日本沈没2020 あらすじ

日本沈没2020あらすじ

 アニメ「日本沈没2020」は、映画化、テレビドラマ化されてきた小松左京さんのSF小説「日本沈没」を初めてアニメ化。「四畳半神話大系」などで知られる湯浅政明さんが監督を務める。2020年にNetflixで全世界に配信される。

 「日本沈没」は1973年に発表された小説で、累計発行部数が約470万部を誇るベストセラー。同年、公開された実写映画は配給収入が約28億2000万円を記録した。2006年には、草なぎ剛さん、柴咲コウさんが出演する実写映画が公開され、興行収入が53億4000万円を記録するなど大ヒットした。

 アニメ「日本沈没2020」は、2020年、東京五輪を終えたばかりの日本で突然、大地震が起こる。大混乱の中、東京都内に住むごく普通の家族、武藤家の歩(あゆむ)と剛(ごう)の姉弟らは東京からの脱出を始めるが、沈みゆく日本列島は、容赦なく武藤家の面々を追い詰める。極限状態で突きつけられる生と死、出会いと別れの選択などが描かれる。全10話。

アニメ「日本沈没2020」のあらすじ