球詠 ニュース

<アニメ質問状>「球詠」 細かい野球描写にこだわり モーションアクターは女子プロ

「球詠」の一場面(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
「球詠」の一場面(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部

 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は、「まんがタイムきららフォワード」(芳文社)で連載中のマウンテンプクイチさんの女子野球マンガが原作のテレビアニメ「球詠(たまよみ)」。尾崎源太プロデューサーに作品の魅力などを語ってもらいました。

 --作品の概要と魅力は?

 野球に詳しい人も、そうでない人も「野球って楽しいんだ」と思えるような作品です。中学時代は1回戦負けチームのエース・武田詠深と幼なじみで中学時代に全国大会経験者の山崎珠姫を中心に、個性豊かな仲間たちと、廃部寸前の野球部を復活させて、高校で全国大会を目指す物語です。

 --アニメにするときに心がけたことは?

 本作は野球シーンをたっぷり描いており、シーンによっては3DCGを使用しながら表現しています。その3DCGのモデルは、物語の舞台が埼玉県なだけに、埼玉の女子プロ野球チームである埼玉アストライアの選手の皆様にモーションアクターをやっていただいています。女子高生のお話なのですが、プロ野球選手の皆様がモデルですので、たまにびっくりするくらいうまい時があります。

 --作品を作る上でうれしかったこと、逆に大変だったことは?

 本作はスタッフも野球好きが集まっているので、細かい野球描写にこだわれるところが楽しかったです。状況に応じてスイングが変わったり、掛け声の芝居が変わったりと、野球シーンにはこだわっています。野球シーンに関しては見どころでもありますが、逆に難しいところでもありました。常に状況が変わるので、このシーンでベンチにいるのは誰か、守備のシフトはどうなっているべきかなど、うそがつけない野球ならではの大変さがありました。

 --今後の見どころを教えてください。

 やはり後半の公式戦ですね。オープニング映像にも映っていますが、敵チームも続々出てきます。新生・新越谷高校は、強豪ぞろいの埼玉県大会でどこまで勝負ができるのか、ぜひお楽しみに!

 --ファンへ一言お願いします。

 いつもご視聴いただきありがとうございます。本気の野球を見たい方にも、可愛い女子高生の青春ストーリーを見たい方にも楽しんでいただける作品になっていると思います。仲間が少しずつ集まって、目標に向かって突き進んでいく新越谷高校のドラマをお楽しみください。

 プロデューサー 尾崎源太

内田真礼、4番捕手・浅井花代子に 春野杏、河瀬茉希も 柳川大付属川越キャスト

「球詠」に声優として出演する内田真礼さん
「球詠」に声優として出演する内田真礼さん

 女子野球マンガが原作のテレビアニメ「球詠(たまよみ)」に声優として内田真礼さん、春野杏さん、河瀬茉希さんが出演することが4月22日、分かった。内田さんらは、主人公・武田詠深が所属する新越谷高校野球部と対戦することになる柳川大付属川越高校の選手を演じる。内田さんは4番で捕手の浅井花代子役、河瀬さんは2年生エースの朝倉智景役、春野さんは2番手投手の大野彩優美役として出演。第4話「約束のあの球」に登場する。

(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部

「球詠」が叡山電鉄とコラボ ラッピング車両運行 オリジナルきっぷも

「球詠」と叡山電鉄のコラボきっぷ
「球詠」と叡山電鉄のコラボきっぷ

 「まんがタイムきららフォワード」(芳文社)で連載中のマウンテンプクイチさんの女子野球マンガが原作のテレビアニメ「球詠(たまよみ)」と京都市の鉄道・叡山電鉄がコラボすることが分かった。

 「球詠」のキャラクター、武田詠深(よみ)や山崎珠姫(たまき)などが描かれたラッピング車両が4月25日から運行する。出町柳駅(京都市左京区)、修学院駅(同)などでコラボポスターが展示される。オリジナルきっぷや1日乗車券、特別入場券、特典台紙のセット(限定1000セット・2050円)も発売される。9月30日まで。

 「球詠」は、2016年から「まんがタイムきららフォワード」で連載中の女子野球マンガ。野球部が停部中の新越谷高校を舞台に、武田詠深が幼なじみの山崎珠姫と再会し、バッテリーを組み、全国大会を目指す姿を描く。アニメが4月1日からTOKYO MX、ABCテレビほかで順次放送される。

<アニメ紹介>「球詠」 「きららフォワード」の女子野球マンガがテレビアニメ化 少女たちが全国目指す

「球詠」の一場面(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
「球詠」の一場面(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部

