進撃の巨人 The Final Season ニュース

制作のMAPPA「身の引き締まる思い」

「『進撃の巨人』The Final Season」のビジュアル(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会
「『進撃の巨人』The Final Season」のビジュアル(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会

 諫山創さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「進撃の巨人」の「The Final Season(ファイナルシーズン)」を「ユーリ!!! on ICE」「ゾンビランドサガ」などのMAPPAが制作することが5月29日、分かった。同作はこれまでWIT STUDIOが制作してきたが、「The Final Season」は新スタッフが制作。「ドロヘドロ」などの林祐一郎さんが監督を務める。MAPPAの大塚学代表取締役は「この作品を偉大なスタジオ、偉大なクリエーターの方々から引き継ぐということ、それがFINALと名が付くシリーズであるということに、スタジオ一同、身の引き締まる思いです。進撃、最後の戦いを存分に作り、楽しみたいと思います」とコメントを寄せた。

 WIT STUDIOの和田丈嗣代表取締役社長は「準備期間が長かったので、まずはここまでたどりつけたことがとてもうれしいです。最高の原作を、僕らが作った土台の上で最高のチームがアニメ化するThe Final Season。期待しかありません。皆様、ぜひ楽しみにお待ちください!!」と話している。

諫山創「WIT STUDIOさん ありがとうございました!!」 MAPPA制作に

「進撃の巨人」の作者・諫山創さんが描いたイラスト(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会
「進撃の巨人」の作者・諫山創さんが描いたイラスト(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会

 諫山創さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「進撃の巨人」の「The Final Season(ファイナルシーズン)」を「ユーリ!!! on ICE」「ゾンビランドサガ」などのMAPPAが制作することが5月29日、分かった。同作はこれまでWIT STUDIOが制作してきたが、「The Final Season」は新スタッフが制作。「ドロヘドロ」などの林祐一郎さんが監督を務める。原作者の諫山さんが「The Final Season」に向けて描いたイラストも公開。主人公のエレン・イェーガーらメインキャラクターが描かれ、「WIT STUDIOさん ありがとうございました!!」というメッセージが添えられている。

 諫山さんは「『進撃の巨人』を最後までアニメ化していただけることになりました。ここまで支えていただいた読者の方々に感謝を申し上げたいです。連載が10年を超え、随分長いこと付き合わせてしまいましたが、荒木(哲郎)監督をはじめWIT STUDIOや作画兵団の皆さんには死ぬほどうれしいたくさんの思い出をありがとうございました! 林監督をはじめMAPPAの皆さんとアニメ『進撃の巨人』を引き継ぎ、また素晴らしい思い出を作っていきたいと思います!」とコメント。

 シーズン1の監督、シーズン2、3の総監督を務めた荒木哲郎さんは「僕たちの大切なアニメ『進撃の巨人』が、MAPPAさん、そして林祐一郎監督という素晴らしい布陣に引き継いでいただけることになりました。お互いの情報交換や打ち合わせも、随分前から行っていました。充実した仕上がりになることは間違いありません! エレンたちの旅の続きを、自分たちも本当に楽しみにしています!」と話している。

 林監督は「今回のファイナルシーズンより私が監督を担当することになりました。途中からの参戦、しかもこれほど大きな原作なのでハラハラドキドキです。witさんや荒木監督に全面協力していただき、ここまで準備を進めてまいりました。これまでのシリーズのクオリティー、そして何よりそこに込められたスタッフの熱量。それらを可能な限り引き継ぎ、ベストを尽くしていきます! 最後の進撃の巨人を楽しみにしていてください!!」とコメントを寄せている。

「進撃の巨人」テレビアニメ「The Final Season」はMAPPA制作 新スタッフで制作

「『進撃の巨人』The Final Season」のビジュアル(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会
「『進撃の巨人』The Final Season」のビジュアル(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会

