月が導く異世界道中 あらすじ

月が導く異世界道中あらすじ

 アニメ「月が導く異世界道中」は、小説投稿サイト「小説家になろう」から生まれたライトノベル「月が導く異世界道中」をテレビアニメ化。花江夏樹さんが異世界に召喚される平凡な高校2年生の深澄真、佐倉綾音さんが異世界で最初に契約を交わした従者の巴、鬼頭明里さんが2番目に契約を交わした従者の澪をそれぞれ演じる。「FAIRY TAIL」などの石平信司さんが監督を務め、「魔女の旅々」などのC2Cが制作する。

 「月が導く異世界道中」は、平凡な高校生だった深澄真が勇者として異世界へ召喚されるが、女神に「顔が不細工」とののしられ、勇者の称号を剥奪され、最果ての荒野に飛ばされてしまう……というストーリー。真は、魔術や戦闘においては常識外な力を発揮することになる。ライトノベルがアルファポリスから刊行されており、シリーズ累計発行部数は140万部以上。放送はTOKYO MX、MBS、BS日テレほか。

アニメ「月が導く異世界道中」のあらすじ