 「まんがタイムきららフォワード」(芳文社)で連載中のマウンテンプクイチさんの女子野球マンガが原作のテレビアニメ「球詠(たまよみ)」が、4月1日からTOKYO MX、ABCテレビほかで順次、放送される。「MAJOR(メジャー)」シリーズなどの福島利規さんが監督を務める。

 新越谷高校に進学した武田詠深(よみ)は、そこで幼なじみの山崎珠姫(たまき)と再会する。詠深は中学時代、受け止められるキャッチャーがいないために鋭く変化する魔球を投げられず、野球への気持ちをあきらめかけていた。しかし、強豪チームで実力を磨いていた珠姫は、詠深の変化球を受け止めることができた。

(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部


 再会した二人はバッテリーを組み、クラスメートの川口姉妹や仲間たちと共に停部中の野球部を復活させる。新生・新越谷高校野球部が全国大会を目指して奮闘する姿が描かれる。

 「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」などの前田佳織里さんが詠深、「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 CLIMAX SEASON」などの天野聡美さんが珠姫をそれぞれ演じるほか、野口瑠璃子さん、橋本鞠衣さん、永野愛理さん、北川里奈さんらが声優として出演。「フレームアームズ・ガール」などのstudio A-CATが制作する。

(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部

麻枝准がOP、ED作詞・作曲 「野球なら麻枝、麻枝なら野球」

「球詠」のビジュアル(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
「球詠」のビジュアル(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部

 「まんがタイムきららフォワード」(芳文社)で連載中のマウンテンプクイチさんの女子野球マンガが原作のテレビアニメ「球詠(たまよみ)」で、人気ゲームクリエーターの麻枝准(まえだ・じゅん)さんがオープニングテーマ(OP)、エンディングテーマ(ED)の作詞、作曲を手がけることが分かった。麻枝さんは「『野球なら麻枝、麻枝なら野球』と言われているぐらいなので、プレッシャーもありますが、どんな映像がついて流れるのかお客さんと一緒に楽しみたいと思います」とコメントを寄せている。

 前田佳織里さんら声優陣による「新越谷高校女子野球部」がオープニングテーマ「Never Let You Go!」、シンガー・ソングライターの七穂さんがオープニングテーマ「Never Let You Go!」を歌う。

新ビジュアル公開 新越谷高校野球部全員集合

「球詠」のキービジュアル(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
「球詠」のキービジュアル(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部

 女子野球マンガが原作のテレビアニメ「球詠(たまよみ)」の新たなキービジュアルが1月31日、公開された。ビジュアルでは、新越谷高校野球部が全員集合した。

主人公の声優に前田佳織里 初主演で「全力投球」 永野愛理、富田美憂、本泉莉奈、佳村はるかも

「球詠」で武田詠深の声優を務める前田佳織里さん(左)と武田詠深のビジュアル(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
「球詠」で武田詠深の声優を務める前田佳織里さん(左)と武田詠深のビジュアル(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部

 女子野球マンガが原作のテレビアニメ「球詠(たまよみ)」で、前田佳織里さんが主人公・武田詠深の声優を務めることが9月20日、明らかになった。前田さんは初主演で「熱い気持ちを込めて、詠深と皆と一緒に全力投球したいと思います!」と意気込んでいる。

 天野聡美さんが詠深とバッテリーを組む捕手の山崎珠姫を演じるほか、野口瑠璃子さん、橋本鞠衣さん、永野愛理さん、北川里奈さん、富田美憂さん、宮本侑芽さん、本泉莉奈さん、白城なおさん、佳村はるかさんが出演する。

(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部

 ◇キャスト(敬称略)

 武田詠深:前田佳織里▽山崎珠姫:天野聡美▽中村希:野口瑠璃子▽藤田菫:橋本鞠衣▽藤原理沙:永野愛理▽川崎稜:北川里奈▽川口息吹:富田美憂▽岡田怜:宮本侑芽▽大村白菊:本泉莉奈▽川口芳乃:白城なお▽藤井杏夏:佳村はるか

 ◇前田佳織里さんのコメント

 明るくて強くて可愛くて、こんなすてきな女の子を演じることができるなんて夢のようです! 熱い気持ちを込めて、詠深と皆と一緒に全力投球したいと思います! 主演を演じさせていただけることも初めてで、慣れないこともあるかと思いますが、「球詠」を盛り上げていけるように全力を尽くします!

 ◇天野聡美さんのコメント

 普段あまり屋外に出ることがない私がまさかこんな熱いスポーツアニメに携わるなんて……! アニメに1話から声を当てるのも初めてなのですごくドキドキしています。仲間との関係と野球に懸ける想(おも)いを大切に演じていきたいです。よろしくお願いいたします!