 諫山創さんの人気マンガが原作のテレビアニメ「進撃の巨人」の「The Final Season(ファイナルシーズン)」を「ユーリ!!! on ICE」「ゾンビランドサガ」などのMAPPAが制作することが5月29日、分かった。同作はこれまでWIT STUDIOが制作してきたが、「The Final Season」は新スタッフが制作。「ドロヘドロ」などの林祐一郎さんが監督を務める。テレビアニメのシーズン1~3の全59話を再編集した劇場版アニメ「『進撃の巨人』~クロニクル~」が7月17日から期間限定で上映されることも発表された。

 「進撃の巨人」は、圧倒的な力を持つ巨人たちを相手に人類が絶望的な戦いを挑む姿を描いたマンガ。諫山さんのデビュー作で、2009年9月に月刊マンガ誌「別冊少年マガジン」(講談社)で連載がスタートした。

 テレビアニメのシーズン1が2013年4~9月、シーズン2が2017年4~6月、シーズン3のパート1が2018年7~10月に放送。シーズン3のパート2が2019年4~6月に放送された。「The Final Season」はNHK総合で放送。

 ◇原作者の諫山創さんのコメント

 「進撃の巨人」を最後までアニメ化していただけることになりました。ここまで支えていただいた読者の方々に感謝を申し上げたいです。連載が10年を超え、随分長いこと付き合わせてしまいましたが、荒木監督をはじめWIT STUDIOや作画兵団の皆さんには死ぬほどうれしいたくさんの思い出をありがとうございました! 林監督をはじめMAPPAの皆さんとアニメ「進撃の巨人」を引き継ぎ、また素晴らしい思い出を作っていきたいと思います!

 ◇林祐一郎監督のコメント

 今回のファイナルシーズンより私が監督を担当することになりました。途中からの参戦、しかもこれほど大きな原作なのでハラハラドキドキです。witさんや荒木監督に全面協力していただき、ここまで準備を進めてまいりました。これまでのシリーズのクオリティー、そして何よりそこに込められたスタッフの熱量。それらを可能な限り引き継ぎ、ベストを尽くしていきます! 最後の進撃の巨人を楽しみにしていてください!!

 ◇荒木哲郎監督(シーズン1 監督/シーズン2~3 総監督)のコメント

 僕たちの大切なアニメ「進撃の巨人」が、MAPPAさん、そして林祐一郎監督という素晴らしい布陣に引き継いでいただけることになりました。お互いの情報交換や打ち合わせも、ずいぶん前からおこなっていました。充実した仕上がりになることは間違いありません! エレンたちの旅の続きを、自分たちも本当に楽しみにしています!

 ◇MAPPAの大塚学代表取締役のコメント

 たくさんのファンの方々に愛される「進撃の巨人」。この作品を偉大なスタジオ、偉大なクリエーターの方々から引き継ぐということ、それがFINALと名が付くシリーズであるということに、スタジオ一同、身の引き締まる思いです。進撃、最後の戦いを存分に作り、楽しみたいと思います。

 ◇WIT STUDIOの和田丈嗣代表取締役社長のコメント

「進撃の巨人」のThe Final Seasonが、ついに発表されました!! 準備期間が長かったので、まずはここまでたどりつけたことがとてもうれしいです。最高の原作を、僕らが作った土台の上で最高のチームがアニメ化するThe Final Season。期待しかありません。皆様、ぜひ楽しみにお待ちください!!

 ◇スタッフ(敬称略)

 監督:林祐一郎▽シリーズ構成:瀬古浩司▽キャラクターデザイン:岸友洋▽総作画監督:新沼大祐▽演出チーフ:宍戸淳▽エフェクト作画監督:酒井智史、古俣太一▽色彩設計:末永絢子▽美術監督:小倉一男▽画面設計:淡輪雄介▽3DCG監督:上薗隆浩▽撮影監督:浅川茂輝▽編集:吉武将人▽音響監督:三間雅文▽音楽:澤野弘之/KOHTA YAMAMOTO▽音響効果:山谷尚人(サウンドボックス)▽音響制作:テクノサウンド▽アニメーションプロデューサー:松永理人▽制作:MAPPA

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会
(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会
(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会
(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会
(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会
(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」The Final Season製作委員会