半妖の夜叉姫 あらすじ

半妖の夜叉姫あらすじ

 アニメ「半妖の夜叉姫」は、高橋留美子さんの人気マンガ「犬夜叉」の続編となるテレビアニメ。2020年秋に放送。殺生丸と犬夜叉の娘たちをメインキャラクターとした新しい物語で、「犬夜叉」と同じくサンライズが制作する。「犬夜叉 完結編」の副監督だった佐藤照雄さんが監督を務め、隅沢克之さんがシリーズ構成、高橋さんがメインキャラクターデザイン、菱沼義仁さんがアニメのキャラクターデザイン、和田薫さんが音楽を担当するなど「犬夜叉」のスタッフが再集結する。

 双子の少女のとわ、せつなは幼い頃、森の火事に巻き込まれ、離ればなれになる。とわは、時代樹の時空を越えるトンネルをくぐり抜け、戦国時代から現代にタイムスリップ。かごめゆかりの日暮家の娘として育てられ、武道にたけた女子中学生に成長する。一方、戦国時代に残された妹・せつなは、妖怪退治屋のお頭となった琥珀の下で妖怪退治をなりわいにしていた。もろはは、かごめと犬夜叉の娘で、賞金稼ぎとして「化け殺しのもろは」の異名を取り、妖怪退治に明け暮れていた。とわ、せつなが別れ別れになってから、10年、時代樹の時空を越えるトンネルが再び開かれ、とわはせつなと再会するが、せつな、とわのことを忘れてしまっていた。せつなと共に、現代にやってきたもろはも加わり“半妖の夜叉姫”が現代、戦国時代を暴れ回ることになる。

 「犬夜叉」は「週刊少年サンデー」(小学館)で1996~2008年に連載。妖怪と人間との間に生まれた半妖・犬夜叉と、戦国時代にタイムスリップした神社に生まれた女子中学生・かごめが冒険を繰り広げる姿が描かれた。テレビアニメ「犬夜叉」が2000年10月~2004年9月、「犬夜叉完結編」が2009年10月~2010年4月に放送。劇場版アニメ4作も公開された。

アニメ「半妖の夜叉姫」のあらすじ

<アニメ紹介>「半妖の夜叉姫」 殺生丸、犬夜叉の娘たちが暴れ回る! 「犬夜叉」スタッフ再結集の新たな物語

「半妖の夜叉姫」の一場面(C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020
「半妖の夜叉姫」の一場面(C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

 高橋留美子さんの人気マンガ「犬夜叉」の犬夜叉、殺生丸の娘たちが登場するテレビアニメ「半妖の夜叉姫」が、10月3日から毎週土曜午後5時半に読売テレビ・日本テレビ系で放送される。高橋さんがメインキャラクターデザインを手掛け、「犬夜叉」と同じくサンライズが制作する。「犬夜叉 完結編」の副監督だった佐藤照雄さんが監督を務め、隅沢克之さんがシリーズ構成を担当するなど「犬夜叉」のスタッフが再結集。殺生丸の双子の娘・とわとせつな、かごめと犬夜叉の娘・もろはの3人が、現代、戦国時代と時を超えて縦横無尽に暴れ回る新たな物語となる。

 とわとせつなは、幼い頃、森の火事に巻き込まれて離ればなれになり、とわは、時空を超える時代樹(じだいじゅ)のトンネルをくぐり抜け、現代にタイムスリップする。とわは、かごめゆかりの日暮家の娘として育てられ、武道に長(た)けた女子中学生に成長。一方、戦国時代に残された妹のせつなは、妖怪退治屋のお頭となった琥珀の下で妖怪退治をなりわいにしていた。同じ頃、かごめと犬夜叉の娘、もろはは賞金稼ぎとして「化け殺しのもろは」の異名を取り、妖怪退治に明け暮れていた。

 10年後に再び時代樹のトンネルが開かれ、とわとせつなは再会する。しかし、せつなはなぜかとわのことを忘れてしまっていた。そこにせつなと共に現代へやって来たもろはも加わり、3人の物語が展開していく。

