神之塔 -Tower of God- あらすじ

神之塔 -Tower of God-あらすじ

 アニメ「神之塔 -Tower of God-」は、韓国の人気ウェブマンガ「神之塔」をテレビアニメ化。同作は、SIU(シウ)さんのマンガで、2010年から韓国のNAVER WEBTOONで連載を開始。28カ国語に翻訳されるなど人気を集めている。星空を追い求める少女・ラヘル、一度も太陽を見たことがなかった少年・夜が、「塔の頂上に登れば、財産も権力も、何でもほしいものが与えられる」という神之塔に飛び込む……というストーリー。

アニメ「神之塔 -Tower of God-」のあらすじ

<アニメ紹介>「神之塔 -Tower of God-」 人気ウェブマンガがテレビアニメ化 少年が塔の頂点目指す

「神之塔 -Tower of God-」のビジュアル(C)SIU(C)Tower of God Animation Partners
「神之塔 -Tower of God-」のビジュアル(C)SIU(C)Tower of God Animation Partners

 韓国の人気ウェブマンガが原作のテレビアニメ「神之塔 -Tower of God-」が4月1日からTOKYO MX、BS11ほかで放送される。原作は、SIU(シウ)さんのマンガで、2010年に韓国のNAVER WEBTOONで連載を開始。28カ国語に翻訳されるなど人気を集めている。

 少年・夜は、少女・ラヘルを探すために「塔の頂上に登れば、財産も権力も、何でもほしいものが与えられる」という神之塔に飛び込む。夜は、仲間やライバルと出会い、階層ごとにある試練をクリアしながら、塔の頂点を目指す。

 「やがて君になる」などの市川太一さんが夜、「映画 聲の形」などの早見沙織さんがラヘルをそれぞれ演じるほか、声優として岡本信彦さん、三宅健太さん、本多真梨子さん、興津和幸さんらが出演する。「ルパン三世」などのテレコム・アニメーションフィルムが制作する。