 ◇野口瑠璃子さんのコメント

 原作を読ませていただいた際、キャラクターの可愛らしい魅力に加え、真剣に野球に取り組む熱いストーリーに心惹(ひ)かれました。今回、希役として博多弁を駆使しながら、作品の素晴らしさ、熱さを皆様にお伝えできるよう、精いっぱい頑張ります! どうぞよろしくお願いします。

 ◇橋本鞠衣さんのコメント

 ほぼ初めてに近いアニメ出演のため、マネジャーさんから電話連絡をいただいた後、果たしてこれは現実か……? ドッキリでは……?と思うほど困惑しました(笑い)。しかも、好きな野球の作品ということでウキウキしています! とても緊張しますが、ナインのみんなと仲良く楽しく挑みます!

 ◇永野愛理さんのコメント

 私はずっと野球が大好きなので、球詠という作品に関われることが本当にうれしく、幸せです。女の子が真剣に野球に取り組む姿が可愛らしくもあり、そして何より格好よくて輝いているこの作品。その世界観を皆さんにお届けできるよう、全力でアフレコに臨みたいと思います。よろしくお願いします。

 ◇北川里奈さんのコメント

 稜という天真らんまんな女の子を演じさせていただけること、素直にうれしいです。そして野球作品には憧れがあったので、今回携わることができて光栄です。野球をプレーするその臨場感を、声の側面からもしっかりお伝えできたらと思います!!

 ◇富田美憂さんのコメント

 私も息吹と同じく野球は初心者なので、これから野球にたくさん触れることができることにワクワクしています! 新越(新越谷)の中ではツッコミ&ストッパーでもある息吹の魅力を皆さんにお伝えできるように頑張りますので、可愛いだけじゃない、彼女たちの野球にかける想い、熱い青春を見届けていただけたらうれしいです!

 ◇宮本侑芽さんのコメント

 こんなに可愛い野球少女たちから慕われる(!?)キャプテン・岡田怜の声を演じさせていただいて、とてもうれしく思います! この作品を通して「可愛いだけじゃない、熱く!」「萌えるだけじゃなく、燃える青春を!」 新越のメンバーと、そして皆様と一緒に味わえたらなあ、と思います!

 ◇本泉莉奈さんのコメント

 私自身スポーツは大好きですし、スポーツものに携わるのが初めてだったので、決まった時はとてもうれしかったです。キャラクター全員に詰まっている魅力をたくさんお届けできるように、彼女たちの青春を白菊とともに全力で楽しみたいと思います!

 ◇白城なおさんのコメント

 オーディションの時はどうしても受かりたいという気持ちが強すぎて、心に余裕がなく、とても緊張したのを覚えています。絶対落ちたと思っていたので、決まったと聞いた時は、泣き虫な私ですが、涙が出ないくらい驚きました。新越の夏を背負って、芳乃と一緒に精いっぱい頑張りますので、よろしくお願いいたします!

 ◇佳村はるかさんのコメント

 初めての顧問兼監督役でワクワクどきどきしております! 選手たちとはまた違う視点で冷静に試合を見極め、指導する藤井先生を大切に演じさせていただきたいと思います。

(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部

テレビアニメ「球詠」が2020年春開幕 「MAJOR」の福島利規が監督

「球詠」のティザービジュアル(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部
「球詠」のティザービジュアル(C)マウンテンプクイチ・芳文社/新越谷高校女子野球部

 「まんがタイムきららフォワード」(芳文社)で連載中のマウンテンプクイチさんの女子野球マンガが原作のテレビアニメ「球詠(たまよみ)」が、2020年春に放送されることが8月5日、明らかになった。「MAJOR(メジャー)」シリーズなどの福島利規さんが監督を務め、「フレームアームズ・ガール」などのstudio A-CATが制作する。主人公の武田詠深と幼なじみの山崎珠姫が試合中、マウンドで話し合う姿が描かれたティザービジュアルも公開された。

「きららフォワード」の女子野球マンガ「球詠」がテレビアニメ化

テレビアニメ化される「球詠」(画像はコミックス第1巻)
テレビアニメ化される「球詠」(画像はコミックス第1巻)

 「まんがタイムきららフォワード」(芳文社)で連載中のマウンテンプクイチさんの女子野球マンガ「球詠(たまよみ)」がテレビアニメ化されることが6月24日、明らかになった。24日発売の同誌8月号で発表された。

 「球詠」は2016年から同誌で連載中のマンガ。捕手が捕れないため、投げることができなかった球への後悔を抱えたまま、野球部が停部中の新越谷高校に進学した武田詠深(よみ)が、詠深の球を受け止めることができる山崎珠姫(たまき)とバッテリーを組み、全国大会を目指す……というストーリー。コミックスが第5巻まで発売されている。