っています。