 松本沙羅さんがとわ、小松未可子さんがせつな、田所あずささんがもろはをそれぞれ演じる。木村良平さんが琥珀役、浦尾岳大さんが弥勒と珊瑚の息子の翡翠役、ファイルーズあいさんが小だぬき妖怪の竹千代役として出演する。

第2話「三匹の姫」のあらすじ 殺生丸、犬夜叉の娘たちが出会う かごめの弟も

「半妖の夜叉姫」の第2話「三匹の姫」の一場面(C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020
「半妖の夜叉姫」の第2話「三匹の姫」の一場面(C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

 高橋留美子さんの人気マンガ「犬夜叉」の殺生丸、犬夜叉の娘たちが登場するテレビアニメ「半妖の夜叉姫」(土曜午後5時半、読売テレビ・日本テレビ系)の第2話「三匹の姫」が、10月10日に放送される。

 双子の少女のとわとせつなは、幼い頃、森の火事に巻き込まれ、離ればなれになった。とわは、時代樹の時空を越えるトンネルをくぐり抜け、戦国時代から現代にタイムスリップ。かごめのゆかりの日暮家でかごめの弟・草太の娘として育てられ、武道にたけた女子中学生に成長した。

 一方、戦国時代に残された妹のせつなは、妖怪退治屋のお頭となった琥珀の下で妖怪退治をなりわいにしていた。10年後、せつなが賞金稼ぎの少女もろはと共に現代に現れる。

第3話「夢の胡蝶」 妖怪にとりつかれるとわ せつなは幼児期の記憶を失い…

「半妖の夜叉姫」の第3話「夢の胡蝶」の一場面(C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020
「半妖の夜叉姫」の第3話「夢の胡蝶」の一場面(C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

 高橋留美子さんの人気マンガ「犬夜叉」の殺生丸、犬夜叉の娘たちが登場するテレビアニメ「半妖の夜叉姫」(土曜午後5時半、読売テレビ・日本テレビ系)の第3話「夢の胡蝶」が、10月17日に放送される。

 虹色真珠2個を取り込んだ妖怪・三つ目上臈(じょうろう)に対し、とわの刀・菊十文字はあっけなく折れてしまう。しかし、せつなのピンチに妖力を発動させたとわは、妖気の刀を自分で造り出して立ち向かう。

 せつなの協力もあって三つ目上臈は退治できたが、とわは妖怪・飛頭根に取りつかれてしまう。そんなとわをせつなは姉と認めない。とわとせつなが戦う中、飛頭根はとわの妹の芽衣に乗り換える。一方、もろはは、せつなに幼い頃の記憶が無いのは夢の胡蝶に夢を食われたせいだと見抜く。

第4話「過去への扉」のあらすじ 桔梗が3人の娘の前に… とわは戦国時代へ

「半妖の夜叉姫」の第4話「過去への扉」の一場面(C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020
「半妖の夜叉姫」の第4話「過去への扉」の一場面(C)高橋留美子/小学館・読売テレビ・サンライズ 2020

 高橋留美子さんの人気マンガ「犬夜叉」の殺生丸、犬夜叉の娘たちが登場するテレビアニメ「半妖の夜叉姫」(土曜午後5時半、読売テレビ・日本テレビ系)第4話「過去への扉」が、10月24日に放送される。

 とわの妹・せつなは、夢の胡蝶に眠りを奪われ、幼い頃の記憶も失っていた。それを取り戻すには夢の胡蝶を捕まえるしかない。とわは戦国時代へ戻る決意をする。草太はそんなとわを快く送り出す。芽衣はとわ、せつな、もろはに「みんなで帰ってきて」と訴え、とわは必ず帰ってくると約束する。

 もろはは時代樹の力を取り込んだ根の首をだまし、戦国時代への通路を開かせる。その通路でご神木の核にたどり着いた3人は、時代樹の精霊と対峙(たいじ)。精霊はいにしえのみこ・桔梗(ききょう)の姿を借りていた。

半妖の夜叉姫読売テレビ・日本テレビ系
2020年10月3日スタート 土曜夕方放送