白い砂のアクアトープ あらすじ

白い砂のアクアトープあらすじ

 アニメ「白い砂のアクアトープ」は、「true tears」「SHIROBAKO」などのアニメ制作会社「P.A.WORKS」が手がけるオリジナルアニメ。篠原俊哉さんが監督を務め、柿原優子さんがシリーズ構成を担当。沖縄の小さな水族館を舞台としたガール・ミーツ・ガールの青春群像劇になるという。伊藤美来さんが主人公・海咲野くくる、逢田梨香子さんが元アイドル・宮沢風花をそれぞれ演じる。

 「白い砂のアクアトープ」は、沖縄県南城市にある閉館寸前の小さな水族館で、館長代理を務める海咲野くくる、東京で夢を諦め行き場を失っていた少女・宮沢風花が出会い、二人の少女の絆や葛藤、成長が描かれる。

アニメ「白い砂のアクアトープ」のあらすじ