イエスタデイをうたって あらすじ

イエスタデイをうたってあらすじ

 アニメ「イエスタデイをうたって」は、冬目景さんの人気マンガが原作。「イエスタデイをうたって」は、大学卒業後、定職には就かずにコンビニでアルバイトをしているリクオ、ミステリアスな少女・ハルら若者の恋を描いたマンガ。1997年に「ビジネスジャンプ」(集英社)で連載がスタートし、同誌の休刊に合わせて創刊された「グランドジャンプ」(同)に移籍。2015年まで約18年にわたって連載された。コミックスのシリーズ累計発行部数は140万部以上。

 テレビアニメは、小林親弘さんが魚住陸生(リクオ)、宮本侑芽さんが野中晴(ハル)、花澤香菜さんがリクオの大学の同級生・森ノ目しな子、花江夏樹さんが美大を目指し予備校に通う高校3年生の早川浪をそれぞれ演じる。「NEW GAME!」などの藤原佳幸さんが監督を務め、シリーズ構成、脚本を担当。動画工房が制作する。4月4日深夜1時半から放送される。同作は、BS朝日で放送されるほか、AbemaTVで配信される。全12話。

 アニメ「イエスタデイをうたって」は、テレビ朝日が4月に新設する深夜アニメ枠「NUMAnimation(ヌマニメーション)」の第1弾として放送する。深くハマってしまうという意味の「沼」「沼落ち」をコンセプトに、国内、海外のアニメファンに「面白そう」「何か好きで見ちゃう」と思われる枠を目指す。

アニメ「イエスタデイをうたって」のあらすじ

イエスタデイをうたってテレビ朝日 深夜アニメ枠「NUMAnimation(ヌマニメーション)」
4月4日深夜1時半から放送
BS朝日で放送されるほか、AbemaTVで配信。全12話。